源氏物語の世界

好きな教科は?
なんて聞かれたのはもう昔のこと。
いまじゃ、誰も尋ねてくれません。
ですから自分で答えます。

-日本史、世界史、美術、地理、古文。

この中でそれでも苦労したのは古文かしら。
雅やかな平安時代に憧れて・・・古文を勉強する気持ちにはなるけれど、難しい・・!
なんていうんでしょ。
英会話を勉強したいけれど、勉強しようとしてみてもちっとも身につかないような・・、似てる。

トップでご紹介は源氏物語の現代語訳でお薦めの瀬戸内寂聴さんのもの。
変に脚色や、色恋ばかり取り上げられた変な源氏物語ではなく、原文を出来るだけ忠実に訳していて、言葉も美しいので一番読みやすく思います。全10巻
さすがに1日で読むのは無理です。

源氏物語を読んでみたい、という方には超お勧めです。 お値段も嬉しい文庫本だし。これ最近出たばかりだったんですね。良かった・・・。大型本買わなくて・・・。大型本を買いたいといったら、オークションでも相当かかるのです。このシリーズは古本屋めぐりをしないとと思っていました。でも、古本屋で見かけないんです。

まぁ、それは置いておいて、今日はその雅やかに世界にちょっと足を踏み入れてみませんか・・・、ってことで、ご紹介。

「源氏物語」など、古典を読んでいると出てくる平安装束の「重ね色目」「織」「文様」
イメージはするんだけど、実際目にしたい。源氏物語の中の色彩の表現や季節感もこの物語の大きな魅力!

という平安文化に興味のある方にお奨めのサイトです。

平安素材「綺陽堂」

http://kariginu.jp/sozai/

素材集なのですが、私は今のところ見て楽しんでいるだけです。

前回(といっても、アンを妊娠中。)京都に行ったときに是非行きたいと出掛けていった風俗博物館。こちらも是非、源氏物語がお好きならお薦めしたいです。

風俗といっていかがわしいイメージを持たないように・・。

源氏物語の光君の住まいである六条院の模型が4分の1スケールであり、ただ横から眺めるだけでなく、壇上から覗くこともできます。四季ごとに展示も相応しく衣替えもしています。当時の行事なども模型から知ることができ、見ごたえのあるある内容です。
これらは文献などを参考に出来るだけ忠実に当時の物を再現したとか!!

それから私は真夏の盛りに出掛けたのですが、こちらの実物大の展示室には平安貴族の御帳台を中心に小道具などが展示されていて、しかも、装束まで着用できちゃうのです。

私も袿を羽織ってお写真ぱちり!!お姫様気分でした。(その頃は妊婦といえど若かったのよっ。)主人は直衣姿になりました。
こちらお坊さんの法衣を作っている「井筒法衣店」さんが母体らしく、その装束も本格的!!

後日写真が出てきました。>>記事こちら

機会があったら又出掛けたいと思います。
お出かけレジャーネタとしてではなく、こちらのサイトでは六条院を始めとする、平安の雅な世界を案内するサイトとしてご紹介です。
いつぞや、京都をまた旅行する際にはぜひとも立ち寄りたいところです。

風俗博物館
http://www.iz2.or.jp/

風俗博物館を10倍楽しむ
http://evagenji.hp.infoseek.co.jp/costume.htm

ちなみに源氏物語を読破されましたら、その余韻が残っているうちに↓

正直言って悔しいですね。
こちらも文庫本が出ていましたか。
全5巻です。
こちらも今から8年位前にオークションでシリーズで揃えてしまいました。当時はお得な買物でしたが、本のスペースが人間のスペースを脅かす我が家では文庫本の方が良かったかな。
(第1巻を貼ろうとしたのですが、画像がなかなか出てこなかったのでシビレを切らして第5巻をぺたり!)

こちらは光君から見た世界でなく、女性たちが主人公
これは原文に忠実というわけではなくて、かなりの想像力で書かれているのですが、しっくりくるんです。私の代わりに寂聴さんが読み解いて下さっているんです。あ~、いいですね。男だ、女だ、色恋だといっている世界も・・。
やはり当時の最大の娯楽が恋愛だったのでしょうね。
それを極めるために雅やかな世界が展開されたと考えていいかもしれません。

源氏物語のヒロイン、どなたが好きですか?
俵万智さんは「朧月夜の君」とか言っていたかなぁ。
私は誰かなぁ。以前と違うかもしれないから、読み直して考えようっと。

源氏物語の世界、超ロング大河小説なだけにとてもひとつの記事では語れません。
機会がありましたら、少しずつ語りたいと思います。まだ、枕草子とかありますしね。
ちなみにお薦めの今昔物語という記事も過去に書いているんですが、新ブログではアップしていませんね。また、過去記事で新ブログでは掲載を控えているものも、書き改めてアップしたいものもありますが・・・。

