スイートポテトを作りました!

スイートポテト

先日、園行事でお芋掘りに行ったアン。
たくさんのさつまいもを持って帰りました。在園児がふたりの家庭の場合は、この倍ですからすごい量ですよね。
アンの希望でスイートポテトを作ることになりました。

収穫したさつまいも

(アンが収穫したさつまいも)

スイートポテトといえば、私が初めてチャレンジしたお菓子になります。
お菓子というか、クッキングはスイートポテトが初めてでした。だからその時のことはよく覚えているんです。

自由学園幼児生活団。
ここが私の出身園です。何度かお話ししていますが、ちょっと特殊な幼稚園でした。最近、週5日制になり認可幼稚園になりましたが、以前は週2~4日の通園スタイルだったのです。
この自由学園は一般的な幼稚園にあたる生活団から一般的な大学にあたる最高学部までが敷地内にありました。たぶん、すみずみまで歩き回ったことはないと思います。
敷地内にあるお芋畑までは結構歩いた覚えがあります。途中パン工場(敷地内にあるんです。)があっていい匂いがしていたのも記憶にあるんです。
どのくらいの広さがあったのかな・・・、と調べましたところ、

自由学園の敷地内案内図
http://www.jiyu.ac.jp/index.php?c=6-16

やっぱりとても広い・・・・。生活団は男子部の敷地内の一番端っこにあるんですね。パン工場も比較的近いけど・・・、芋畑はどこ??

収穫したお芋を生活団の活動の中でスイートポテト作りをしたのです。
カラー上質紙のような紙で船を作り、そこにスイートポテトのタネを入れて、自分のマークの入った旗のついた楊枝をさして、トースターだったか、オーブンだったか焼いたのです。

その時のレシピを探したのですが、ちょっと行方不明。探せばあるような気もするのですが・・・。
生活団の作り方に近いであろうレシピを参考に作りました。

スイートポテトの作り方

引用:「こどもがつくるたのしいお菓子」より、婦人之友社

巻頭が写真で作り方はイラストなのですが、このイラストがとても丁寧で分かりやすい
こ の本は私が小学校1年生くらいの時に母から買って貰ったものなのですが、子どもでも失敗しないで作れるお菓子類(ケーキ、パン、スコーン、ゼリー、アイ ス、クッキー、飲み物など)がたくさん紹介されています。こちらで掲載されている「フルーツヨーグルトシャーベット」なんて火も使わないし、お金を貰って 材料を買いに行き、勝手に作るなんて、小学校の1,2年生の頃からしていました。

脱線してしまいましたが・・・、作り方のページの前には、お菓子作りについての基礎知識、計量や材料、火の強さや温度のことなど分かりやすく説明されています。

こちらの本は、自由学園の創設者・羽仁もと子の作った婦人之友社から出ているので、このレシピが生活団で作ったものに近いのはでたらめではないワケですよー。

「スイートポテトメレンゲケーキ」となっていましたが、うちの子ども達、赤ちゃん時代に卵にアレルギーがありました。メレンゲを使うとなると、一番強度の卵白を使うことになりますので、メレンゲは入れなくてもいいでしょう・・・、と判断。

今回はスイートポテト・ケーキかな。
アルミホイルや、紙で生活団の時のように舟型を作っても良かったのですが、省略して丸型で作ることにしました。

さつまいもの皮をむく

お芋を蒸かすところや計量は私がして、蒸したお芋の皮を剥ぎ、潰して→裏ごす→バターや卵、牛乳などを加える・・ということを子ども達がしていきました。
裏ごすのは一番時間がかかる作業なので、時間がない時は裏ごさなくていいかと思います。

焼き上がるまでちょっと時間がかかったけれど、ホクホクあま~いスイートポテトはヘルシーでとても美味しかったです。

全ての作業を子どもに任すことは出来ないけれど、部分参加でもとても満足そうでした。

数日後、アンの幼稚園でもスイートポテト作りをしたんですって!
それぞれの家庭で、ふかし芋、大学芋、天ぷら、干し芋、さつまいもご飯に変身したようです。秋の味覚、まだまだ楽しめそうです。

コメント

  1. にじいろです より:

    こんにちは。
    わー!!おいしそう。
    素敵に焼けましたね。感激です。
    我が家は今日おいもほり遠足が延期になりました。
    楽しみにしていたのにとても残念です。
    私も昨年同じ本を参考に作りましたよ。
    (本は主人の実家のお母様から譲っていただいた
    思い出の本なのです)=主人も昔、お母様と作ったそうです。
    二世代です!
    またブログもきれいにアップされていて感動でした。
    参考にさせていただきます。
    ご家族の皆さん喜ばれたことでしょうね。

  2. yottyan より:

    季節ですねえ。スイートポテトはいろいろ有名でおいしいのですが、自家製が格別ですよね。
    自由学園もすごいですね。
    びっくりしました。
    共同作業でヘルシーなら最高ですね。

  3. もね より:

    我が家の息子も、本日芋掘りをして、持ち帰って来ました。
    スイートポテトいいですね。我が家もチャレンジしてみよう。
    お菓子作りの本、子供にも読みやすそうですね!!

  4. 美味しそうです~♪
    お芋掘りの収穫、すごく活躍してますね。
    蒸かしたさつま芋は、さほどでもないのに、スイートポテトって、美味しいですよね♪
    バターや、ミルクとかであんなにも変身するのが不思議です。
    秋の収穫、まだまだ楽しめそ~♪

  5. あおい より:

    ★yottyanさん
    日々の3食を用意するのでさえ、息切れ気味なので、お菓子作りなんて滅多にしないんですが、スイートポテトには思い入れがあったので、ぜひ一緒に作ってみたいと一念発起しました。
    自由学園の敷地はエラク広かったと記憶していたのですが、それが勘違いではなかったことがわかりホッとしました。自分の子どもの頃の僅かな記憶と照らし合わせる作業は、パズルの様でうれしいんですよー。

  6. あおい より:

    ★もねさん
    このお菓子の本と料理の本は小学校時代、何か作るときに常に参考にしていました。分かりやすいので、今でも時々こちらのレシピで作っています。
    これ、オススメです。字も大きくて読みやすいですし。内容も良いです。お友達にも勧めたところ、小学生の息子さんに買っていました。

  7. あおい より:

    ★ゆ~ちゃん♪さん
    ありがとうございます。サツマイモ、私はどんなスタイルでも好きなんですけど、今年になってアンはいろいろ要求するようになってきて、このスイートポテトの他に、今日はサツマイモご飯にして欲しいと頼まれました。
    裏ごしが面倒なんですけど、そこを省略すれば簡単にできます。ので、サツマイモご飯を作ってもあまりそうならまたスイートポテトを作ろうかと思っています。大好評でした♪