お料理レシピの管理

お料理本たち
(お料理本たち・・)

台所の戸棚の中のお料理本たち・・・、ちょっと出してみただけでもこれだけありました。
加えて、雑誌の付録のレシピ本やレシピカードのストックも入れると毎日1品ずつ再現したとしても何年掛かるでしょう?

作ってみて、コレは美味しいというお気に入りレシピもあれば、う~ん、はずれ・・・、というレシピもあって、でもどこにどのレシピがあったか忘れてしまうって事ないですか?

結婚して料理を毎日のように作るようになって浮上した新たなそんな問題、当時暇人だった私が考え出したのはアナログ的な整理でした。(今だったらPCで管理するだろうなぁ。)
これが結構便利ですのでご紹介します。

食材別料理本参照リスト

(食材別料理本参照リスト)


じゃ~ん!!
こちらです。その名も「食材別料理本参照リスト」

私の場合、冷蔵庫などのストックを参照に献立を考えます
というとカッコがいいですが、要するに家であるもので間に合わせたい、それで作れるものをぱっ、と探す為のノートなんです。

例えば、大根。
大根のお料理で何か家にある材料や調味料で作れるものはあるかしら~?というときに「大根」のカテゴリーを探すのです。

このノートにはカラーインデックスが付いていますでしょ。
これで色別に大きく素材を分けています。

・・乾物や加工食品など
・・肉類
・・主食(米、パスタ、うどんなど)
・・魚介類
・・根菜類

です。従ってデザート系の整理はしておりません。

ノート1

キャベツのページです。

このページにはキャベツが多く使われるメニューのリストが書かれています。
一番左側には料理名
赤ペンで書かれているのが、その料理のレシピのある本のタイトルと参照ページ
一番右に書かれているのはキャベツ以外に必要な食材や調味料
家に絶対あると言い切れる、塩、砂糖、醤油、味噌あたりは省いています。
酢やごま油も常にありますけれど、もしなかった場合、代用が利かないなぁ、というものだったら一応記入しています。

リストの一番上には「キャベツ巻きの酢漬け」ってありますね。
はは・・、これはちょっと作ったことがなかったわ。
これは「夕食の献立435」というタイトルの本の7ページに作り方があるようです。
そして、必要なものはキャベツ以外に、にんじん、わかめ、酢、ごま油、唐辛子が要るとわかるのです。

他にキャベツでは何ができるかしら。
キャベツとじゃが芋で何か出来ないかしら?
あ、冷蔵庫に~もあったわ。
なんていうときにはコレをにらめっこして献立を考えます。

(字が汚いのは自分が読めればいい、という感じで殴り書きなので勘弁して下さい!)

豆腐

豆腐のページです。

豆腐なんて冷奴か湯豆腐でいいじゃない、って思われるかもしれませんが、いろいろなお料理がありますから・・・。

麻婆豆腐なんていろいろな本で作り方があるんですけど、調味料の使う種類が全然違っていたりするんです。あの本のレシピだったら今あるものでも作れるかな、とか、今日はあちらの味の方が食べたいな、とか、そういったこともさらっと調べることができます。

米

お米のページです。

これもチャーハン、ドリア、リゾット、パエリアなど、お米が主役なレシピを管理しています。

このノート、レシピだけでなく、乾物など、ちょっと普段なじまない食材の取り扱いについても調べられるようになっています。
例えば、「高野豆腐をもどす。」とか「大豆のゆで方」等についても参照できるようになっています。

リフィルを足せば、どんどん増えても対応できるので、便利便利。
勿論、私もあれだけ本がありますので、全てこちらに記録できているわけではないのですが、かなーり活用しています。

今の私だったらPCで管理したんだろうけど、今から5年以上前に始めたことなんですよね。当時の私はPCはメールの送受信と検索くらいしか使えない人だったのです。
そんなわけで、私のハウスキーピングのお話でした。

ちなみによく作る料理や、お気に入りはリストのトップに目印をつけています。 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする

コメント

  1. もね より:

    あおいさん、ここまで筆まめだったとは!!驚きです。
    材料から見る索引を作ってしまっているなんて!しかも丁寧に
    書き込まれてる・・・。
    昔、授業でまるごと1冊の本の索引をつくったけど、すっごい面倒だったよ~。大雑把な私には真似できません。
    あおいさん凄いです。主婦の鑑だわ~。
    遊びに行ったときはメニューとして、そのノート見せてください!レパートリー増えていいですね。

