CI-VA、欲しかったのだけど・・・(ユーロ高)

前から気になっていた、こちらのバッグ。
CI-VA(チーバ)のバッグです。

1978年にPAOLA
CIONIによりイタリア・フィレンツェに誕生した鞄メーカーのブランドです。トスカーナ地方の伝統的な技法を守りつつ、新しい感性を注ぎ込み、特にタンニンなめしのヌメ革(牛革)を用いたバッグは、使い込む程に味わい深く愛着を使う人に感じさせると評判です。


ヌメ革の月形のショルダーなのですが、荷物の多い私でも満足できそうな容量。
それから柔らかそうな風合い。
使い込んで色が変化していく様を見ていく楽しみを持てる。
ということで非常に興味があるバッグでした。

欲しい!と思うものの主人に相談しないで買うことは出来ないお値段。(うちでは・・ね。)
それに今の私にはちょっと贅沢かな、なんて思ってきたんです。
それでも定期的にチェックして「いつか手に入れたいなぁ。」なんてにんまりしていたんだけど、ショック~~。

なんと2月から価格が¥5,000up!!(既に価格がupしていたお店も多いのですが。)

ええ~っ!ですよ。
私が欲しいナチュラルカラー(他にもブラウンなどカラーはあります。)は既に在庫切れで、購入希望の方は¥5,000upした額で販売ですって。
がが~ん。
同じものを¥5,000も高く買うなんて出来ます?
っていうか主人の許可も取っていないし。
1週間前なら今までの値段で買えたんですよ・・・。ショック・・・。
手に入らないと思ったら余計に欲しくなるのです。
たぶん、ユーロ高のせいでしょう?
そうそう、私が狙っていたクリステルのお鍋のセット

通販生活で今までよりやはり¥5,000upとかで、悔しい思いをしたんです。
なにげに私ってブランド好きなのかなぁ。

あんまりショックで主人に言ったら笑い飛ばされました。
「女の人ってなんでバッグがそんなに好きかなぁ。」
だって。ちょっとムカッ。

「そんなあってもなくても困らないようなものより、テレビ買うとか(年末から壊れて、別の部屋から小さなテレビをリビングに連れてきています。)必要なものがあるでしょう。」
などと言われました。そりゃそうでもっともなんだけどね。いいじゃない、愚痴らせてよ~~。

やっぱり、ただの専業主婦ってつらいわ・・・。
欲しいもの、手に入れられないって。
ちなみに私、ほとんどテレビを見ないので、テレビを買おうという発想になかなかならないんですよー。

でもね、ちょっと考えてみると、皮の鞄って確かに重い。
私も働いていた頃は皮の鞄ばかり買っていましたが、周囲と私の中で皮の鞄のブームが去ってしまい、ナイロンバッグ系にお世話になるようになりました。
だって、軽くて丈夫なんだもの。 長いことレスポに走っていた私。
それがまた皮に気持ちが向かっているってなんだろう?

鞄、バッグって言うのはね、同じものじゃ、だめなの。
女性が同じ服装、同じバッグばかり持っているわけにはいかないの。
と、理解して貰いたいな、パパ。

なかなかおねだりが下手っぴで勝手に買っては渋い顔をされている私なので、ここでおねだり。
「新しいお財布が欲しいです。」
最近、ナチュラル指向に変わったので、ヴィ○ンの長札財布って気分じゃなくなりました。
やはりヌメとかそういった系のお財布がいいです。
ちなみに今までの財布はかれこれ、7年使っています。
丈夫で壊れない。さすが、ヴィ○ン。
手帳なんて、ヴィ○ンの○ノグラムなんですが、かれこれ10年以上使っています。
それまで皮の手帳はいくつもすり切れて、しょっちゅう買い換えていたので、帰って安い買い物だったのではないかと思うくらいです。

でも誕生日も当分やってこないし、クリスマスも親にはプレゼントはなしです。
だから、ちょこちょこ隠れて買い物をする日が続くことでしょう・・・。

愚痴でした。ほとぼりが冷めたら記事を削除するかもです。


コメント

  1. ☆むーみん☆ より:

    素敵なカバンですね★
    でも、同じ物が5000円違うなんて。ユーロ高?全然気にした事がないのですが、そんなに影響されるなんて!私ももっと経済に興味をもたないと・・・ですね。
    前のお値段の時から目をつけていたら悔しくて買えないです!手に入らないと思うとかえって欲しくなる気持ちもよく分かります。
    当たり前だけど物に対する考え方が、女性と男性って違いますよね~。うちも主人に洋服いっぱいあるじゃんって言われるけど、毎日洋服の女性は大変なのよって思っちゃいます。

