台湾土産の話と「世界」について

Tさんから手土産

先日、お友達のTさんが遊びに来ました。その時のお土産がこちらの台湾土産
でも、これ彼女が台湾に行ったわけではなくて、彼女の幼なじみファミリーが台湾に赴任中で、日本に帰ってきた時のお土産のお裾分けななんだそうで。

台湾というのは近くて遠い。
世界地図で見ても、台湾という文字や国旗が探せないのはご存じでしょうか。

私が幼稚園に在職中、世界の国々を取りあげたことがあったんですが、その中に「世界展」として世界の国のものを在園児の家庭から集めて展示したことがあったんです。

その時、台湾のものを持ってきて下さった方がいらっしゃいまして・・・、
幼稚園には国旗の絵本などもありましたが、台湾の国旗は載っていないし、世界地図にも「台湾」の文字がないことに気付きました。(稀にあるものもあります。)

上は数ある国旗の紹介絵本でも幼稚園で一番使っていた国旗の絵本。(他の種類も何冊もありました。幼稚園ですから。)何冊も用意していました。
この絵本をみながら、子ども達は運動会の万国旗の絵を描いたりしました。こちらにも・・・、台湾の国旗は載っていませんでした。ページ1枚に大きく国旗。非常に美しい。さすがデザイン研究室の出しているもの、という感じでした。

なぜなら、日本とは外交上は直接国交がないからなんです。そうはいってもいろんな交流はあるんですけどね。表向きの話です。簡単にいうと中国に日本が気を遣っていると言うことなんです。
微妙なことなので、詳しくは私も明言を避けますけど。

形式上は国交がないために、情報が得にくかった国で、台湾の国旗を調べようとしても見つからなかったんです。いつの時代だ、って思われるかもしれませんけど。台湾の国旗を在園児が持ってきてくれました。なんでもパパさんが台湾に赴任していたことがある、ということでした。

私がいた園では年長さんの3学期頃、世界についての活動があったんですね。
その保育の流れについては

年長さんのカリキュラムの流れ
世界の国旗と年長児のカリキュラム

のふたつの過去記事でも触れていますので、ご興味のある方は良かったら一読いただければと思います。

いつも遊びに来て下さる方はご存じだと思うのですが、この夏、我が家ではハワイに行くことになっていまして、その事もあるので、アンとレオには自分たちの住んでいる日本と、その他の国、というのを理解していけるようにいろんな心がけをしています。

今の子ども達は私が子どもの頃より、ずっと外国が身近なものになっている気がしますね。

さて、冒頭のお土産に戻ります~。
お土産2品。

左のはきのこのスナックです。干し椎茸ほど乾燥しているわけではなく、かりっ、と揚げてあるんでしょうね。
油っぽさは感じないんですが、ポリポリ、いけます。
思っていたよりえぐくはなく、しつこい味ではないし悪くもないんですが、微妙なきのこの出汁っぽい感じでいっぱい食べられなかった。パパに「食べる?」と聞いたら、パパのお酒(といっても発泡酒)のつまみになりました。
こんなの初めて食べました。ちなみに下さったお友達はコレがすごく好きなんだそうで。

右のはパイナップルのケーキ
どこかで食べた気もするんですが、ではどこで食べたかというと思いつかない。
パイナップルがたくさん入った、パウンドケーキに近い感じです。これがすっごく美味しい!!

駐在の方ってさすがなお土産を選んできますよね。

台湾はむか~し、中国から有名な料理人をたくさん連れてきたということで、グルメな国だと聞いています。いろんな料理が美味しく、と。
台湾のテレビなども随分、日本でも知られるようになりましたよね。

私的にはその国を知る→相互理解→うまくいく、という単純な頭があるんです。
子どもにおろす時にはまず身近な国に興味を持つことを勧めるんですけど、その辺りのこと、少しずつ記事にしていきますね。

コメント

  1. cage より:

    あおいさん、こんにちは。
    それは、知りませんでした。私が大阪の
    某零細商社に勤務していた時は、台湾や
    シンガポールと貿易をしていました。
    でも、国旗って全然無関心でしたね。
    だからどちらもどんな国旗なのか
    知りません。今、慌ててネットで
    見てきました。身近な国なのに何も
    知っちゃいないのですよね。ユーロップ
    のフランス・スペインへ行ったことは
    ありますが、お隣の台湾・韓国へは行った
    ことがありません。だから、台湾・韓国
    がどんな国なのか知りません。台湾っていえば、
    私が、宮古島の行きつけのバーで泡盛を
    呑んでいた時、なにかの話の中で、台湾からの
    観光客が多いって聞きました。
    宮古島は位置的に台湾にすごく近いのです。
    だから毎週1隻の大型船で台湾の旅行者が
    大挙してやって来るらしいです。

