ガトーショコラ

未だにブログ上ではクリスマスをしています。
早く次のネタに行かなくては・・・と思いつつご報告で~す。

ガトーショコラ

(実はお正月に作りました。)

クリスマスケーキを作らなかった私、作らないどころか買いもしませんでした。
ホント、我が家にクリスマスパーティは存在しなかったんです。でも生クリームがあったし、作るつもりでいたガトーショコラを冬休み中に作ることにしました。

これ、今回はクリスマス用ですけど、バレンタインにも良いと思いますよ~!
実は私はガトーショコラにちょっとした思い入れがあったのです。

リピーターさんはご存じの方もいらっしゃるかと思いますが、私が幼少時代通っていたのは自由学園幼児生活団
ここはキリスト教系の幼稚園(正確には幼稚園ではないのですが。今は幼稚園になっています。詳しくは関連記事をご覧下さいね。)だったので、生活団でもクリスマスパーティがありました。

クリスマスパーティは確か、ひとり一芸したような記憶があります。
素晴らしいクリスマスプレゼントも頂いた記憶が・・・。
生活団のクリスマスプレゼントについては以前記事にしています。>>こちら

それからお食事も頂いたかも知れませんが、記憶に残っているのはケーキ。
このケーキがガトーショコラで、粉砂糖でクリスマスモチーフを作っていました。
当時、どうしてこんなシンプルなケーキなんだろう・・・。と子ども心に思いましたけど、今ではそのシンプルさが懐かしい。

このガトーショコラというケーキ、他のレシピでも何度も作ったことがあり、バレンタインデーの時には何度か焼いてきました。今回ははんど&はあとのレシピで作ってみました。

はんど&はあとで紹介されていたとおり、ツリーを粉砂糖でかたどってみましたが、自由学園では茶と白のコントラストが逆だったと思います。

スポンジケーキは失敗しそうで、全くチャレンジしない私ですが、このケーキはチョコレートの分量が多く、たくさん膨らませるタイプのケーキではないので、安心してチャレンジしていました。失敗知らずです。
私が普段、ご紹介するレシピとは違って少々手がかかりますが、躍起になって作る必要がなく、失敗することはまずないと思いますので、良かったらチャレンジしてみて下さいね。

ガトーショコラ(直径18センチの丸型1台分)
材料
卵3個
砂糖 90g
塩 小さじ1/4
製菓用スイートチョコレート(板チョコ可) 100g
バター(有塩、無塩どちらでも可) 60g
ラム酒 小さじ2
生クリーム 大さじ4
薄力粉 30g
ココア 40g
アーモンドスライス(私は使わず) 適量
粉糖 仕上げ用に適量

下準備

  • チョコレートは細かく刻む。
  • バターは室温に戻す。
  • 卵は卵白と卵黄にわける。
  • 薄力粉はココアと合わせてふるう。
  • 型に分量外の室温で柔らかくしたバターをたっぷり塗る。底にはオーブンペーパーを敷き、側面の高さ8割くらいまでアーモンドスライスを貼る。
  • デコレーション用の型紙を作る。(私の場合はもみの木の形でした。)

作り方

  1. 刻んだチョコレートをボウルにいれ、湯煎に掛けて溶かす。溶けたところでバターを加えてゴムべらでよく混ぜる。(チョコレートを焦がさないようにね~。)
  2. 別のボウルに卵黄と、半量の砂糖と塩を入れて、泡立て器でとろ~っ、とするまでよくすり混ぜる。-1,を加えて、ラム酒、生クリーム、ふるった粉類をその都度混ぜながら加えていく。
  3. オーブンを170℃で余熱
  4. 別のボウルに卵白を入れ、残りの砂糖を少しずつ加えながら、泡立て器でツノが立つまでよく混ぜる。
  5. -2に-4を2~3回に分けて加え、切るように混ぜていく。卵白の泡はできるだけ潰さないように。でも卵白と生地が混ざっていないとダメですよ~。
  6. 型に-5を流し入れ、170℃のオーブン30~40分焼く
  7. 焼き上がったら型から外さずそのまま金網にのせて、あら熱がとれたら型から外す
  8. 表面にデコレーション用のモチーフを切り抜いた型紙を置き、上から茶こしにを使って粉糖をふるい、静かに型紙を外す。

コメント

  1. cage より:

    あおいさん、こんにちは。
    ありました!で、早速借りて観ました。って、
    【クリムト】です。その感じた事を記事にして
    ブログに揚げました。ま、詳しくはリンク先の
    こちらで見ていただくことに。あ、梅毒も出て
    きましたが、それが原因で死んだ訳じゃなかっ
    たのですね。(スペイン風邪)
    ハワイ行った時、Xmas treeはお正月でも飾っ
    てありました。1月末まで飾るらしいです。
    だから、まだ期間内ですよw。イチゴ山盛り
    のケーキが大人気だったようですが、宗教的に
    は、これがシンプルで質素(キリスト様好み)
    でいいですね。あ、そうそう、昨日、スーパーM
    で本物の七草(パック入りset)を売っていたの
    には驚きました。

  2. yottyan より:

    あおいさんやっぱりクリスマスはチョコケーキですよね。
    私は子供のころからチョコが大好き。
    でも我が家はあまり好きではなさそうで
    チョコケーキを買ってくると食べないのです。
    だから街へ出るとチョコケーキが食べたくなります。
    いつも仕事の休憩時間や家に帰ってきたとき
    一粒のチョコレートで元気が出ます。
    お正月でもぜんぜんOKですね。
    おいしそうです。粉糖のモミの木は
    いいですね。おいしそう。
    我喜欢吃巧克力。(ウォーシーファンチーチョコリー)
    私はチョコレートが好きです。

  3. あおい より:

    ★cageさん
    何処まで深読みしたら良いのか分からない作品でしょう?絵を眺めるとき、最初は見た目の印象だけできれいだとか、好みだとか考えるのですが、その前に立っているうちに、この絵のこの部分はこういうことを意味しているのではないか、とか画家の心象風景を探りに出掛ける自分を見つけます。
    この映画は中途半端な気持ちで観だしてしまったから、映画の中に迷子になってしまいました。最後なんとか迷路から脱出したものの、今一つ何をみてきたかわからない・・・。もう一度みてみようとおもいます。映画の中でもいろんな小物がcageさんが感じられたように、何かを示しているかもしれませんね。そこは監督がどこまでイメージされて作っていたかによるところですけど・・・。
    ケーキですけど、シンプルな感じが今年の私の気分に合っていましたー。七草粥(1月9日の記事にアップしました。)は我が家でも作りましたよ~。行事好きな我が家って事になっていますが、これも伝統行事。子ども達に伝えていきたいんです。

  4. あおい より:

    ★yottyanさん
    私も年末年始、チョコレート菓子を食べ過ぎて、吹き出物ができてしまいました。(あまり吹き出物が出ない体質です。)チョコレート、特別好きだと自覚していなかったのですが、ほろ苦い感じが堪らないらしく。。。ちなみにビターチョコレートが好きです。
    すっごい甘いと「まずい。太る!」と思うのですが、この苦みが脳内をオッケーにしてしまうらしいです。
    フルーツ一杯のケーキも好きなのですが、チョコレートケーキの繊細な味も大好きです。そしてこの色の感じが大人っぽくて好きなんですー。
    yottyanさん、オススメのチョコレートケーキがありましたらぜひ教えて下さい。
    粉糖のもみの木、デコレーションするのは楽しかったです。また何かの機会にこのケーキを作ろうと思います。我喜欢吃巧克力でチョコレートが好きです、になるんですね。
    yottyanさん、本当によく勉強されていてすごいです。私は英語くらいできたらなーと毎年挑戦するのに挫折しています。今年なんて目標にも立てませんでした。これではダメですね・・・。

  5. Yoshiko より:

    苦みが脳内をオッケーにするって気持ち、すごくわかります〜。
    ここ数年ケーキを焼いていないのですが、来年のクリスマスはこれに挑戦してみようかな。生クリームがないのがシンプルでいいですね。
    一時、シフォンばかり焼いていた時期がありました。チョコシフォンに粉糖のチビもみの木たくさんもいいかも?

  6. あおい より:

    ★Yoshikoさん
    シフォンケーキって難しそうで、型はあるのに挑戦したことが無いんです!!私こそ、挑戦してみようかな。
    こちらのケーキは簡単です。メレンゲを滅茶苦茶に潰さなければ、焦らずとも作れるので良かったら挑戦してみて下さい~。
    私も去年までは買ってきたロールケーキにデコレーションをしていました。チョコシフォン・・・、美味しそう・・・。バレンタインに挑戦してみようかな・・・・。
    というわけで、チョコレートだと甘い物を食べたような食べていないような気がして油断します。