レオ、3歳のバースデーパーティ

この記事は公開後1年以上経過しています。
現在は状況が異なる可能性がありますのでご注意ください。

トーマスケーキ


レオ、3歳になりました。
つい最近、指で”3"をようやく作ることが出来るようになった息子です。

誕生日のケーキはこちらでオーダー。レオの強い希望でトーマスケーキになりました。
ケーキ的にはいちごのケーキが良かったらしいのですが、最終的にはトーマスの形を選びました。

こちらは6号サイズのみで、チョコレートクリームと白スポンジ、サンドなしです。
リンク先にいろんなタイプのケーキのオーダー表がありますが、このトーマスケーキはフルーツが使われていないからかお安く、¥3,675です。

トーマスのお顔や車輪部分のクッキーも甘すぎず美味しかったです。さすが「ら・ふらんす」のケーキ。とても美味しかったですー。
レオはどうしてもいちごが欲しいというので、こちらで分けていただきました。3コ¥150だったかな。この時期、スーパーではなかなか売っていないのですよね。ケーキ屋さんのいちごだけに甘みは抑えた感じですが、色形は格別整っていました。
過去にはアンのケーキをオーダーしています。 
 

レオとバースデーケーキ

 
忙しい合間をぬっての誕生日パーティでしたが、私の両親も来て賑やかになりました。
私はシーフードの炊き込みごはんを作って、後は母が買ってきたお寿司やお総菜を並べてお祝いになりました。例年、この時期は忙しいのですが、大勢でお祝いして食べることに意義があると思っています。シーフードの炊き込みご飯はパーティ向けで大好評でした。これ、今年の幼稚園の運動会にも使えるかなと思っています。

私は子どものもの、となるとつい買いすぎる傾向があるのですが、今回はその辺りを意識して、

・場所を取らないもの
・発達段階にあったもの(どうしても対象年齢の少し高い物を選びがちだったので・・・。)
・頭を使うもの(我が家にはそういった玩具が殆どありません。)

という条件で探してみました。ちなみに去年のレオへのプレゼントはこちら!

プレゼントその1
よく本屋さんや図書館へ行くのですが、レオはとにかく図鑑が大好きです。
私も子どもの頃、何かの折りに図鑑のセットをプレゼントして貰ったことがあり、大好きでよく見ていたので、図鑑をプレゼントしようと思いました。
ただ、主人もシリーズでセットをプレゼントされたクチなのですが、気に入った図鑑を選びながら買った方が良いという意見。
確かにセット割引があるわけでもないし・・・。
まだレオだと図鑑の扱いも少々心配・・・。

まだ小学生向きの図鑑より、もっと年齢にあった図鑑はないかなぁ、とあれこれ吟味して選んだのがこちら。

乗り物の図鑑です。
レオが大好きな車、特殊車両、電車、新幹線、船、飛行機、飛行船やスペースシャトルまでいろいろ載っているのです。
 

のりものずかん 飛行機 のりものずかん 飛行機 仕掛け

引用:「のりもの」 小賀野 実、西片 拓史、東京消防庁田園調布消防署 学習研究社
 

大きさは普通の図鑑のサイズと同じです。
特徴的なのは写真のページとイラストのページがあり、例えば飛行機だったら、写真のページでも紹介があってイラストページの仕掛けで、飛行機の構造が分かるようになっているのです。

使われている文字もひらがなとカタカナ、幼稚園生ぐらいのお子さんが楽しめる図鑑です。
レオもすっかりこちらが気に入って、重いのに持ち歩くようになりました。

この乗り物図鑑を見ながら頭の中は、自分が乗ってみることを夢見て想像が広がっているようです。
 

プレゼントその2
りとるまみい[木のおもちゃ雑貨] さんで選びました。
ネットで購入し、息子の3歳への誕生日プレゼントです、と伝えまして包装をお願いしましたところ、こんな素敵な包装紙で包んで下さいました。
 

バースデープレゼント
 

鮮やかな青が美しい、ノアの方舟のデザインの包装紙です。
子ども達、目にスイッチ☆が!!

女の子の物はあれこれとイメージが湧くのですが、男の子のプレゼントって難しいんですよね。
母に相談したところ、「パズルのようなものは?」ということでした。
確かに頭を使うようなおもちゃが少ないかも、ということでこちらを選びました。

ボーネルンドなど多くの幼児教室で使われている人気者入門編マイティマインド レギュラー

シルエットで出来たパターンに、 タイルで形を合わせていきます。 ひとつ出来たら次の問題へステップアップ。 大評判!知育玩具の入門編!!

最初は、半円二つで円を作るといった 簡単なパターンから…。 30個のパターンを、 ひとつ出来たら次へステップアップ!出来た!の達成感を楽しみながら, トレーニングを積み重ねていきます。

商品パッケージには、 一般的に3歳から8歳の表示となっていますが、 幼児教室などでは、2歳前後から取り