世界の子どもたち

世界のこどもたち より

引用:世界の子どもたち―世界をむすぶぼくの声わたしの声

ほるぷ出版

年長の3学期。
勤めていた幼稚園でのカリキュラムの中に「世界のこと」というのがありました。
年長児のカリキュラムについては以前にもこちらでとりあげています。)
1学期からの流れで
1月は伝承遊びを通して日本独特の文化を意識し、日本を知る。
2月は日本から世界に目を向け、世界のお友達や文化を知る。

世界の人々に親しみ、世界の平和を祈れる人に育てたいという大きな願いがありました。(キリスト教の教会附属幼稚園でした。)
私も子ども達には日本のことを伝えるときに、常に世界と比べて話をしていたような気がします。
世界中には髪や肌、目の色の違ったたくさんのお友達、それからお祈りする神さま、服装や食事も違う、いろんなお友達がいるけれど、その違いも受け入れられる人になって欲しいと思っていました。
それから自分の国を誇れるようにと。

日本人って謙虚で卑下しすぎなところがありますよね。
それが美徳と考えられるのは国内での話。日本の良さを伝えることができる人になって欲しいです。
他の国と比べてどっちが優れているという話ではなくて、です。
相手の国の良さも受け入れられる人になって欲しいな。

それは国同士の話だけでなくて、お友達同士でもそうなんですよね。
金子みすゞさんの詩にもありますけど、「みんな違ってみんないい。」という感覚が持てる人に。

私が現役時代、世界のことを伝えるのにいろんな導入をしてきましたが、導入後、3学期になると子ども達に必ずみせた本。
それなりにお値段もする本だし、少し前の本になるので、中身をもう一度見直してから買いたいという思いがあって、ちょっと買うのを躊躇っていたのですが、買ってしまいました2冊!!!大型本です。(本のサイズ:約31×24.5センチ)

古臭さを感じるかも(1冊目は1995年に出版された本)・・という不安は読み直しても感じず、購入して本当に良かったと思える2冊なのです。

1冊目。

1冊目のこちら。
ユニセフの50周年を記念して出版された本なのです。
2年間掛けて、写真家と教師が世界30カ国以上を訪れ、いろんな子ども達にあってきたのです。
その国々の服装、食べ物、その子どもの好きな食べ物、遊びや住居などを伝えています。

ニューヨークやモンゴル、アマゾン、様々な都市や地方の町や村、いろんな部族の子ども達。中には僧院や孤児院に住んでいるお子さんも紹介されています。

エスタ マサイ族

引用:「世界の子どもたち」ほるぷ出版

エスタはタンザニアに住むマサイ族の12歳です。

モンゴル

引用:「世界の子どもたち」ほるぷ出版

エルデンネはモンゴルにすむ10歳です

世界中の子ども達がこんな風に紹介されています。
文章の方は3年生くらいまでに習う漢字には振り仮名がついていませんが、少し難しい字については読み仮名がついています。

2冊目。
こちらは実はつい最近まで存在自体を知らなかったのですが、本屋で出逢って、もう嬉しくて!調べてみたらアマゾンではマーケットプレイスでしか手に入らないようです。

1冊目と同じ写真家、文担当のコンビで12ヶ月世界を旅し、作られた本です。
世界のおまつり、をテーマとし、そこから世界の国々の文化や宗教を伝えています。

中国のお正月

引用:「世界のおまつり」 ほるぷ出版

中国のお正月。
9歳のマンポ。中国のお正月は2月(旧正月)で15日間お祝いが続くそうです。

エンクワラ

引用:「世界のおまつり」 ほるぷ出版

エンクワラは10歳のムサンゴンベの住むザンビアの東部、エンゴニ族の儀式で、その年に最初にとれた作物をささげつ儀式です。ムサゴンベは最年少でこの踊り手に選ばれました。

・・という感じで、世界のお祭りが取りあげられています。
日本のひなまつり、子どもの日。それからアメリカのハロウィーンや感謝祭、クリスマスという比較的馴染みのあるお祭り以外に、イスラムの断食明けのおまつり、スリランカの象のおまつり・・・、この本を見るまで全く知らなかったような世界のお祭りも含めて23紹介されています。

お祭りってどれもその国の文化のエッセンスを感じるというか、とても華やかでみていてとても楽しいのです。どちらの2冊も本当にオススメです!!

コメント

  1. あまりにもダイレクトなコメントなので掲載は吟味してください。批判を行ったわけではなく、コメントなので!
    世界の子供たち!
    いろんなものを吸収し、発信していますね!
    ガンバリ屋さんなのですね?
    ガンバリ屋は頑張り過ぎる傾向があります。
    何故が?O型の血液の人はバカ調子が多いみたいで体を壊す人が周囲におおいです!
    話は変わりますが!
    掲載されている雑誌はみなきれいで
    衣装もとてもきれいですね!
    これは一般なものなのでしょうか?
    あまりにも作られすぎて、
    ちなみに、アメリカのYahoo等立ち寄ってみたらいかがでしょう?アメリカの子供たちの好みがわかります。日本よりシンプルなおもちゃが数十年変わりなくカタログに掲載されています。日本と大違いに感じます!
    お勧めは、S&SやMusiam.box等アメリカの子供の文化を知るのに最適なショップです。日本国内で作っているが、売っていない商品が手に入ります。
    S&Sはまだアメリカからメールが入ってきますが、
    ニューヨーク、ミュージアムボックス(オルゴールの専門店)が連絡途切れました。
    もしURLをお解りなら教えてください!
    よろしくお願いします。

