りんご狩り

収穫の秋。
初めてのりんご狩りです。(子どもだけでなく、たぶん私も・・。)

りんご アップ

こちらは果樹園を営む叔父の畑の一角。
たった1本のりんごの木がたくさんの実をつけるんです。
たくさんの実をつけ、大きいの、小さいのとサイズは疎らなんだけれど、フジなのかな?とにかく味がよいので、私もよく分けて貰っているんです。
りんごって育てば、みんなこんなに美味しい実をつけるものなの?
それともりんごは専門ではなくても果樹園をしている叔父や叔母の世話の賜??
(必要最低限の世話しかしていないそうです。)

レオのりんご狩り

りんご、とりたい!!
レオでも簡単に採れるけれど・・・。ボールのノリで投げちゃうのよね・・・。

りんご採れたよ!

自分の採ったりんごはかわいいよー。
レオと1週間違いのお誕生日の従姉の長男です。

ミニラくん

従兄のお子さんは3歳。
いつも叔父 (彼にとってはおじいちゃん)のお手伝いをしています。
今日も張り切って収穫係。
果物、お野菜、収穫のお手伝いをしているせいか、ご飯よりもお野菜が大好きなんですって!!
やっぱり、栽培や収穫に関わると子どもって食べるようになるのかな?

採れたりんご

採れたりんご。
屋号が書いてあったのでモザイクを掛けました。

アンもりんごを採る

アンは自力で低い枝のりんごを採ることができました。

いっぱいのりんご
りんごの木

このりんごの木、樹齢は不明。20年以上と、叔父談。
桃、栗3年、柿8年。じゃあ、りんごは?

りんごのアップと夕陽

親戚が揃って、大人5人、子どもは8人でりんご狩りでした。
お土産りんごもたくさん頂きました。

りんごの木、で思い出すのがこの絵本。
大きな木は彼に、木陰やりんご・・様々なものを与えてくれます。
彼が成長して大人にそして年老ていくのですが、木は関わり続けます。
お話しはどう展開していくのかは読んだ人のお楽しみ・・・。

子ども8人のうち、うちの子がふたり。
他の子どもたちはこのりんごの近くに住んでいます。
うちの子はしっかり重ね着、コートを着ているのに、他のお子さんたちは薄着で素足だったりして、もしやうちは過保護なのでは・・とちょっと思ってしまいました。

私が子どもの頃は「こどもは風の子」なんて言って、そういえば私も薄着でした。
寒い時期にしっかり寒い空気を吸い込んだり、外で身体を動かす機会が我が家の子に関しては少ないかもしれないな・・、とちょっと考えてしまいました。

コメント

  1. つるかわ住人 より:

    見事なリンゴですね。
    今年は、暑い夏だったので、甘さも十分だったんじゃないですか?
    これが、ただ食べるんじゃなくて、どんな料理に変身するか楽しみですね~。

  2. miho より:

    りんご狩りなんて、素敵な体験ですね~~
    叔父様がこんな畑をもってるなんてすごい!
    あおいさんは本当にいろいろなところへ子供たちと出かけ、体験し本当に毎日たのしそう!!

  3. ★つるかわ住人さん より:

    う・・・、痛いところをつかれました。実は料理は苦手でして、必死に生で食べまくるような気がします。
    ただ、傷りんごもありますので、そちらは急いで加工しないとならないと思います。
    生で食べられないときは適当に切ってレンジでチン♪で頂いています。
    叔父のところは実は葡萄園でして、葡萄は商品なのでそれは傷もなく、見た目も美しいのですが、りんごは本当に素朴に育っています。でも味は売り物と遜色ありません。すごく美味しいし香りも豊かです。りんごって簡単に手でもげるのが感激でした。

  4. ★mihoさん より:

    叔父は葡萄を作っています。巨峰、マスカット、ベリーA、デラウェアなどなど。私も子どもの頃、一生分の葡萄を食べてしまいました。
    辺りは葡萄畑。「葡萄が目に染みる」・・。林真理子さんの世界です。

  5. りんご、美味しそうですね~♪
    お子さんたちにとっても、こういう経験は良いでしょうね♪
    ウチの子も、あちこち連れて行ったのですが、どこかに行ったというより、何かを体験したって事の方が思い出に残っているようです。
    あちこち連れて行った僕としては、ショックなのですが…。
    一生分の葡萄…羨ましい限りです♪
    美味しい葡萄って、ホントに止まらないです…。

  6. 狩りものといったら、いちご狩りくらいしか体験したことがないんですよ~。
    りんご狩り・・・いいですね!
    やってみたいです。
    それにしても、叔父さまが果樹園を営んでいるなんて羨ましいです!
    うちの子供たちも、りんご大好きなので…
    ぜひ体験させてあげたいですね(^-^)
    自分たちで取ったりんごの味は格別だと思います!

