粘土遊びの展開と母の日のプレゼント話

粘土遊びの展開ともいえるでしょう。
先日幼稚園でクッキー作りをしました。
クッキーとはいえ、生地作りをしたのではなく、形の方を作るのがメイン。

クッキー

アンが作ったのは「きりん」です。
しっかり焼いてもらってお持ち帰りでした。

クッキー作りは年長クラスの「母の日のプレゼント」でチャレンジしたことがあります。
生地を作るところから始まって、ココアパウダー入りの茶色い生地とプレーンの生地の2種類を使って、ママの顔をクッキーで作ります。
こちらは幼稚園教育要領五領域でいう「表現」粘土遊びの展開になります。

それを保育終了後、数時間かけて焼きます。焼いて台紙にのせて見えるようにラッピング。ティーパックもおまけにつけて、「いつもありがとう。」のメッセージと子どもからのききとりのメッセージをプレゼントしていました。(アンの幼稚園では残念ながらききとりはありません。)

最近は卵のアレルギーのあるお子さんもいるので、卵を混ぜないものを用意することもあるようです。

ききとりではひとりひとりの子どもから「おかあさん」のことを聞きます。それを子どものことばそのままに書きとめて、メッセージカードに書き込むのです。(これは持ち帰りのお仕事になります。とても園での仕事では終わりませ~ん。)

どんな風にききとりをするのかといいますと、
・どんなおかあさんか
・おかあさんはどんな仕事やお世話をしてくれているのか
・おかあさんのどんなところが好きか
・おかあさんの好きなこと(趣味など)
・どんなおかあさんでいて欲しいか
・おかあさんとどんなことをしたいか
・おかあさんにどんなことをしてあげたいのか

こういったことを聞いていきます。父の日も同じような感じでメッセージをつけていました。
幼稚園教育要領五領域「言葉」の分野ですね。(しょっちゅう出てきますね。すみませ~ん。)

3年間、ききとりをしていると子どもの言葉の表現の広がりを感じます。
このききとりを楽しみにしている親御さんはとても多いです。
ききとり→清書は大変ですが、つい頑張ってしまいますね~。

PICK UP!
3月一杯でネット販売を終了するクロックス
ケイマンの次に欲しいのはやはりメリージェーン



crocs mary jane メリージェーン

crocs girls mary jane ガールズメリージェーン

コメント

  1. ドラ衛門 より:

    腱鞘炎を押し切ってスキーに行ってる場合ではありませんが、ご心配ありがとうございます。
    ブログへも掲載しましたが、化粧水のイベントを中止する事となりました(泣)ので、お知らせします。
    あおいさんのブログへのコメントも滞っていてスイマセン。
    見て(読む)はいたのですが、PCのキーを打つのが大変でしたので・・・。
    しかし、あおいさんはスゴイ!ですね。
    ブログの更新は完璧ですね。尊敬します。

  2. ★ドラ衛門さん より:

    大変でしたね。
    まずは腱鞘炎・・・。もねさんは重症だったらしいけど私も長女の出産後、身に覚えが。抱っこできずに授乳した覚えがあります。まだ実家に世話をして貰っていたので、良かったんですが、ドラ衛門さんは大変でしょう。
    化粧水のイベントも残念ですが、気落ちなさらないで下さいね。しかし7Lも樹液が必要で、取れない可能性もわかるなんて私には到底想像もできないことです。
    私は専業ママでいたずら息子さえかわすことが出来れば、自由になる時間はたくさんあるので、コメントも無理なさらず読んで頂けるだけでも大歓迎!!です。
    ここのところはしょちゅう園に行くことが多い上、やらなければならないことも溜まっていて、実は記事もスムーズに書けないでいます。書きたいことは溜まっているのに、書くには時間がかかるという内容が多くて手付かずです。
    とにかくお大事に!!