おすすめ書籍のカテゴリーを「児童書」と「大人向け」 に分けてみました。
児童書、と言っても子どもがみて楽しそうだという枠組みで、厳密に分けているものではありません。
今のところ、児童書は記事にしていないのですが、今後取り上げていく予定です。
また絵本とは違いますしね。

コメント

  1. letasu より:

    こんばんは。
    瀬戸内 寂聴さんの小説は読んだことはないのですが、同じ宗派の天台宗(宗教にこだわっているわけではないのですが)なので、テレビなどで面白い法話を聞いたりして楽しんでいます。
    誰にでも優しく、楽しく解説してくれる寂聴さんの法話は人気が有りますね~。

  2. ★letasuさん より:

    こんばんは!ご訪問ありがとうございます。
    この通り全然子育てブログじゃなくなっています。
    寂聴さんの話は確かにわかりやすいですね。
    寂聴さんの「源氏物語」についてのいろいろな本を読むと源氏物語と「仏教」の関係のありようが見えてきます。
    今の現代人にはどうしても「仏教」の思想からの解釈は難しいのですが、さすが仏門に入っている方の捉え方は違う!
    話を聞いてみれば、合点がいくので関連本もとても面白いです。
    横浜は今後も攻めていくと思いますので、letasuさんのところで予習して行きたいと思います。今後もよろしくお願いいたします。

  3. iowabob より:

    こんにちは
    僕も源氏物語に興味があり、いろいろ読んでみたいと思ってます。
    瀬戸内寂聴さんのは読んでいないので、いずれトライしたいな。
    僕が読んだのは、①橋本治の「窯変源氏物語」と②与謝野晶子の二つです。
    「窯変」はすごい大作でしたが、ついつい引き込まれ読み進んでしまいました。
    素直な訳ではない橋本ワールドから源氏に入ってしまったのですが、与謝野
    の訳は素直で趣が違うことがわかりました。
    同じ橋本の③「枕草紙」は平安の宮中風俗の解説が詳細で、源氏の理解に
    大いに役立ちます。
    山本淳子の④「源氏物語の時代 一条天皇と后たちのものがたり」(朝日
    新聞社刊)は、紫式部-彰子と清少納言-定子、一条天皇の時代を歴史資料を
    もとに描いたもので、物語を生んだ時代の背景がとてもよくわかりました。
    ①、③は図書館で借り、②はヤフオクで格安に入手、③は書店で購入
    です。いまは源氏物語のマイブームは一服というところですね。
    そうそう、そごうで開催された源氏物語り絵巻の復元画の展覧会も見ました。
    絵のサイズは意外に小さいもので、絵巻だからそうだよねなどと納得したり
    して、当時の鮮やかな色彩を楽しみました。

  4. ★jowabobさん より:

    こんにちは!!
    古典が好きなので、橋本治さんは「桃尻語訳 枕草子」から読み始めました。今読むと、ちょっとその当時流行だったのかな?風なイケていない言葉遣いで時代遅れな
    桃尻語なわけですけど、解説などもよく書かれていて、非常に面白いですよね。
    そこから私も「窯変源氏物語」を読みました。
    寂聴さんは女性の目からの源氏物語を書かれていますけど、その逆のパターンでこれは面白かったです。
    源氏物語そのものを読んでも、光君は夕霧や匂宮などとは全く違って結構考えるタイプですよね。それは分かっていたけど、ちょっとひょうひょうとした部分のある光君の正体を見る気がして面白かったですね。
    あれは源氏物語を読んでいないで読むには薦められませんけど、面白かったです。
    桃尻語~は私はヤフーオークションで仕入れようとしたんですが、ブックオフで手に入れました。が、3冊中1冊がいまだ手に入っていません。
    女人源氏~はオークションです。
    大御所の与謝野訳を読んでいないんです。寂聴訳で満足しちゃったからなんですが、今度読んでみたいと思います。
    源氏物語、とつくと結構端から読んでいくようにしているつもりなのですが、山本淳子さんの本は是非、読んでみようと思います。教えて下さってありがとうございます。
    高校時代の国語資料集なども大切にして、本を読むときにイメージを膨らませています。
    王朝文学の色彩的感覚を想像するのも楽しいです。それで上のようなリンクもつけてみました。
    随分前の記事ですが、読んで下さって嬉しいです。