レオの絵(2歳3ヶ月)

レオの絵

(2008.1.17 レオ画)

レオ(2歳3ヶ月)の絵です。
うちの子達、ホンとよく絵を描きます。
こちらは¥100ショップで購入の太いクレヨン。まだ、グー持ちで握りようにクレヨンをもつ、レオですけどこれなら折れません。

このブログを書いていたら主人からアンの記事ばかりじゃないか、と指摘されました。
別にアンをひいきしているつもりもないんですが、レオ自身が出来ることがまだ少ないのよ~、それに親としてはアンでいろいろ初めてを経験しているので、どうしても、そちらが記事になりがちなんです。

ところでみなさん、お子さん達に絵を描かせる紙、どうしていますか?

私は記念に取っておきたい派なんです。
以前は自由画帳(お絵かき帳ともいう)を買ってそちらに描かせていたのですが、以前折角描いた絵の上からまた塗りつぶしてしまったり、バラバラになって散らかっていることもあったので、自由画帳はヤメ、にしました。

今はコピー用紙を買ってきて、それに描かせています。
こちらの方がコスト面でも安いですよ~。
それに描いた後、私が回収できるのがいいんです。出来るだけ隅に日付や何を描いたのかなどを記入しています。
紙の画面はちょっと小さくなるけど、記念には残しやすいです。

ところでレオの絵ですけど、クレヨンを持ち出した頃のなぐりがきから変化しています。
最初はぐしゃぐしゃと手を上下に左右に動かすという、描き方だったのですが、段々手の動きをコントロールして円を描く時期(若しくは孤を描く時期)にきています。
レオの描いている様子を観察していると、意図的に手の力をコントロールして自分の意志でどうかこうか、と考えていることがわかります。

レオの絵

そして今まではただ描いていたのが、描いたものを何かに見立てています。
「ぶーぶーかいた」
「ぴーぽーかいた」
「うみ」
「あめ、ざーざー」

などと描いたものについて話してくれます。

そして、近頃は
「でんしゃ、かく」
「パパ、かく」

と意図しているようです。描いたものをみても分からないけど。

そのうち、この円の中に目や口などが書き加わって、手足が伸び、「頭足人(とうそくじん)」と呼ばれる絵を描くようになっていきます。

発達というのが順番を踏まえていくのが面白い。
赤ちゃんが生まれると、まず首が据わり、腰が据わり、足がしっかりしてきて、はいはいになり・・・、という感じで多少前後はあっても必ず、通る発達の時期があります。身体的な発達は頭の方から徐々に下の方に下りてくるのです。(こういう話はシアーズ博士夫妻のベビーブックでも知ることができます。)
これが顕著な低年齢の子ども達のこういう段階は今でしか観察できないもの。
成長を喜びながら、楽しみながら、できるようになったことを一緒に喜んでいきたいと思います。

PICK UP!

先日雪が降りました。
空から落ちてくる様子はかなりゆっくりで舞いながら落ちる様を眺めることが出来ました。
雪の結晶はモチーフとして子どもの頃からよくみていたものですが、それが本当に目でみて観察できるものだと知った時の驚きを忘れません。
たまたま、黒い服を着ていた自分の服に溶けるまでの間みていた形が雪の結晶だったのです。

こちら、雪の結晶が存分にみられるというビジュアル本です。
お値段も安いので、欲しいと思っている1冊です。
なかなか自分で雪の結晶を観察することは難しいので、こちらでにらめっこしたいなー。

コメント

  1. うちの子供たちも絵を描くのが大好きです!
    やっぱり、最初は100円ショップでお絵かき帳を買ってきて描いてたんですが・・・
    ちょっと描いて次のページ・・・
    またちょっと描いて次のページ・・・
    と、無駄に使うので(汗。。)今はもう、裏が白地の広告に描いてます(^-^;
    息子さんの絵・・・色使いが優しい感じでいいですね!
    うちの子供たちはどうだったんだろうな~??
    最近は絵を描いたら、長男が壁にテープでペタペタ・・・
    気が付くと、部屋が美術館みたいになってたり(笑)
    雪の結晶・・・私も初めて見たときに感動しました!
    「 おぉ~!雪印のマークだ~!!」って(^-^)

  2. ユマゾー より:

    ’頭足人’って言葉があるんですね☆
    となると今うちの娘はまさに頭足人期です(^^)
    ほっぺを丸く円で描くのはアンパンマンの影響かと。
    レオ君の絵の色がいいな~私の好きな感じです♪
    我が家もコピー紙使っています。
    でも最近は描いた絵を破ってから「パズルだよー♪」とかやったりしますので、家の中は何だかいつも紙だらけですよ~笑
    「これはッ!!」という絵はやはり大事に取ってあります。
    もう少ししたら写し絵のように上手になりすぎちゃったりするんでしょうね~

  3. ★はじめないっぽ...。さん より:

    これ、絵をスキャンしてアップしているんですが、画像処理で現物より色が濃い感じに出ています。そのままだと、裏に描いた絵が映り込んじゃうので、ハイライトとシャドウで絵を浮き上がらせている感じなのです。
    子どもは絵を家の中に飾ってあげると喜びますよね。
    でも確かにべたべたになり、外すタイミングを逃しがちになりますよね。私はしばらく飾ったら外して、しまってしまいます。
    広告の裏も使いますが、そう言う時に限ってえらい傑作を描いたりするので、結局コピー用紙を使っています。
    楽しそうに描いていて羨ましく思えます。
    雪の結晶の本、ってめずらしいですよね。
    私は子どもの頃、図鑑の1ページに載っている写真を随分眺めていた記憶があるので、この本いいなぁ、と欲しい本のリストにあげています。
    欲しい本があると、そんなに高くない物だからつい買っちゃいます。
    絵本、作りもしないのに手芸の本や工作の本などに弱いんです。

  4. ★ユマゾーさん より:

    そうなんです。
    「頭足人」というのは私の作った言葉ではなくて、発達理論を唱えたピアジェという学者の作った言葉だったと思います。
    この頭足人という幼児の絵を描くスタイルは全世界の子ども達に共通する描き方なんです。面白いですよね。
    円からそこに顔のパーツがついて手足が出てくる・・。
    ついにここまで来たか~、という感じで上の子の時、みていました。
    アンもこの1年で随分描き込むようになってきました。
    絵のスタイルが変わっていく様も面白いですよ~!!
    パズルもいいけど、しっかり描き込めているとちょっとだけ勿体ないですよね~。