ある日、私は怒っていた・・

ある日、私(あおい)は怒っていました。
アンに対してです。
アンの口の利き方に対してです。

アンは時々生意気な口を利くようになり、私に向かってもお姉さんぶった口調をするようになってきたのです。
母が厳しいので、滅多にそんな口はきかないのですが・・・、

それでもこの日、「もう、ママ、さっさとしてよ。」とか「ママ、なに、ぼーっとしているの!?」のという二言でぶちっ!!
それが大人に向かって言う言葉か、!!

怒ったあおいはもう、「今夜はひとりで寝なさいっ!!」
怒った私に焦るアン。

「ママ。ごめんなさい。(涙目。)わたしがわるかったです。」

一度へその曲がった・・、というかお散歩にいったおへそはなかなか元に戻らないんだってば。
家の中で一番、怒ったら収まりが付かず後を引くのが私・・・。

その後、背を向けてカキカキしているアンをみました。

リビングのテーブルでノートパソコンに向かっている私のところにテーブルの下を潜ってやってきたアンが手紙を渡しました。

それがコレ。

アンからの手紙

ままへ
ごめんね わるいこして あんより

難攻不落の私でさえ、ほろり、と来ました。
怒ってばかり、やめなきゃって。

この話とは別だけど、ひとり部屋に憧れているアンが、「きょうはひとりでむこうのへやでねる!」と言い出して、倉庫状態(開かずの間とも云う)の部屋をパパに片づけて貰って、そちらで寝たんです。
夜中、絶対起きてくると思っていたけど、結局朝(6:40現在)まで熟睡。

だんだん、親とも寝てくれなくなるのかな。

ひとり部屋、若しくは子ども部屋にすごーく憧れているアンなのでした。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする

コメント

  1. おはようございます♪
    今さっき自分のブログをアップしてあおいさんの所にお邪魔しにきてビックリ! 怒ったという似通った記事だったもので。
    記事はにていても、あんちゃんのような母の怒りも急速に収まるようなお手紙はないのですが。かわいくて本当によい子ですね~かしこいし!
    独り部屋で寝ることができるなんて凄い!我が家は私の両隣を息子たちに抱っこされてぎゅうぎゅうで寝ていますが、きつい!とか言いながらそれがまた幸せなので当分独りで寝て欲しくないかも(笑)親も自分勝手でした・・・(汗)

  2. どら衛門 より:

    我が家でも「ウザイ」「ブチギレ~」なんて!どこで覚えて来たのか、親に向かって言います。その度に怒るのですが、全く聞きません。困ったものです。
    でも、私的に一番イヤな言葉は「パパ臭い」です(泣)。

  3. 相模原のカメラマン より:

    今晩は、お久しぶりですね。私も子供に対して立派なことは言えませんが、お子さんは、多分怒られた意味がわかっていないように感じられます。子供はママを見た感じで話した(言葉つかいは良くないのですが)と思いますが・・・(いつものママと、行動が違うので早くしてよとお願いしたと思います)。お子さんに怒るのでなくママが子供の目線になって何が悪いのかを説明することで納得すると思いますよ。子育てをガンバレ!!

  4. もね より:

    私も今日は、2歳の娘に「ごめんなさいは?」と促されてしまいました。
    たまに、怒る事だってありますよ~。でもあおいさんが怒るのは
    珍しいかな?
    お手紙と、絵で、誤るすべを知っているなんて、素晴らしい。
    仲直りの達人だ。逆に見習いたいです。

  5. ★☆むーみん☆さん より:

    ホントに!お互いに「怒る」テーマでしたね~。
    アンにとっては私は怖い母なんですよ・・・。
    この口の利き方もかなりしかった後、最後は「もうひとりで寝なさい!!」。私は声も大きいしさぞかしいつも怖い思いをしていると思います。
    背を向けてごそごそ何かかいているなー、とは思っていましたが、手紙で謝ってくるなんて本当に驚きました。
    ひとりで寝たのも全く初めてでした。
    案外子どもは成長しているのかも、と思った出来事でした。その後も度々、しかったり怒っていますが、怒り皺ができない程度にしたいと思っています。

  6. ★どら衛門さん より:

    入園する前は意識して私もきれいな言葉を遣うようにしていたので、アンもきれいな言葉を遣っていましたが、だんだん、しかることも増えてきまして、それから入園したらいろいろと覚えてきまして普通のお子様になりました・・・・。
    私がイヤだったのは「キモ~イ!!」って言葉。
    同じクラスの女の子達で合唱のように「キモ~イ!」を連呼。ママ達、目が点でした。
    まぁ、悪い言葉や流行の言葉を覚えるのは仕方がないけど、遣う場所をわきまえて貰えればと思います。
    子どもって一度聞いただけで、親が覚えて欲しくない言葉はキャッチできちゃうんですよね・・・。
    私も夫婦喧嘩で口汚くならないように気を付けます・・・。

  7. ★相模原のカメラマンさん より:

    説明が足りなかったですね。
    実はなぜ、そういう言い方がいけないのかは説明したんです。
    彼女もおねえさんぶって、「ママったらしょうがないわね・・。」という感じで話をしたかったんだと思いますが、「さっさと」「ぼーっと」なんて言葉を大人に向かっていうような子にはなってほしくありませんでした。
    っていうか、誰が相手でも良い言葉ではないですよね。
    まぁ、振り返ってみると「さっさとしないさい!」「ぼーっ、としないで早く支度しなさい!」と普段言っているのは私だったりします。
    ただ、最初に「ママ、さっさとしてよ。」と言った時にはかなり諭した筈だったので、そう時間をおかずに「ママなにぼーっ、としているの。」と言われた時には怒りマークでした。
    ちなみに私はぼーっ、となんてしていませんが、運転するのにエンジンを掛け、カーナビの起動するのを待っていた時のことでした。そのお出掛けはアンをお稽古先へ送っていくためだったんですよ。

  8. ★もねさん より:

    きゃ~、可愛い~!!
    「ごめんなさいは?」なんて言って可愛いと思えるのは2,3歳までかもしれません。
    5歳児に言われると「自分の事を棚に置いて何を言うのっ?」という感じになってしまいます。
    私しょっちゅう怒っています。
    言葉に出さなくても目で怒っている時もあり、最近レオにも目で怒るが伝わるようになってきました。
    在職中は声を荒げるようなことはなく、かなり冷静に対応し、やはり目で伝えることもしてきましたが、自分の子どものことは待てない私がいます。
    でも、私も自分が悪かったことは「ごめんね~。」と謝るようにしています。しかりすぎて謝ったことも多々あります。「言い過ぎちゃったね~。」反省ばかりです。

  9. yottyan より:

    お子様可愛いですね。純粋ですね。
    ほろりときますね。
    感動の日記です。

  10. ★yottyanさん より:

    そうですね。
    まだ素直ですよね。
    これが段々、手が掛からなくなるのと同時に、裏表が出てきたら寂しいだろうなー、と思ってしまいます。
    今のところは優しくて素直な子です。