土屋鞄「かばんねこのせんすいかばん展」へ

アンの元に1通のハガキが届きました。
アンがランドセルを買った土屋鞄製造所からです。

土屋鞄製造所からのはがき

ランドセルと一緒に届いた1冊の本。 (土屋鞄さんからのプレゼントです♪)

「かばんねこのせんすいかばん」という素敵な1冊の絵本には、「かばんねこのにがおえ」を送ってね。という用紙が入っていて、アンも絵本を読んですぐにかばんねこの絵を描き、投函したのでした。

かばんねこのせんすいかばん

絵を送ってしばらく経ってから届いたこのハガキは、
「かばんねこのせんすいかばん展」のお知らせが・・。
こどもたちの絵と絵本の原画の楽しい展覧会・・とあるではありませんか!!
アンの絵も展示されているかも!

この絵本、普通に書店で売られていないのが惜しいくらいの完成度の高い絵本で、絵もすごく素敵なんです。
かばんに因んだ素敵な物語です。

かばんねこシリーズはこちらが3冊目で、シリーズの本も売っていたので、買ってくれば良かったと後悔。
原画については、お出掛けする方のお楽しみにしておこうと思います。
コーナー的には僅かなスペースなのですが、絵本を作るって大変なことだなぁ、と。原画もやっぱり素人が真似できるような感じではなく、そのまま飾っても素敵なくらいなんですよね~。

それから案内にあるふたつのワークショップにも興味を持ちました。
6/7(日)は「ぼく・わたしだけのせんすいかばんを作る」。
潜水艦の型の台紙に革をペタペタはって装飾できるというモノ。すご~く楽しそう♪

というわけで出掛けてきました、土屋鞄製造所の門前仲町にある童具店(ランドセル専門店)へ・・・。

童具館の看板

実は私、この童具店へは初めて出掛けました。
アンのランドセルはいろんな事情により、直接観ることなくオーダーしてしまったのです。

こちら(ヌメ革キャメル)なのですが・・・、手に入れるのに争奪戦になることは覚悟。
前の年にもチェックを入れていたのですが、あっという間に売り切れてしまったのですよ・・・・。

こちらのランドセルのカラー、明るくてとても上品な色合いです。
ひとつ下(年長さん)のママにも、同じ物、買ってもいい?と言われているくらい好評。
たまたまだけど、アンの周辺は土屋鞄のランドセルのお子さんが多かったんです。キャメルのお子さんもいたけれど、そちらのお子さんは牛革キャメル。ヌメではありませんでした。
微妙に色は違うけれど、同じような感じ。
ヌメ革キャメルは色の変化もあるというけれど、これからどう変わっていくのかな~~。

このランドセルについては過去記事をどうぞ!>>こちら

今更だけど、実店舗を観られる絶好のチャンス!だったのですよ~。

童具店

私たちが到着したのは開店前。
看板が上の方にあるから、お店の前を素通りしちゃったけれど、時間になってお店が開いたら、ここがお店ときづいたのでした。ドンマイ!

一昨年秋にオープンしたばかりのこちらの童具店は木の質感の漂う癒しのショールームです。

童具館ランドセル

1階にはいろんなランドセルがあって、ショールームになっていました。

ミニランドセル

噂に聞く、ミニサイズのランドセル
これはブラウンです。

お値段は・・・¥12,000くらいだったかな。

ミニランドセル

3歳後半のレオ(大きい方です。)にはちょっと小さい感じですね。
小柄なお子さんにだったら、似合うかな~。

中もきちんと開けられる本当に普通のランドセルをそのまんま小さくした感じです。
飾っておきたいくらい可愛い♪

かばんねこの絵

アンの絵はどこにあるかな~~♪
1階、2階と展示してある絵をみて、アンの絵も見つけましたよ~。(ちなみにこの画像の中にはありません~。)

2000通もの、絵が送られてきたんですって!

ワークショップ

2階のワークショップにも参加!!

ワークショップ

予め用意された、カラフルな革やかばんねこのイラスト。窓のイラストなどを糊でペタペタ~。
革はいろんな形に切ってあります。四角や、海藻の形、カタツムリの形、ワニやかえるの形・・・。

2階のキシルの天然無垢の木の学習机も展示されています。
無駄な物がない感じでリビングにおいても良さそう・・・、質感も良くて私が欲しくなってしまう感じでした。いかにも・・な学習机は嫌いなんだけど、これなら欲しいくらい。

お店の前で

ワークショップに参加してできあがった、それぞれのせんすいかばん。
楽しかったです。

今度はレオのランドセルの時にお世話になろうっと~~。

ちなみに6/14(日)絵を描いてオリジナル布バッグを作ろう!というワークショップがあります。
布バッグに自由にお絵描きできるワークショップです。
ランドセル館にご興味のある方、この機会に是非お出掛けして下さいね。

土屋鞄製作所 童具店(ランドセル館)
http://www.tsuchiya-randoseru.jp/store/monzen/index.html

東京都江東区富岡1-2-9

電話番号 03-3630-0021

営業時間 10:00~17:00(9~3月)、11:00~17:00(4~8月)

毎週火曜日/定休日
※火曜日が祝日に当たる場合、振り替えて翌日を定休日。
※その他夏季休業・年末年始休業

6/18(木)~21(日)までは臨時休業です。

コメント

  1. みずたま より:

    はじめまして。
    ヌメ革のランドセルで検索していてこちらへたどりつきました^^
    いまちょうどランドセルを検討中で、
    ヌメ革を悩んでいます。
    お使いになってみて、
    傷の具合や使い心地などはいかがですか??
    親子でとても気に入っているのですが、
    なかなかふんぎりがつかなくて…。
    お教えいただけるとうれしいです^^
    よろしくおねがいします〜。

  2. あおい より:

    ★みずたまさん
    こんにちは!ヌメ革のランドセルの件、実は先日もコメントで質問を受けましたので、コピペさせて下さい。↓
    >アンのクラスにヌメではない土屋の牛革キャメルのランドセルを使われているお子さんがいるのですが、色は少ししか違いません。ぱっと見はわかりません。防水ではなくても撥水で雨は滴になります。ただ1年生のうち、娘の学校では黄色いカバーをしていますから、キズになりにくいかな。
    娘は荒っぽい方ではないのですが、ヘリなどはやはり少し削れています。キズが出来た場合は付属の塗料で3ヶ月に一度ケアするとそこから水が入るのを防いでくれるそうで、今のところ大きなキズもなく、使っています。見た目は上品ですが、ヌメ革のそのものとは色は違いますよ。既に飴色になったヌメ革だと想像して下さい。だから色の変化もしていくとお店の方は言っていましたが、今のところ感じるほどの変化はありません。
    でも軽くてしっかりして縫い目もキレイ。造りは良いですよ。それにキャメル色のランドセルも他社でたくさん出てきていますが、やっぱり金具がシックで素敵です。
    ただ、ランドセルって結局は親やその子の自己満足で、ひとりひとりのお子さんのランドセルを比べているわけではありません。
    カバーを掛けているところと掛けていないところでの色の差は今のところないですよ~~。他に何かお伝えできることがあったら質問して下さいね。
    付け足しますと、土屋の牛革のキャメルとも色の差はあまりありませんが、ヌメの方がさらさらすべすべって感じで、牛革キャメルは牛革の筋があるというか、ざらざらとしています。
    大人受けはとても良いです。ヌメ革キャメルは女の子が多いですが、男の子でもカッコよく使えるカラーだと思いますよ~。
    ちなみに娘自身も大人っぽいし上品だと気に入っているそうです。
    ★追加★
    昨年モデルは撥水加工されていましたが、今年はどうもそうではなく、一昨年のものと同じタイプみたいですね。撥水加工がヌメの風合いを消してしまうと判断されたのでしょうか・・・。
    もしかしたら防水性は娘の使っているものよりも弱いかもしれません。今年度は撥水スプレーを使うように勧めていましたが、昨年度はメンテナンスクリームというか液体が付属品になっていました。
    この辺り、気になるようでしたら直接土屋鞄にご連絡して確認された方が良いです。

  3. みずたま より:

    早々のお返事ありがとうございます^^
    実物も見てきたのですが、本物のヌメ革というよりは、
    加工して使いやすくしてあるという感じですよね。
    それでも、牛革のキャメルに比べると、
    ぜんぜん色や質感がよかったので、
    やっぱりいいなーと思っています^^
    昨年のものと撥水性が違うのかまでは確認してなかったので、
    土屋さんの方に聞いて、検討してみることにします。
    いろいろありがとうございました☆

  4. あおい より:

    ★みずたまさん
    コメントを読んで下さったのがわかり、ホッとしています。そうですね、ヌメ、手触りが良いですよね~。私のお友だちでも今年年長さんの方が迷っていらっしゃいます。ママの方はヌメが良くて、パパはヌメのシミやキズを気にしていて牛革がよいと言っているのだそうです。
    みずたまさんのお嬢さんにぴったりのランドセルが選べますように!!