エスニック炊き込みごはん

ちょっとばかり忙しいので、また夕食ネタで・・・。
今、ブログのあちこちに不具合があってメンテナンスをしたいのですが、担当の夫が忙しいので、もうしばらくお預け状態です。すみません、よろしくお願いします。

昨日の夕食は栗原はるみさんのレシピより2品。

私の贈りもの―とっておきのレシピをあなたに
栗原 はるみ
文化出版局
売り上げランキング: 53,975


IMG_6497

エスニック炊き込みごはん

香味にパクチー(香菜)、セロリ、白ごま、豆板醤などの合わせ調味料を用意しますが、炊き込みご飯だけで充分おいしいのです。
お子さんたちなら、御飯だけ。大人はお好みで香味と合わせればよいかと思います。
雑事が多かったので、いろいろ作る時間がなかったのですが作り方は簡単。
それでいて楽しめる味わいだったので、リピートしちゃいそうです。
ご飯には干しエビとお肉、それに味をつけるための調味料が入ります。炊き上がったら、もやしを入れて蒸すんですけど、いい具合にもやしに火が通り、しゃきしゃきと存在感を放ちました。

手前のおかずは、きのこ類とこんにゃくなんですけど、ただ調味料で合わせ炒めるだけで立派に一品。塩分もさほど要らないし、低カロリーなのでリピしています。

IMG_6496

とりわけ前はこんな感じでした。
炊飯器の土鍋釜ごとご飯をだし、ティファールのフライパンごとおかずをだし、豪快ですよね。土鍋釜だからこそ、こんなことができるです。

我が家は8合炊きのタイガーの↓の旧モデルを使っていますが、デザイン、カラーはこちらと一緒です。どこが新しくなったのか・・、吸水時の加熱量を従来の2.1倍にアップ!!だとか、新しいモデルの方がはるかに美味しいのかしらっ??
デザインもシックで気に入っています。


取り皿に好きなように取って貰いますが、子どもたちはバランスよく食べているか、私自身の目でチェック!!
レオなんてパクチーを山盛り持っていました。

今年はワリと小まめに記事書きしていますでしょう??
頑張りますね!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする