CI-VA、欲しかったのだけど・・・(ユーロ高)

この記事は公開後1年以上経過しています。
現在は状況が異なる可能性がありますのでご注意ください。

CI-VA 2WAYショルダーバッグ・ナチュラル

前から気になっていた、こちらのバッグ。
CI-VA(チーバ)のバッグです。

1978年にPAOLA
CIONIによりイタリア・フィレンツェに誕生した鞄メーカーのブランドです。トスカーナ地方の伝統的な技法を守りつつ、新しい感性を注ぎ込み、特にタンニンなめしのヌメ革(牛革)を用いたバッグは、使い込む程に味わい深く愛着を使う人に感じさせると評判です。


ヌメ革の月形のショルダーなのですが、荷物の多い私でも満足できそうな容量。
それから柔らかそうな風合い。
使い込んで色が変化していく様を見ていく楽しみを持てる。
ということで非常に興味があるバッグでした。

欲しい!と思うものの主人に相談しないで買うことは出来ないお値段。(うちでは・・ね。)
それに今の私にはちょっと贅沢かな、なんて思ってきたんです。
それでも定期的にチェックして「いつか手に入れたいなぁ。」なんてにんまりしていたんだけど、ショック~~。

なんと2月から価格が¥5,000up!!(既に価格がupしていたお店も多いのですが。)

ええ~っ!ですよ。
私が欲しいナチュラルカラー(他にもブラウンなどカラーはあります。)は既に在庫切れで、購入希望の方は¥5,000upした額で販売ですって。
がが~ん。
同じものを¥5,000も高く買うなんて出来ます?
っていうか主人の許可も取っていないし。
1週間前なら今までの値段で買えたんですよ・・・。ショック・・・。
手に入らないと思ったら余計に欲しくなるのです。
たぶん、ユーロ高のせいでしょう?
そうそう、私が狙っていたクリステルのお鍋のセット

通販生活で今までよりやはり¥5,000upとかで、悔しい思いをしたんです。
なにげに私ってブランド好きなのかなぁ。

あんまりショックで主人に言ったら笑い飛ばされました。
「女の人ってなんでバッグがそんなに好きかなぁ。」
だって。ちょっとムカッ。

「そんなあってもなくても困らないようなものより、テレビ買うとか(年末から壊れて、別の部屋から小さなテレビをリビングに連れてきています。)必要なものがあるでしょう。」
などと言われました。そりゃそうでもっともなんだけどね。いいじゃない、愚痴らせてよ~~。

やっぱり、ただの専業主婦ってつらいわ・・・。
欲しいもの、手に入れられないって。
ちなみに私、ほとんどテレビを見ないので、テレビを買おうという発想になかなかならないんですよー。

でもね、ちょっと考えてみると、皮の鞄って確かに重い。
私も働いていた頃は皮の鞄ばかり買っていましたが、周囲と私の中で皮の鞄のブームが去ってしまい、ナイロンバッグ系にお世話になるようになりました。
だって、軽くて丈夫なんだもの。 長いことレスポに走っていた私。
それがまた皮に気持ちが向かっているってなんだろう?

鞄、バッグって言うのはね、同じものじゃ、だめなの。
女性が同じ服装、同じバッグばかり持っているわけにはいかないの。
と、理解して貰いたいな、パパ。

なかなかおねだりが下手っぴで勝手に買っては渋い顔をされている私なので、ここでおねだり。
「新しいお財布が欲しいです。」
最近、ナチュラル指向に変わったので、ヴィ○ンの長札財布って気分じゃなくなりました。
やはりヌメとかそういった系のお財布がいいです。
ちなみに今までの財布はかれこれ、7年使っています。
丈夫で壊れない。さすが、ヴィ○ン。
手帳なんて、ヴィ○ンの○ノグラムなんですが、かれこれ10年以上使っています。
それまで皮の手帳はいくつもすり切れて、しょっちゅう買い換えていたので、帰って安い買い物だったのではないかと思うくらいです。

でも誕生日も当分やってこないし、クリスマスも親にはプレゼントはなしです。
だから、ちょこちょこ隠れて買い物をする日が続くことでしょう・・・。

愚痴でした。ほとぼりが冷めたら記事を削除するかもです。