アンのいつでもらくがき

先日、アンの4歳のお誕生日にプレゼントした、五味太郎さんのらくがき絵本の最新刊・・・。

アンも時間を見つけては自分でページを選んで、カキカキしています・・・。

あたらしいひとです

こちらは「あたらしいひとです~おともだちをたくさんかいてあげましょう」という課題の作品。始めから左ページの中央の女の子だけ黒線で絵が描いてあります。

まずは最初からいる女の子を塗り塗り・・・。その後、右ページの真っ白な部分にアンが女の子を描きました。黒線の影響でか、珍しく女の子の服装も真っ黒。

左ページの両サイドのお友達?は・・・・。スペースが狭くて描きにくかったのでしょうか・・・。もうちょっと描くように促したのですが、「できあがり。」と言い切り、ここで完了。絵などを描いたら私の場合は隅に日付をメモしています。

たべられるだけいちごをぬりましょう

こちらは「たべられるぶんだけ いちごをぬりましょう」
アンはいちごが大好き。このくらい余裕です。「ぜ~んぶたべる。」と言って塗りきりました。以前はバナナに水色や茶色、いろんな色を塗っていたけど、当たり前の色しか使わなくなりましたね~。

ちょうちょさん

「ちょうちょさんを おしゃれにぬりましょう」
イメージ的に「はらぺこあおむし」のちょうちょでしょうか?

ふうさいんをかきましょう

「ふわふわとんでゆく ふうせんをかきましょう」
予め黒線で家がたくさん描かれています。
アンはまず、風船を描きました。

まちにもいろをぬりました

家並みにも色を塗りました。
絵に色を塗ったり、描き足すことで絵に苦手意識がある子も楽しめます。また、与えられている絵からイメージを膨らませて、自分の絵にして楽しむことも出来るようです。
なんだか、夢中になって描いている姿をみたら、私用にもこういう本が欲しくなりました。

今回使っているクレヨンは普通の市販されている16色クレヨンです。

幼稚園でもクレヨンは12色を使うところや、16色使うところと様々です。年度毎に買い換える園もあれば、クレヨンも持ち上がりのところもあります。
シュタイナー系の幼稚園ではシュトックマー社のクレヨン(過去記事→蜜用クレヨン シュトックマー社)を使うそうですが、ブロックタイプを使うところと、棒状の普通のクレヨンタイプを使うところとあるそうです。

コメント

  1. アリエルママ より:

    アンちゃん上手ですね~~♪
    ほんと、ちょうちょがはらぺこあおむし風ですね!
    こういう自由に描く絵が子供らしくて好きです。
    女の子の絵も、ちゃんと髪の毛が生えてるんですね~~♪
    私は画用紙の全体の裏に書き始めた日にちをかいてたんですけど、1ページずつにかいておく方がいいですね。
    だっていろんなノートや画用紙にかいていくし、
    ページも順番に書いていくわけではないので、
    日にちが前後して、大分前の自由画帳にまたお絵かきしたり
    してるんですよ。
    私も明日からそうします!
    いつでもらくがき、の中身の雰囲気がだいたいわかりました。
    これで雰囲気わかったし、ネットで購入しようかな~
    あれから他の書店に行ったんですけど、
    またまたそこにも置いてなくて、
    中身がみれないから、買ってなかったんですよ~
    私もたまたま今日更新した内容がぬりえネタでした★

  2. もね より:

    面白いね!下絵もあったんだぁ。この前「はらぺこあおむし」のぬりえになってるオリジナル本を買おうか迷ったところ。
    思い出にも記念にもなるからいいね。

  3. ★アリエルママさん より:

    子どもってページを飛ばして使ったりしますよね。ですので、私はページの端っこに日付を入れています。それに絵についての説明とかも余白に書いています。うちの場合、「さかな」とか「アリエル」とか、アンが描いた物がなんだか分かるように。
    「ふーせんに~、」はこの後も色塗りが続いてもっとカラフルになりました。他にもケーキが出てきたり、海が出てきたり、テーマがたくさん。本自体もちょっとした図鑑のような分厚さなので、満足度が大きいです。この1冊が終わったら他のらくがき絵本も買ってみようかと思っています。

  4. ★もねさん より:

    そうなんです。下絵があるのでまだ絵にならない子も、絵に苦手意識がある子でも気軽に「らくがき」気分で取り組めるのです。これ、長い帰省とかの時にも持っていくといいかなぁ、と思っています。
    はらぺこあおむし、兄ミニラくんが塗る予定ですか?もし買ったらぜひ作品をアップ!お願いします。
    春休み目前でばたばたしています~。

  5. Yoshiko より:

    記事を見てずーっと気になっていて、いつか子どもに買ってあげたいなと思っているんですが、アンちゃんに渡すタイミングとして、そろそろかな?と思った理由は何でしたか?
    トムはまだ殴り書きから抜け出せず、塗り絵は横について指示すればなんとかできるものの、自由お絵かきでかたちを描くことはありません。お絵かきについて(も)、いったいどういうアプローチをとればいいのか…頭を抱えています(涙)。
    幼稚園では「まず見立てができなければ」というだけで、画用紙を一色で塗ったりする活動を進めてくださっているようですが。
    初めはぐちゃぐちゃでもいいからと開き直ってこういう本を与えていれば、一冊終わる頃にはもしかして…という期待もありつつ、もしそうじゃなかったらモッタイナイな、と小さいことを考えてしまいます。

  6. あおい より:

    ★Yoshikoさん
    返信遅くなってすみません。
    この頃のアンはコンプレックスの固まりの様でした。3月生まれなのですが、幼稚園には早生まれが殆どいなくてアンは飛び抜けて小さく幼く見えました。気が強いわけではないのですが、負けず嫌いでもあるようです。お友達と見比べて、私は~ができない、~もできない、とこんな事ばかり言っていました。絵についても同様でした。描くことについて自信をなくしているようでした。
    もっと、絵を描くこと楽しんだらいいな、真っ白い紙が目の前にあるのがプレッシャーになるようなら、遊び的な感覚で絵が楽しめたらいいな・・・・と思ってきっかけ作りのつもりでした。
    この本には見開き毎にテーマがあるんです。「~に模様を描こう」とか「~洋服をきせてあげよう」とか。だから簡単な指示をこなす、という楽しみもあるようなのです。ですから指示がわかり、ある程度自分で自由な線を描けるようになってから与えようと思いました。
    トムくんのことでお返事します。
    絵の導入に困っていらっしゃるようですが、まだクレヨンや鉛筆で描くことに興味がないのだったら、私だったらまずは指に絵の具をつけて描くとか、筆で遊ぶとかそんなことから導入するかな。
    トムくんの幼稚園では「絵を描く」ということに集中しているようなんですけど、例えば乗り物が好きだったら、線路(ただの1本線でも)を描いてその上を電車を走らせるとか、絵を描くことを目的としなくてもアプローチはあるんですよね。
    ま画用紙という狭い範囲ではなくて、模造紙の上で描いてみるとか、クレヨンや鉛筆ではなくて、私だったら、それこそ指で描くとか、ボディペインティングとか、芋スタンプとかから導入する。それから絵の具で遊ぶとか・・・。トムくんには遊びの延長で絵の導入ができたら良いと思うのですが・・・。
    トムくんの幼稚園の考えを否定するつもりはないのですが、画用紙をただ塗っているだけでは誰でも楽しくないのでは・・と思ってしまいます。
    一般的に絵を描くのはなぐりがき→線→円→頭足人(丸に手足が生えた人物)というような過程で自由に描けるようになっていくのですが、男の子は人より乗り物を描き出すのが早かったりします。
    なぐりがきから腕や指を自由にコントロールできるようになり、やがて円を描き出し・・、子どもの中でも自分がどう動かせるのか確認しながら紙と向かい合っているように思います。
    例え、なぐりがきであっても、「これは何を描いたの?」と聞いてあげたらよいと思います。そこから絵による「みたて」が始まります。
    もうちょっといろんなアプローチを掛けてからこの本で遊んでみてもいいような気がします。