  2. ★もねさん より:

    このノート見る方はしょっちゅう使うのですが、書き込む方は怠っています。
    ノートの整理とか好きで、試験前にノートの整理ばかりして頭に入っていないクチでした。
    メモ魔はたぶん母からの遺伝です。
    最近、料理は手抜きばかりだから、レパートリーも増えないんですよ・・・。
    でもこのノートは重宝しています。

  3. ラベンダー より:

    レシピの整理とてもまめにしていますね。私もレシピにはこだわります。6人家族で息子夫婦と一緒に住んでいますので食事は私が作っています。レシピの本はついつい買ってしまいますが、その中に気に入っているのはいくらもなくてがっかりすることがあります。今はパソコンで管理しています。孫が生まれたとき寝てばかりいるようなときに、パソコンに向かいこれまでのノートからパソコンに入れましたそれから6年、分類しています(ごはん、中華、豆腐、とかいろいろありますが)この前数えてみたら1400ぐらいありました。全部作るわけでもありませんが、驚きました。息子には「お母さんの財産だね」といわれ「ああそうか」という感じです。「食べることは生きること}だと思います。
     
    わたしは友の会の会員です。無理をしないでいます。やはり「継続は力」だと自分を信じています。

  4. あおい より:

    ★ラベンダーさん
    初めまして!コメントありがとうございます。私は料理上手でもないのに、レシピ本が増えてしまい、その後レシピの管理は中途半端な状態です。それでも食材に合わせて作りたい物を探すことが出来るので、このレシピの管理はとても重宝しています。パソコンで管理するのも良いですね。私も実はパソコンで管理することを検討中です。
    友の会の会員さんでいらしゃるんですね。私も友の会に興味があるのですがこの春息子が卒園してから活動の見学に行ってみたいなぁ・・と思っています。
    日々の家庭生活をきちんと出来るように・・・と今年は思っています。

  5. ラベンダー より:

    お子さんが卒園の時期は何かと忙しいので一段落したら、ぜひ友の会に連絡を取って、見学に行ってみてください。私は娘が3歳息子が1歳の時に入会しました。いまだに家計簿をつけることは苦手ですがこのごろはパソコンでするときもあります。(合計出すのが簡単なので)でも日記のように記録に残るので不完全ですが家計簿にも記帳しています。今から家計の基礎を学べばいいのではないでしょうか、
    友達も増えますし、精神的なことも学べます。人に左右されない人にもなれますしね。私がいつも言われてきたことです。
    いろいろ見学するといいですよ。たとえば月1回の例会、近くの人の集まる最寄会などなど・・・。
    私は新潟市に住んでいますが今50センチぐらい雪があります。大雪です。長靴でないと動けませんそれで昨日から靴下編を始めています。最後まで行くかどうかわかりませんが、普通の靴下では足がつめたくて大変なのです。

  6. あおい より:

    ★ラベンダーさん
    ありがとうございます。私も上の子が3歳か4歳の時に、家計簿講習会に出掛けているのですが、その時は友の会の家計簿の付け方が難しそうに思えて、拒否反応を起こしてしまい・・・・。素直に頭に入りませんでした。同じ講習会を先日行く機会があったのですが、その時は素直に受け止める機会になって・・・。同じ地区の同じ内容なのに今になったらしみじみと自分に必要な事ではないかと、思えたんです。ですが、その後もっとお話しを伺いたいと思いつつ、教えて頂いた日程は全て幼稚園のボランティア活動等で予定が入っており、そのままになっている状況です。
    ミーハーで過ごしてきましたが、年齢に相応しい落ち着きを求めて、勉強できる場所を探しています。新潟は50㎝も雪が積もっているんですね・・・・。
    私は神奈川に住んでいますが、今年はとても寒く度々雪がちらつきます。どうぞ、また色々教えて下さい。
    婦人之友社の家計簿を真面目に付けています。ポイント利用で買った場合の扱いや、カード払いの場合など、扱いや分類に戸惑うことも多いのですが、当座帳と分けることで見やすい家計簿だなぁ、としみじみ感じています。