打ちのめされるような本・・虫百科

米原万里さんの本のタイトルのようですが、私にとって久しぶりに打ちのめされるような本に会いました
面白い、楽しいなんてレベルを超えて、一生忘れられないだろう衝撃を持った本
夫に見せたら夜のウチに最後まで読破しちゃったそうです。

マメに図書館にも通い、本については小説などは買わない、ビジュアル本については財布が緩い私ですが、本棚の傍で寝ているので万が一大地震がきた場合が大変不安。

棚は倒れないようにしておりますが、本が降ってきそうなのです・・・・。
お盆の時の地震で本に埋もれて亡くなった方がいらっしゃいましたが、他人事とは思えません・・・。
・・・が、止められない本の購入。本収集・・・・。
そのうち、床が抜けるって事ないよね?

さてこれは図鑑サイズだけれど、厚みは図鑑の半分くらい。だけどその内容のすごさにびっくりしました。
見つけてきたのはレオなので、褒めてあげなくちゃ・・・。

横長タイプの本なので、図鑑とはちょっと違う。
それに図鑑のような分類ではなくて、誰かすごーくセンスのいい人が学校の文化祭でものすごく立派な調査結果を発表しているような構成っていえば、よいかしら?

写真がコラージュのように使われていろんな虫たちや、虫たちの不思議を伝えています。
この本では虫たちの不思議なところや、驚きの世界をたくさん伝えようと他の図鑑でみないようなトピックがいっぱいなんです。

それにたまげた・・・。

大きすぎるアリや蚕、ハエの顔のアップは、虫が得意な私でもひるみます。
いえいえ、もっとひるむような写真が一杯。でも、こんな昆虫たちの姿は知らなかったから、怖いもの見たさで真剣に文字を拾います。

「食べられる虫」
食べられる虫・・・。世界地図をバックに食べられる虫の写真と、どんな風に食べるか、なんて書いてある・・・!でも日本でも蜂の子やイナゴ、食べるしね・・・。(私は食べないけど。)
10㎝ある芋虫を食べる国。タランチュラを食べる国。ハキリアリの腹部。蚕の蛹。ミルワーム・・・・。
コオロギキャンディの写真もひるむわ・・・・。

そして食べられる虫のレシピもいくつか紹介されています。
タイの料理で「ミツバチの幼虫のココナツクリーム和え」とかね・・・。

「蚕と絹の物語」
このページの蚕のアップはイチバンきつかった。
蚕を飼ったことがあったけど、こんな顔だと知っていたなら飼えなかったかも・・・。
絹の歴史に触れています。

「ネズミのお話」
これもかなり強烈です。
ハエの幼虫の話。真夏に死んだ野ねずみに何が起こったか・・・・。

「虫といっしょの仕事」
虫と関わる仕事を紹介しています。

クモ、アリ、シロアリ、ハチ、鳴く虫、擬態する虫・・・・。
読み応えありすぎる本です。

ただ・・・、虫が苦手な人は卒倒しちゃうようなページもあるので注意ですよ。
今までにみたことがないような写真や、切り口での虫についての話。
養老孟司さんが監修と言うことで納得しました。
中学生か高校生くらい時に読んだ、

今だとどう思うのかわからないけど、いきなりファンになってしまうくらい面白かったんですよね。
ちょっと見方が変わっているところが惹かれるのかな~。

生活に刺激が足りない方、ちょっと度肝を抜かれて下さい。
あ、ネタバレしているから、私ほどはびっくりしないかな?

コメント

  1. もね より:

    ふっふっふ・・持ってますよ、私。衝撃的なページをつまみながら
    めくっています。占いになっていたり、双六になっていたり、雑学が面白いですよね!この本。私は虫嫌いなんだけど、あおいさんの言うとおり、怖い物見たさです。
    珍しく衝動買いしました。
    新刊で出たときに、学校の図書館にも入れてあげようと思ったら、出版社から品切れ連絡が来ました。来年度の予算で買うつもりです。でも、毎日修理していそうな予感が。

  2. あおい より:

    ★もねさん
    え~?品切れですか?私は今週の頭に注文できたので、増刷中なのかな?コレすごい本ですよね。表に「日本語監修・養老孟司」と書いてあってすごーく納得してしまった本なのです。非常に何か(それが知的好奇心なのかどうかは?)を刺激される本ですよね。
    学校の図書館にも置く予定だなんて、さすが!!ウチの娘の小学校にもゼヒ置いて貰いたい。我が家用は買っちゃいましたけど。
    記事にありましたが、この本を見つけたレオ。なかなかセンスが良いと思いませんか?
    私は本、かなり衝動買いしています。地震が来たら危ないです。狭い我が家にコレだけあると・・・。とてもweb本棚に書き切れていません・・・。
    大きい家に専用の図書室が欲しい。これは小さい頃黄色いおっちゃんの実家の離れにあった図書室(今はどうなっちゃっているかな?)をみてからずっと思っていました。あの家にはすごーい分厚い「西遊記」もありましたよね?
    そういう専用スペースが欲しいです。
    この家では無理なので、いわゆる普通の小説類は買わずにBOOK OFFなどに売ってしまい、ビジュアル系の本だけ残している感じです。それでも多いですよね・・・。

  3. tete より:

    ついに入手しました!
    あおいさんのブログ記事に触発されて♪
    しかしほんとに蚕のドアップにびっくりしました~
    世の中には見てるように見てないものがまだまだ沢山あるんだなあ。これからも、あおいさんのブログを楽しみにしています(^O^)/

  4. あおい より:

    ★teteさん
    私も購入しましたよ~♪すごい本でしょう?図鑑とは別物で、紙も図鑑ほど丈夫ではないけど、今までの昆虫の本のイメージを覆しますよね!!ブログに遊びにきて下さるもねさんという方は小学校の図書館の司書をされている方なのですが、その方もご自分用に買われたくらいの本です。虫が苦手な人はとても勧められないのですが、いろんな意味で刺激される本ですよね。視覚だけでなく、触覚、嗅覚、聴覚・・・みんな刺激されるような(そんなわけがないのですが。)本です。
    私のブログ、記事の内容に統一感がないし、ひとつのことに秀でているわけではないのですが、お茶をしたついでにおしゃべりしているようなつもりで書いているので、お持ち帰り出来る部分があったら嬉しいです。
    楽しみにしていて下さる方がいると思うと、更新頑張れちゃいます!