  2. 女性って、ホントにバッグとか、アクセサリーとか好きですよね~!!
    ウチの誰かさんも、チャーミングセールで堂々と2個も買ってきたり…。
    半額だよって言われても、一体、いくらなんだよ? …て、感じです…。
    ユーロ高なら、ドル安で、といっても、あのお国には、繊細なものないだろうし…。
    買いたい気持ち、永遠に分からないですが、ちょっとだけ、エールをおくります…♪

  3. もね より:

    買っちゃえ~買っちゃえ~(悪い友人)
    私はいつも・・事後報告だわ(笑)
    素敵なバッグ・・そうです。女性はバッグがいくつあっても
    いいんです。ナイロンだろうと革だろうとTPOで必要なんですよね~。たとえ中身が全く入らないおしゃれバッグもありですよね。いいものは、元をとるくらい、長持ちしますし。
    用途も選べるし・・・主婦とはいえ、頑張ってるじゃないですか。ご褒美、ご褒美。

  4. ★☆むーみん☆さん より:

    ヨーロッパから輸入されているいろんなものが価格アップしていますよ・・・。
    どうしても今の私が持つにはちょっと贅沢かなぁ。汚しそうだし・・・、なんて思っていたらこの始末です。
    洋服やバッグ、持たなきゃ持たないでも生活できるけど、なんだか悲しい気分になりますよね。
    必要じゃないけど、定期的に買わないと惨めになっちゃいます。
    主人は無駄遣いしない人なので、大方は目をつむっていますが、たま~にチクリ、と言われます。
    今回のは言う勇気がないままこうなりました。おねだりしておけば良かった・・・。
    おねだりしても却下の可能性もありますが・・・。

  5. ★ゆ~ちゃん♪さん より:

    え?奥様チャーミングセールで2個お買い物?
    勇気づけられちゃいますね。
    私は2歳児がいるので、なかなか買い物が出来ないんですよ。お店に行っても吟味する時間がないので、ネットで買い物することになりがちです。するとネットでは試着とかできないので、洋服や靴などなかなか買えないんですよね。
    問題はネットで買うと細かい値段までばれちゃうってことなんです。主人がチェックする気になれば(あまりしていないとは思いますが。)できちゃうってことがイヤなんですよね。
    日本のブランドのものでもいいものはあるんですけど、もっと高かったりして、とても買えません。デザインや容量もあるので・・・。
    私はやたら荷物持ちなので、かなり入らないとダメなんです。
    エールありがとうございました。
    私は奥様にエールを送っちゃいます。

  6. ★もねさん より:

    うちの母もきっと「買っちゃえ~買っちゃえ~」っていうと思います。
    事後報告もしないものが多いんだけど、3万円以上するものは事前に言わないとまずい気がして・・・。
    これは言い出せないまま終わってしまったパターン。
    結構お友達ママはコーチだ、なんだって買っているよ~、といったら
    「ちょこちょこ、買っているものをトータルしたらそのくらいになるでしょう。」と返されちゃいました。
    確かに・・・、痛いところ突かれました。

  7. cage より:

    こんにちは。
    買ってから事後承諾ですねw。
    色もいいし、手触りもよさそう。
    元ワイフのために、グァムで、ブランド名忘れましたが、
    ショルダーバァッグを(網が付いてる)、買いました。
    これは好評でした。ティファニーのハートのペンダントで
    失敗したのをこれで名誉回復しました。(金でなかったから)
    普段、彼女は韓国ドラマの「バラ色の人生」に出ている、
    チェ・ジンシルみたいな格好でした。
    でも、「有名ブランドのヴァッグ」には弱くて、
    ヴィトンは売るほど持ってました。

  8. ★cageさん より:

    事後承諾・・・、怖いんですよね~。主人は自分の為にものをあまり買わない人なので、尚更。
    子どもが生まれてから趣味が変わってしまいました。
    何買っても飽きるでしょう、と突っ込みが入りそうですが、それだけにシンプルな飽きのこないデザインのものが欲しくなるんですよね。
    バッグもたくさん持っているはずなんですが、どうしてこんなに欲しいのか、って感じです。
    奥様にちゃんとプレゼントされているんですね~。みなさん偉いなぁ。
    うちは最近、子どものプレゼントばかりでお互いにはプレゼント全然していないんです。