  2. あおい より:

    ★沖縄海岸日記waさん
    絵本の写真が美しすぎるのかな。私もそれが一般的なのか正しい判断はできませんが、「おまつり」については特別な格好をするのはある程度納得ができます。晴れ着でしょうからね。
    「世界の子どもたち」の方は日本やアメリカ、ヨーロッパや中国などは一般家庭のお子さんを取りあげていると思いましたよ。
    私も記事なので、自然に写真映えするページを選んでいるのかもしれませんが・・・。
    世界にはいろんな子ども達がいますよね。貧困で苦しんでいる子ども達もいます。その子ども達のことを伝えることも必要だと思いますが、この本はそれが目的ではないですね。
    私のねらいは世界には日本とは違う肌の色、目の色、髪の色を持つお友達が、いろんな文化を持っていると言うことに気付いて欲しいということでした。先ずは違いを受け止めて欲しいと思ったのです。
    違っているお友達でも、自分と同じような夢を持ったり、好きな遊びがあったり、そんなことから、段々と、実は戦争の最中の国にいたり、食べるものがなくて困っているお友達もいるのだ、ということを段階的に伝えたいと思ったのです。
    勤めていた先はキリスト教の教会附属幼稚園でしたから、クリスマスシーズンになると子ども達が献金箱を作りそこにお金を少しずつ貯めていきました。それはお手伝いなどをして集めたお金です。献金は幼稚園を通し、世界の貧困国のボランティア団体に多くを寄付していました。(具体的な内容については園を特定されることに繋がりますので、ここではお話ししませんけど。)
    興味を持つことがまず第一歩だと思うので、この本を紹介しました。
    で、ちょっと気になったんですが、私、血液型のお話しましたっけー?
    沖縄海岸日記waさんの推測ですか???
    私、O型なんですけどー。あれ~?ふふ、でも頑張り屋じゃないらしいですよ。周りの評価では。
    自分ではすごく無理して頑張っているつもりなんですけどねぇー。
    それからおもちゃなのですが、日本のおもちゃはポリシーがなすぎ。
    全てではないですが、多くが商売本意で子どものためのものではないと思います。
    結局高くは付くのですが、私なりのおもちゃ観があって、木の玩具を中心に子どもに与えています。
    アメリカのショップのことはまるで詳しくないので、ぜひチェックしてみますね。オルゴールの専門店についてはもしかしたら日本のオルゴール美術館が情報を持っている可能性もありますよね。私は詳しくなくて・・すみません。
    私は英語が殆どできないので、英語で検索することはよっぽど切羽詰まらないとないのですが、やはり英語が出来ると得られる情報の量が違うなぁ、と思います。なんとかしたいのですが、良い勉強法ないでしょうか・・・。

  3. 頑張ってコメントお返しいただいてありがとうございます。
    血液型ですが実は私もOなのです。
    分析は最近はやりの出版物がありますので!
    英語ですが私も全くわかりません!
    アメリカの友人が全く日本語を話せないので
    頑張って勉強しましたが身に付きませんでした。
    お互いに自国語で会話して意外と通じました。
    子供たちは全く言葉に関係なしで自由に遊びまわっていました。
    たぶん目で喋ることができるのか?
    なぜなら病院勤務で検査のとき泣き叫ぶ子供は、しゃがんで目線を子供より低くしてあげると泣きやんで検査を受けてくれることが多かったです。
    0歳以下の乳児も同じ反応を示していました。
    しかしパニックに陥る前に接するのがコツでした。
    私の同僚はいつも私の姿を見て笑っていました。
    幼稚園の教諭のあおいサンならおわかりいただけますよね!
    アイコンタクト!もう一つの世界共通のコミュニケーション?
    偉そうなことを書きました。
    いい気になって突っ走るO型の特性か?
    それではまた。

  4. あおい より:

    ★沖縄海岸日記waさん
    私分析されちゃったんですね~(笑)。
    分かりやすかったですか??
    血液型はまだしも、分かりやすい性格みたいです。裏表もあまりないですし。ただ、最初はちょっとだけ人見知りをするので、営業スマイルのように大抵ニコニコしています。
    そうそう、私も分析系の本、図書館にリクエストしているのですが、まだ回ってきていないんですよ~。早く回ってこないかしら?
    私、英語はコンプレックスが先に立っちゃってほんと、ダメ。
    先ずはハートアタックが必要なのかも。無人島に外国の方とふたりっきりになってしまったら、頑張ります。
    子どもは大好きです。そうそう、目線を合わせること本当に大切です。
    年長児なんて、目で叱る時もありましたよ。
    いつも楽しいコメント、うれしいですよー。
    私もブログの記事、突っ走っていることあるでしょう。ふふふ(^-^)/
    考えの道筋が分かるような文は好きなのです。仲間ですね~。