人魚

先日、お気に入りのファンタジーを紹介したい、と書いていましたが本日はそれで行こうと思います。
まだまだ4歳のアンと1歳半のレオでは「絵」のない本を楽しむなんて考えられないけど、そのうち文字ばかりの本を読むようになるでしょう。

小学生の頃、週に2日ほど放課後、弟とバスで15分くらいの図書館に通っていました。うちの母もよくやるな~、と今になったら思うのですが、当時はたぶん、今より世の中が安全だったんでしょうね。
バス代とおやつ代が渡されていました。
帰り道バスを使わずに、お小遣いにプールしたこともあります。

児童書のコーナーで手当たり次第目に付くものは読んだり、借りたり。
今日はその頃の1冊をご紹介します。

あまりに昔の本なので、もうない本だろうと思っていましたが、復刊ドットコムで復活!! そして先日訪ねた「絵本の店・星の子」でも置いてあるのを発見!!

幼稚園時代の友達にうん十年ぶりに会ったような気持ちです。(って私何歳よ?)

大人も楽しめるファンタジーとはいえ、エンデの作品や星の王子さまのような哲学的な感じもなく、気軽に楽しめると思います。

さてその内容。

作者のルース・マニング=サンダーズさんですが、世界的な民話採取者として有名なイギリスの方です。民話を再話した著作は80作にものぼり、この人魚の本も含んだ世界の民話館シリーズも


があります。

この「人魚の本」はその中でももっとも印象に残った本で、私のお気に入りでした。小学生が読むのに相応しいとは思いますが、挿絵も美しく大人が読んでも良い本です。

この中には 16の人魚のストーリーがあり、様々な人魚が出てきます。
美しい人魚あり、醜い人魚あり、ハッピーエンドあり、ちょっと怖い話あり、男の人魚まで出てきます。

世界中の今まで知らなかった人魚の話の本なのです。

アンデルセンの人魚姫しか知らなかった方にも楽しめる本です。どっぷり「不思議なおとぎの国」を楽しんで下さい。

人魚から貰ったくしで髪をとかすと、真珠がシャワーのようにこぼれて・・・なんて表現があったり、人魚の髪をお月様やお星様の光に喩えたり、もう美しくてぼーっとなって読んだ記憶が甦りました。

アンにはまだ難しいと思うけど、興味をひくようです。
人魚というと真っ先にディズニーのリトルマーメードのアリエルしか思い浮かばないアンだけれど、寝る前に読み聞かせてやりたいし、大きくなったらこの本の世界に遊びに行かせてやりたいです。(ちなみにアンがアリエルに変身した過去記事は・・ハロウィンの仮想衣装できました

これも買いたい本のシリーズです。
従って、私の目標は・・・

(を自分で製作した人の作り方についてのブログ)

というのもひとつあるのですが、バトンのところで夢として語るほどオーバーではないかとも思ってためらいがありました。
地震があったら本が降ってきそうなので、できれば専用図書室を作りたいのですが、住宅事情がそれを許しません。
やっぱりリビングをこうしましょうか~。

後日談・・壁面本棚を作りました。>>記事こちら

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする

コメント

  1. ドラ衛門 より:

    娘はママの真似をして、本を読むようになりました。
    日本語を読むのではなく、雰囲気で言っているだけですが、絵本に興味を持ってくれるっていうのは嬉しくなりますね。
    ところで顔スタンプの方ですが、まだ完成していません。

  2. ★ドラ衛門さん より:

    下の子がいるとなかなか本を読んであげられないですよね。妨害されて・・・。
    小さい頃に読んだ絵本ってこの歳になっても覚えています。ぜひ、たくさん読んであげて下さい~。
    顔スタンプ、アップされるのを楽しみにしていますね!

  3. もね より:

    もねの実家の私の部屋は壁が本棚になってます。本が趣味だった
    父の書斎として壁全面書架にしたかったそうですが、大工さんに止められたんだって。荷重がすごいらしいから。
    壁面はあこがれたけど、ガレージのロフトをそのうち、コミック、バイク雑誌、絵本の部屋にした~い。
    バトン週末にはがんばります。意外とむずかし~ね。

  4. ★もねさん より:

    あ、なるほど・・。
    重さも考えなくちゃいけませんね。
    例えば、幼稚園では屋上をプールにしているところがあるんですね。勿論、季節限定で。
    そういうところは、プールの水の重さに耐えられるように設計しているんです。ビニールプールの大きいのを使っている園がありますけど、みなそう。
    じゃないと天井が落ちてきちゃうってあるそうで。
    そりゃそうですよね。なんtになるやら、ですよね。
    うちの場合は階下の人とコンニチハ。
    これはまずいですね。
    うん・・・。
    家を購入でなくて、図書室用ログハウスを購入というのはどうでしょう・・・。
    ちなみに今のところ、レオがこんなだし、耐地震の問題があり、本棚計画は夢のまた夢です。
    もねさんの絵本部屋計画、いいなぁ・・・。
    バトン、難しいです?
    もねさんに渡したんだから、期待していますよぉ~。