2008年 クリスマスプレゼント

この記事は公開後1年以上経過しています。
現在は状況が異なる可能性がありますのでご注意ください。

サンタさんへ手紙を書いて、欲しいものをおねだりしたアンでしたが、我が家は基本的にクリスマスプレゼントはサンタクロースが決めることになっています。

欲しいものの要望を聞くのはバースデープレゼント。

サンタさんへリクエストの手紙が書かれる以前に既に用意されていたクリスマスプレゼントもやはり届けられたのでした。

ちなみに2007年のクリスマスプレゼントはこちら!
2006年のクリスマスプレゼントはこちら!
2008年のクリスマスプレゼントは、昨日の記事と今日の記事で紹介しています。

積み木のお人形

(はだかんぼ、で失礼します~。)
 

今年も童具館の積木です。(去年は違ったけど。)

アンは積み木でドールハウスを作って遊びたかったようなので、サンタさんはお人形もつけました。

童具館 人形

セットで購入すると高いので、2体になったようです。
工作用自在人形[B23-11-R]【知育玩具・木製玩具・人形】

↑これ、全く同じもののように見えるんですけど・・・。気のせいでしょうか・・・。
それから・・・、
 

WAKU BLOCK30

基尺40ミリのWAKU-BLOCKは既に贈っているので、より複雑な組み合わせで遊べるようにと、30ミリの積木をプレゼントして貰いました。
30ミリ基尺は3種類あるのですが、今年はそのうちの2つをプレゼント。

童具館 WAKU-BLOCK30SB C

 こちらはCセット。

WAKU BLOCK30

  具館 WAKU-BLOCK30SB A

こちらは立方体と直方体のAセット。

この30ミリサイズは卓上で遊ぶにも適しています。
45ミリとも組み合わせて遊ぶとより複雑なデザインが可能です。

ちょっと、私が遊んでみました。

 

積木 乗り物

こちらは乗り物。
一部、45ミリの積み木も使われています。

45ミリになかった、半円柱など、複雑な形の積木も入ってくるので、デザイン的な装飾も楽しめるはず。

 

積木 迷路

こちらはコリントゲームを意識して作った迷路
このケースは30ミリのものを使いましたが、45ミリのケースを使えば、もっと楽しめたかも。

今回は私がちょこっと作ったものをupしましたが、子ども達、どんな作品を作るかとても楽しみです。
積木が大好きな子ども達、すっごく喜んでくれました。

童具館の積木、高いから少しずつでも増やしていけたらな・・、と思います。
これだけ積木が増えると家族で遊べますー!

 

 【10%OFF!】えいごリアン カードゲーム

それから英語教育にはstopがかかったままの我が家ですが、少しシュールな感じのえいごリアンを私が好きなせいか、プレゼントして貰いました。英語教材では定評のあるいずみ書房から出ているものです。
360枚数種類のカードがついて、30種類のゲームが出来るということですがまだ遊んでいません。子ども達、使いたがっているのですが昨日は幼稚園のお友達が遊びに来ていましたし、まだ時間が取れないでいるんです。
ひそかに大人が遊べるんじゃないか、なんて楽しみにしているんですが、またこちらのレポートもしてみたいと思います。

今現在はこの頃のゆうじ、ジャニカ、マイケルの3人ではなくて、メンバーも代わり、えいごリアン3としてスタートしているらしいです。(←すみません。私子育てに入ってからまるっきりテレビと関わりのない生活をしています。)
えいごリアン
http://www.nhk.or.jp/eigorian3/eigorian3/top.html