カテゴリー増えました。

いつもブログを訪問してくださっている皆様、ありがとうございます。

ちょこちょことトップページをいじっていますが、今回カテゴリーの幼稚園のところに「自由学園生活団(あおいの出身園)」が増えました。

??
と思われた方もいらっしゃるかと思いますので、カンタンにご説明を・・・。

情操教育に興味のあった母は、私を自由学園幼児生活団に入団させました。
今でいう、幼稚園と言う感じでしょうか。

しかし少し違います。
入園ではなくて入団といいましたし、月~金曜日通ったわけでもありません。
ですが、ここでの教育を受けたことが私に大きな影響を与え続けたと思っており、自分が幼稚園の仕事を選ぶきっかけになったと思っています。

特殊な教育活動でした。

自由学園は羽仁吉一、もと子先生がキリスト教の精神に基づき、真の教育を目指し、創設されました。

この本をご存知の方も多いかと思います。
紀子さまが皇室に嫁ぐ時にお母様から持たされた本として、有名になった本です。
そしてそれ以前から、未だに売れ続けている本です。
文体は古めかしいのですが、子育ての核心は昔も今も変わりなく、心がけ次第で子育てが変わっていくと思います。

実際、紀子様、黒田清子さんは幼児生活団の通信教育をされていたそうですし、羽仁もと子先生の思想に共感されていたのでしょう。

私のプロフィールを読んでくださり、ぜひ、幼児生活団の記事も取り上げて欲しいというリクエストのメールを頂きましたことから、今後時々、こちらで生活団のことを取り上げてみたいと思います。

残念ながら私が自由学園に在籍したのは僅かな期間でしたが、幼い当時のことを振り返ってご紹介し、今の私なりの解釈をお話できたら良いなと思っています。

解釈などできるかどうかも、怪しいのですが。

自由学園幼児生活団は2007年の今年から週5日制の東京都の認可幼稚園になりました。どんな風に変わったのか興味もあり、OGとしては心配だったりもします。

興味をもたれた方は↓をどうぞ!
自由学園幼児生活団
http://www.jiyu.ac.jp/sei/

通信教育や全国に友の会もあります。

自由学園の出身者にしてはミーハーな私ですけど、ね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする

コメント

  1. sato より:

    はじめまして。自由学園の卒業生です(うふ。)
    現在年少の娘を近隣の幼稚園に通わせておりますが、幼児生活団への未練が断ち切れず、編入について検討しています。
    そんなおり、偶然ヒットして記事を拝見いたしました。
    生活団。よかったですよねー。
    次にお邪魔するのはいつになるか分かりませんが、ブログ楽しんで続けてくださいね♪

  2. あおい より:

    ★satoさん
    こんにちは!初コメントありがとうございます!私は引っ越しの為に途中退園してしまったので、生活団のお友達とも縁が切れてしまっています。ですので、卒業生の方からコメントを頂くなんて本当に嬉しいです。
    私も通えるなら、生活団に子どもたちを入れたかったです。生活団での体験はその後も今もずっと影響を受けていて、孫でもイイから(←何十年か先になると思いますが。)幼児生活団に入れたいと思っています。
    とにかく、いろんな素材をたくさん、使わせて貰ったし。その道のスペシャリストから指導を受けられたし、心と手間を掛けた教材やお母さん達が作った給食・・・。
    手づくりのシール、クリスマス・・・何もかもがキラキラと今も心に光っています。家庭で実践できるレベルではないんですよね。
    おじょうさま、編入できるといいですね。きっとsatoさんももう一度、楽しい体験を再現されるのではないかと思います。
    もしやり直せるなら、退園せず卒業までずっと過ごしたかったです。卒業できた方達が羨ましいです~。
    よかったら、また幼児生活団の話、聞かせて下さい~♪私もたくさん、体験できなかったことがあって心残りなんです。
    ありがとうございました!!