ドイツのクリスマス菓子 シュトーレン(Stollen)

27日以降、時間が出来たはずの私でしたが、いろいろと家事があったりここしばらくの疲れが出てきて、この2、3日とにかく眠い、だるい、に悩まされ身動きがとれませんでした。

やっぱり、あんまり無理が出来ないようになっているらしい・・・。
私、あんまりやらなきゃいけないことを、後回しにできない性質なのです。あんまり要領の良い方ではないですし、早く作業できる方でもないので、前倒し前倒し・・という感じで家事をしていきます。
そういえば、夏休みの宿題とかも夏休みに入ってすぐに片付けるタイプでしたー。

でも家事っていくらでも仕事がでてきますよね。
掃除なんてキリがない。

でもなんでも作業が早い夫から言わせると、私はできない妻らしい。ママとしてはまぁまぁの評価を貰っています。(まぁ、幼児教育専門だしね~。)この根をつめる性格をどうにかしないと、定期的にダウンしそう・・・。来年はこのあたりを改善したいです。

コメントやメールでの問い合わせですが、そんなわけで急いで返信をする必要があると判断させて頂いた場合にはすぐ返信させて頂く様努力していますが、現在、自分のブログの記事を管理するのでかなりいっぱいいっぱいになっていて、なかなか訪問コメントまで余力が残りません。相互リンク先の皆様については出来る限り、元気のあるときにはコメントを残したいと思うのですが、殆ど読み逃げ、すみません!!!
相互リンクについては個人のサイト様についてはこれまでどおり歓迎です!ネットショップ、会社関係、アフェリエイトのみのサイト様についてはお断りさせて頂いています。

そんなわけで大変失礼をしていますが申し訳ありません。今後しばらく、余力のあるときに訪問させて頂くとスタイルでお許し願いたいと思います。勝手ですみません。

さて、ドイツのクリスマスのお菓子、シュトレンに挑戦しました。
今年クリスマスパーティが出来なかった我が家。
クリスマスシーズンに忙しすぎました。

そこで遅れましたが、このクリスマス菓子でちょっとクリスマス気分を楽しみました。
ラム酒に漬けたドライフルーツが贅沢なおいしいお菓子で、パンとパウンドケーキの間のような味です。
ドイツではクリスマスのケーキというと、このシュトレンのことを指すのだそうです。
いわゆるクリームののったケーキのようなたっぷりの甘さではないけれど、素朴な感じがハートを掴みました。

お手軽シュトレーン

本当はすっごく時間をかけて作るものなのだそうですが、今回私が作りましたのは、ベネッセの「はんど&はあと」に出ていましたレシピ。すっごく簡単にできるのです。
「はんど&はあと」は手芸の月刊誌と思われている方も多いと思いますが、実はちょっとしたお菓子やお料理のレシピが結構使えるんです。
お菓子作りの微妙なさじ加減が苦手な人にもたぶん、作れると思う・・・。

お年始のご挨拶のお土産にも使えるのではないか・・と思っているのです。
予め一晩、ドライフルーツをラム酒に漬けて置く必要があるので、ここだけ前もって忘れずに用意しておけば、短時間で作れます。

それからドライフルーツやスライスアーモンドを使うので、少々コストが掛かっています。
贅沢な感じです。

ではレシピ。

簡単シュトレン
材料(直径20cmの半月形1個分)
A.強力粉 200g
  ベーキングパウダー 小さじ1
  バター(有塩、無塩どちらでも可) 80g
  砂糖 大さじ3
  シナモンパウダー 適量
  牛乳 大さじ3
  レモン汁 大さじ1

B.アーモンドスライス 30g
  ドライフルーツ(レーズン、クランベリー、あんず、プルーンなど) 各35g 合計140g
  ラム酒 大さじ1

仕上げ用
溶かしバター(有塩、無塩どちらでも可)
粉糖 適量

作り方

下準備・・ドライフルーツはみじん切りにし、ラム酒と混ぜて一晩おく。(私の場合はスーパーで共立食品さんのものを買ってきて特にみじん切りはせずに使いました。)
生地用のバターは室温に戻す。
天板にオーブンペーパーを敷く。