  7. ☆むーみん☆ より:

    りんご狩り行ってみたいです♪とっても楽しそう~
    芋ほりとイチゴ狩りくらいしかした事がなくって!
    みなさんがコメントしてるように、おじ様が果樹園経営なんて羨ましい限りです!
    自分で採ったりんごを大切に運んでいる息子さんの姿がとっても微笑ましい♪あおいさんはいつも沢山写真を載せてらっしゃるけれど、とっても上手ですね☆子供たちも思い出の写真がいっぱいで良いですね~

  8. ★ゆ~ちゃん♪さん より:

    そうですね~、何かをした体験って心に残るでしょうね。たぶん、アンは忘れないでしょうね。
    親戚の子どもたちが揃って、年齢も近い(2~5歳が8人)ので長いこと遊び込んでそれはそれは楽しそうでした。
    「収穫の秋・・」という書き出しでしたけど、もうすっかり冬ですよね~。
    でもアメリカではちょうど収穫感謝祭の頃なんですよね、ってことで旬の話題でした。
    子どもの頃のお弁当は時期になるとデラウェアがごっそり入っていたんです。時間がかかるので飽きちゃったんですよね。最近はさほど食べる機会がないので、ありがたく頂いていますけど・・。

  9. ★はじめないっぽ...。さん より:

    りんご狩りは小さな子どもでも簡単だと思いました。
    りんごは自家用で1本だけなのですが、葡萄は出荷するので、見栄えもよく美しく育てています。
    叔父と叔母で葡萄園をしていますが、農家はどこも夏が忙しいんですよね。周辺には葡萄農家と、桃農家だらけです。
    葡萄の葉が紅葉してとてもきれいでした。
    葡萄は棚で作るので、なんだかとても美しいんです。
    いちご狩りもいいですね!
    私も一度しかいちご狩りをしたことがないんですけど、しばらくいちごは要らない!っていうくらいたくさん食べました。そのしばらくはとっくに昔になったので、また同じ体験をしたいです。子どもたちもいちごが大好きですし。

  10. ★☆むーみん☆さん より:

    果樹園のある場所って寒暖の差が激しいんです。
    盆地だし、夏は暑い、冬は寒い。
    ここで育つ子どもたちは暑さ寒さに強いかと思います。
    それに庭や畑があって、いろんな果物や野菜の生長を肌で感じることができて、そんな生活を羨ましくも思います。
    叔父たちの計らいで貴重な体験をさせて貰いました。
    子どもの頃、出荷用の葡萄の重さを量って分けたり、手伝わせて貰ったことも懐かしく心に残っています。
    ブログの写真ですけど、記念に残りますよね。みな顔にスタンプされているので、アンも「わたしはこんな顔じゃない・・・。」と言っています。
    ブログを書き出しの頃は顔を隠すのに抵抗もあったんですが、私はともかく子どもたちの安全も配慮してこのような形をとっています。
    顔のスタンプのイラストは主人の友人が描いてくれました。あまり似すぎないようにとお願いしました。
    写真は子どもを追いかけながら撮っていたり、邪魔が入りながらなので、なかなか思うようにならないんですけど上手くなりたいです。

  11. おおがみ より:

    今年こそ、今年こそと考えつつ、今年もりんご狩りへは行きませんでした。
    おいしそうです&うらやましいです。
    個人的には、1年を通して、りんごができていく様を追ってみたいものです。

  12. ★おおがみさん より:

    連休、従姉の家に遊びにいったら、「りんご狩り行ったら~。」と声を掛けてくれたんです。遊びにいくのでいろいろな体験をさせようと思ってくれていたんだと思います。
    りんごや柿、1年を通して成長をみていくっていいですね。私も勤めていたとき、子どもたちと週に1,2回近所の畑の傍を通って、子どもたちと野菜の生長を楽しみましたが、今はその畑も無くなって家が軒並み建ってしまいました。
    でもうちの周辺ではなかなかそういう機会にも恵まれず・・・。収穫を体験できて子どもたち、大喜びでした。
    お芋掘りに通じるものがありますけど~。