  2. ダウンされてたのですね…。
    充分に回復しましたか
    台湾は父の育った土地なので、すごく興味があります♪
    昔、日本国台湾省時代、祖父が事業してたものですから。
    父の妹たち…つまり叔母たちは、台湾生まれで、戸籍にも日本国台湾省…と記載されています。
    「ニイタカヤマノボレ。」の新高山の近くだったそうです。
    あのエリアは、鉄道車両の宝庫だとも聞きますし、一度行ってみたいです♪
    そんな生い立ちだからか、パイナップルとかライチとか、すごく好きな父でした。
    大陸とは、ちょっと違った文化というか、何かを感じますし、どちらにも行ってみたいです。
    ブログでも、台湾の方がとても多くて、興味深く拝見してます♪

  3. ★cageさん より:

    私も場所は知っていたのに、世界地図では「台湾」って書かれていなくて空欄になっていました。カラーの世界地図の台湾のところは白地図になっていてびっくりでした。
    そして国旗。持ってきて貰うまで本当にわからなかったんです。
    当時もインターネットで調べればわかる時代でしたが、私はその時はまだ検索することがなくて、メールくらいしか使っていなかったのでした。
    cageさん、それにしても人生豊富ですねー。
    そこを生かしたブログとコメント毎度楽しみにしています♪

  4. ★ゆ~ちゃん♪さん より:

    以前、記事でそのお話しを聞きましたね。
    思い出しました。ルーツに関わるだけにぜひ行かれたいということでしたよね。
    「台湾」という国名を知らない人はいないのに、直接国交がないなんてびっくりですよね・・。
    相手を知ること→相手を理解する→相互理解
    と私の思うようになればいいんですけど・・・。人間関係も同じですよね。
    お父様のこと、台湾に行かれたらもっと理解できるのかもしれませんね。それは自分さがしのようで魅力的に感じます。

  5. yottyan より:

    そうなんですよね。台湾便は羽田から出てないですね。
    上海便はありますが。
    台湾の国旗は確かに習わなかった気がしますね。
    台湾好きですが(台北くらいしか行ってませんが)
    皆さん親切で横浜より治安がいいかもしれません。
    総督府やいろいろな場所を回ると
    日本の嫌なところも良いところも
    見え隠れします。
    台湾の方はどう心の中で思っているのかな。
    朝、大極拳やってるおばちゃんたちは
    いい顔してますね。
    ガイドブックに載ってる足つぼは
    流れ作業的ですが台湾大学のほうの
    あまり有名じゃない夜市の素朴な
    足つぼマッサージ屋さんが親切丁寧です。
    でも本当におおらかな性格の方がアジアの中では
    多いですね。(たぶん)
    パイナップルケーキは店によって味が違いますね。
    果肉が生っぽいのが好きですね。
    あまりぱさぱさはやっぱり安いです。
    きのこのスナックは試してみたいな。
    今度行く機会があれば試してみます。
    足つぼの小道試してください。痛いですよ。
    健康になりますよ。

  6. ★yottyanさん より:

    私の従姉が以前上海に住んでいましたが、そのせいだったのかしら、結構台湾にも出掛けていました。
    海外にいくと当然と思っている価値観が実は日本独特のものだったり、いろんなカルチャーショックを受けるのが楽しいですよね。ちょっとMな感じですけど。
    足つぼマッサージですか!
    それはすごく興味があります。もう、少し痛いくらいにぐいぐいやって欲しいです。なかなか行く機会がないですが機会があったら、素朴なマッサージやさんを探してみます。
    パイナップルケーキも有名なスイーツなんですね。
    私が食べたものは確かにパイナップルが生に近い感じ。それにややしっとりした感じでした。目の詰まったケーキのようですが、美味しかったなぁ~。
    誰か台湾にいく人がいたらお願いしたいくらいです。

  7. Xeno より:

    こんばんは、コメントありがとうございました~
    素敵なお土産ですね☆
    「李家」のパイナップルケーキは、
    ジャムたっぷりで台湾でも有数のお店ですよ♪
    (実は昨年一人旅して、色々調べたりしたので)

  8. ★Xenoさん より:

    このケーキ、有名だったんですね!!
    だったら、またありつける可能性もある・・・・。そう思うと嬉しいです。
    Xenoさんのコメントで嬉しくなっちゃいました。
    ひとり旅、ぜひ今のうちにたくさん楽しんでください。
    家族で行くとなると・・・そりゃもう、札束が飛んでいきます・・・・(涙)。