  1. ボウルにAの材料をいれ、手で練り混ぜる。まとまってきたら、Bの材料を混ぜる。ラム酒も一緒にいれるまんべんなく練り混ぜる。
  2. ひとつにまとめて、ラップに包み冷蔵庫で約30分生地を休ませる
  3. オーブンを170~180℃に予熱する。
  4. 冷蔵庫から取り出した生地のラップを開き、もう1枚ラップを重ねて、生地をはさみ、麺棒で直径20cm弱の円形にのばす。
  5. 上のラップをはがし、生地にまんべんなくフォークで穴を開ける。ラップを持ち上げながら、円形にした生地を二つ折りにして、形を整える。
  6. ラップを外して天板にのせ、170~180℃のオーブンで約30分焼く。
  7. 焼きあがったら、金網に載せて、荒熱をとる。
  8. 表面に溶かしバターを塗り、茶漉しで粉糖をたっぷり振り掛ける。

レモン汁が効いてすっごくおいしい贅沢なお菓子が出来ました~!
これ、来年のクリスマスパーティにぜひ、作りたいと思います。

私のブログではこのように、簡単に作れるお料理&お菓子や、簡単に見栄えよく作れるお料理、お菓子にチャレンジしたら記事にしています。
難しいのとか、手間が掛かる料理は基本的にパスしています・・・。
ぜひ、手土産やおもてなしに困ったら参考にして頂ければ、ブロガー冥利に尽きます。

お料理、お菓子などのレシピは一般的に著作権上、問題ないという判断で記事にさせて頂いてますが、もともとは私が考えたオリジナルではないものですので、もともとの考案者の意向によってはブログ掲載を削除させて頂く可能性があることをご了承願います。

コメント

  1. cage より:

    あおいさん、こんにちは。
    オーヴン、ありますが少なくても3年間は
    使ってません。オレンジさんが来た時に
    コッペパンを作ったのが最後でした。冷蔵庫
    で休ませるのが面白いですね。パンとは別な
    作り方なんですね。このレシピなら簡単に
    出来ちゃいそうな気がしました。

  2. yottyan より:

    すごいです。シュトーレンをご自宅で作ってしまうとは
    すごすぎます。私はシュトーレンを食べるために
    (やはりクリスマス菓子は抑えなければいけないと思い)
    ナチュラルパン工房アミーンズ オーブン
    http://ameensoven.com/
    や、ポンパドウル、他ケーキ屋さんパン屋さんのシュトーレンを買いあさったこともあります。
    今年もたくさんの興味がある記事を
    楽しませていただきました。
    来年もよろしくお願いいたします。
    年の瀬お忙しいでしょうが、もうひと踏ん張り
    気合いで乗りきってください。
    お体をお大事に。
    お正月はのんびりお過ごしくださいませ。

  3. あおい より:

    ★cageさん
    そうですね。パンほどふっくらしないけど、ケーキほど甘くもなくて、本当に間を取った感じです。
    私の紹介するレシピはほとんど、すっごく簡単なものばかり。でも、これおいしかったんです。本格的なものはすごく時間がかかっちゃんですけど、これ、あまりに簡単なので、今度友達に作ろうかと思います。季節外れでもいいかな?
    普通のケーキ類に比べて甘さが控えめです。レモンが利いていてそれがとてもよい感じなんです。

  4. あおい より:

    ★yottyanさん
    レシピをぜひ、見てみてください。すっごく簡単なんです。私もシュトーレンは個人で作るものではないと思っていました。なんちゃって、のレシピですが、想像していたより美味しくってうれしかったですよ。私もシュトーレン、来年は買いあさっているかも。どこが美味しかったか、ないしょで教えてくださいね?
    なんと、PCを急にメンテナンスすることになり、サブ機で返信しています。
    慣れないので、非常に使いにくいです・・・・。本当は今日も記事を書こうかと思っていたのですが、無理でした。
    このところ忙しくてばてていましたが、さすがに今日は大晦日、焦ってお節の用意をしました。
    ご挨拶に行こうと思っていましたが、新年の訪問になりそうです。ありがとうございます。来年はもう少しゆとりをもって、行動したいと思います。この1年もありがとうございました!!