親子遠足のお弁当

遠足のお弁当

(中身は”つづき”で公開)

レオの幼稚園の春の遠足は親子で参加します♪

遠足など幼稚園や学校のお弁当のある行事の時には、通常前の晩に下ごしらえをするのですが、前日は疲れちゃっていまして早寝してしまったんです。
でも早寝だったので目覚ましは4:50に。

朝は炊飯の準備や麦茶の用意から始まりましたが、お弁当に内容は簡単なものにしたので手間はかかっていないんですよ~。

レオのリクエストにより、

今回はうなぎご飯に。

秋田杉のお重に詰めた、遠足のお弁当

これでふたり分です♪
秋田杉の曲げわっぱのお重に詰めました。塗りのお重ほど何代も使えるモノではありませんが、とても軽いので行楽弁当にはもってこい!
内側を赤く漆で塗っているものもあるのですが、カジュアルに和食にこだわらずに使うには、漆塗りされていない方がいいかな、と。

★熟練の曲げわっぱ職人による手作り木製お重箱★ふわりと軽い天然杉!木の香りと優しい指ざわ…

↑内側が漆塗りのものが一般的です。

うなぎの混ぜご飯(うなぎ、シソ、カニかま、卵)
即席の甘酢漬け
(人参、セロリ、きゅうり)
かぼちゃ
ミニトマト
サラダスパゲティ
(キャベツ、人参、コーン、玉葱、パセリ)
肉じゃが
(じゃがいも、人参、玉葱、インゲン、しらたき)

それに写真は取り忘れたのですが、デザートに果物を。こちらはフツーにコンテナに入れたカット、グレープフルーツです。
うちの子ども達は小さい頃、残すとそれを食べ終えるまで、デザートが食べられないとか、次の食事が出てこない・・というスパルタ式食生活のせいで??好き嫌いは殆どないんです。
甘酢漬けのセロリも、「おいしい~。」とペロリです。

それでも子どもが食べやすいように、味付けや彩りなどは常に意識しています。
先ずは一般的な子どもが苦手な野菜を美味しいものだと知って貰いたいと思っているので、私もいろんな野菜が食べられる料理にチャレンジ中。

サラダスパゲティと肉じゃがは夕べの残りです。
他は全て当日の朝の仕事です。錦糸卵くらいは前日に作っておけば良かったですよね。