今年のお芋掘り

この記事は公開後1年以上経過しています。
現在は状況が異なる可能性がありますのでご注意ください。

とれたお芋

今年のお芋掘り遠足で採れたサツマイモ・・・・。
豊作だったそうで、これだけ持ち帰りました。実際はもっと採れたのをワケッコして、園で焼き芋する用などに-するので、これでも減ってしまったのです。

それでもにっこにこ!!

お芋掘り前から、

↑の本(画像のリンク先は超大型本です。)などを家でも読んでいました。
幼稚園でもお芋掘りの導入があったらしく、遠足前には先生お手製のビニール袋の巾着に新聞紙に色画用紙をくるんで出来たサツマイモを入れて持ち帰ってきました。
初めてのお芋掘り。・・お芋掘りがイメージできるように先生方も工夫して下さったのでしょう・・・・。

レオはサツマイモ掘りは初めてだと思うけれど、じゃがいも掘りの経験はあったので、感覚的なものは導入以前から言葉だけでイメージできていたようでした。

先生にもいろんなお話を聞いていたのでしょう。
「つちのなかにさ、モグラさんがいておいもをねらっているんだよ・・・。」
「アナグマさんにもあえるかな?」

なんて言っているのです。
先生にお話をしたら、「アナグマのお話はしていません(笑)。」って。
レオくんったらどこからアナグマの話を持ってきたのかしら?

お芋掘りのことについては過去記事に、元幼稚園教諭目線での記事を書いています。この時期になると読んで下さる方が多いらしい。。。ありがとうございます。ご興味がありましたら、>>こちら

今回はそこまで書きません。
最近はママ目線で、職業外れて久しいので・・・。

土の中。
自分が知らない世界があるかもしれない。ミミズさんもモグラさんもお芋のと一緒に遊んでいるかもしれません。そんな歌がありましたが・・・・。

お芋掘りのお弁当

今回のお弁当は、至ってシンプル。
昨年、アンが年長の時のものは>>こちら

今回は間際に「おにぎりとサンドイッチ、どちらがいい?」とレオに聞いたところ、珍しく「サンドイッチ。」というので、↓を使いました。
 

売り切れ必至! 人気赤丸急上昇のパンダがこれです♪【数量限定!】サンドでパンだ人気に訳あ…

↑これ、ママ友達でもふたり使っている方がいて、簡単そうだったので、私も買ってみました。
縁がしっかり止まったサンドイッチが出来るのです。
すごく簡単なので苦にならずにサンドイッチが作れるようになりました。
便利です。3日坊主にならないアイテムです。

サンドイッチって食べるのに子どもだと崩れちゃって、結局フォークやスプーンのお世話になるってことがありませんでしたか?だから敬遠しがちだったのですが、これなら食べやすいんですよ。

今回は2種類のサンドイッチを用意しました。
タマゴサンド・・・卵、マヨネーズ、パセリ
パンプキンサンド・・・かぼちゃ、ほうれん草、人参、ウインナー、クレイジーソルト、コンソメ

どちらも好評でした。
デザートはりんご、「アルプスの乙女」。このままパクリとかぶりつくことが可能です。
スーパーで見かけて本当はコレが作りたくて買ってしまいました。
忙しくて新鮮なウチに作業できなかったけど、今夜ちょこっと作ってみましたので、上手に乾かしたいと思います。しばらく乾燥していて・・・。

とったお芋はレオのリクエストでさつまいもご飯になりました。
それでも余っているので、他のサツマイモ料理にもしなくちゃね!!(が、この1週間はとても忙しい!!)

こっそりの話ですが、娘のバ○エの仕事で今日の夜も出掛けていました。
私の手帳をちらりとみたママさんが、「どうしてそんなに予定が入っているの!!?」ってびっくりされていました。
私、本当は家でゴロゴロしているのが好きなんですけど・・・。
っていうのに、ママ友さん達からは信じて貰えないのです。

ああー、お話ししたいネタはたくさんあるのに、記事書きする時間がとれない。今日もバ○エから仕事を持ち帰ってしまった。。。。まず、寝なきゃ。私・・・。

おやすみなさい~♪