ハロウィーンかぼちゃプリン

この記事は公開後1年以上経過しています。
現在は状況が異なる可能性がありますのでご注意ください。

皆さん、ハッピーハロウィ~~ン!!

我が家、今年はハロウィンらしいことは全く準備が出来ず、仮装も楽しむことなく、ハロウィンの日を迎えました。
もう忙しいし、仕方ないよー、なんて思っていたのですが、

ハロウィーンかぼちゃプリン

(画像の小ささが、自信のなさを表しています。)


パンプキンプリンを作る羽目になりました。
私、あんまりおやつを作るという気持ちにならないのですが、せめてもの罪滅ぼし。
かぼちゃをこれでもか!というくらいたんまり入れました。
子ども達にも「トリック オア トリート!!」と言わないとあげませんでしたよ~~。

これを作ることになったきっかけはディズニープリンセスの10,11月号でした。

ディズニープリンセスより

引用:ディズニープリンセス 2008年10,11月号 河出書房新社

「これを作ってー♪」
というアンのおねだり攻撃に仕方なく折れたのです。(おねだりに弱い母・・・。)
すっごく忙しいんですけど??
と思いながら。我が家のパワーのないオーブンでは焼くのに表示の倍くらいの時間がかかりましたし、かぼちゃの裏ごしはやたら時間がかかりました。
裏ごしってもっと手早くできないんでしょうか???
スイートポテトの時にも手こずっていましたが。

しかし、プリンを作るのは初めてでした。
こんなに卵を使うなんて!!(カップ10個分で全卵4つに、黄身2つ)

うちのアレルギッ子たち、こんなに卵の入ったものを食べさせて大丈夫なんでしょうか・・???
作ってみて初めて分かりました。
恐る恐る食べさせるような有様です。
お菓子作りをすると、材料にどんなものがどれくらい使われているのか意識するようになるなぁ、と感じさせられました。

さて、私の作ったプリンはお味の方は良くできていましたが、のっているかぼちゃが上手に出来なかった・・・。
野菜カービングのナイフとかあったら良いのかしら?と工作として調理を捉えている私は思うのでした。
 

ホームメイド協会のカービングナイフ・・・。   
私、彫刻とか好きでした。
振り返ってみると、図工や美術の成績は非常に良かったんです。とはいえ、専門でそちらに行くほど器用でも、画力があるわけでもセンスがあるわけでもなかったのですが・・・。
そして職人のような丁寧さも持ち合わせていません。

じゃあ、何があるのかと考えてみましたら、
遊び心といいますか、
悪戯心でした。

なにか、遊び心を満たされることがしたいなー、という私にうってつけのイベントのハズのハロウィーン、今年も通り過ぎてしまいます。来年こそ!!

大山ばかりの10月が今日でおしまい!
11月からはもう少し、余裕が出てくる予定です。またいろんなネタが書けるように頑張ります。
とりあえず、3連休は北杜市へ休憩に出掛けて参ります~♪