歯が抜けたら・・・

アンは年長さん。
早生まれなのでクラスでも小さな方です。クラスの仲良しのお友達は背もアンより高くて、そんなお友達がとても羨ましいようなのです。

そんな中で歯が抜け替わるお友達も出てきています。既に2,3本抜け替わったお友達もいるようです。
アンはそんなお友達がますます羨ましくて、「なんだかはがいたくなっているきうがする・・」「はがぬけるのかも」と意識している様子です。
そういうアンの指し示す先をみると、奥歯だったりして。
「その歯が痛いんだったら、虫歯だと思うけど・・・。」
冷たい母だったりします。

私自身は年長になったその4月に1本目が抜けたのです。
アンだっていつ歯がグラグラしだしても、不思議は無いはず。

下の歯が抜けたら屋根に向かって(上の方へ)、上の歯が抜けたら軒下に向けて(下の方へ)投げるという風習に従って、思いっきり投げちゃいました。今はどこかの土の中で眠っているはず・・・。

大人になって、西欧ではトゥースフェアリー・Tooth fairy(歯の妖精)」が枕のところにある、抜けた歯を持っていく代わりにコインを置いていく・・・、という話を知って、やはり世界にはいろんな風習があることを感じさせられたのです。

久しぶりに絵本の紹介をします。

この絵本、私の気に入っている絵本のひとつ。
タイトルどおり、「はがぬけたらどうするの?」か、世界のお友達のイラストに合わせて紹介しています。
見開きの最初のページは世界地図。
次のページは「きたアメリカ」。そこにはアメリカがっしゅこく、カナダ、メキシコ、アメリカたいりくせんじゅうみんのユピーク、イエローナイフ・デネ、ナバホの事が紹介されています。

アメリカなら枕の下に置いておくと、妖精が抜けた歯を持っていく。
メキシコなら、ベッド脇のテーブルに置いておくと、エル・ラトンという、魔法の国のねずみが歯を持っていき、代わりにお金を置いていく、
のだそうです。
前歯の時には他の歯の時より、多めにお金をくれる、そうです。

次の見開きでは「ちゅうおうアメリカとカリブかい」。
コスタリカ、ドミニカきょうわこく、エルサルバトル、グアテマラ、ハイチ、ジャマイカ。
見開き毎に「みなみアメリカ」、「ちゅうおうアフリカとみなみアフリカ」、「きたアフリカとちゅうきんとう」、「ヨーロッパ」、「ひがしヨーロッパ、きた アジアとちゅうおうアジア」、「みなみアジア」、「とうなんアジア」、「ひがしアジア」(日本含む)、「オーストラリアとニュージーランド」の紹介があっ て、巻末に歯についての説明があります。ここも子どもに読めるように、ひらがなとカタカナで書かれています
歯の仕組み、エナメル質、歯根、歯肉などの説明があったり、歯が並んでいるイラストに、切歯、犬歯、小臼歯・・・などという説明があります。

日本のように抜けた歯をぽ~んと投げる国、他にもあるんですよ。
韓国や、タイ、ベトナム、シンガポールなど・・・。投げ方が違うけれど、インドネシアなどそう。
国によって、抜けた歯を埋めて、1年後に探し出したり、面白いです。

アンに聞きましたら、投げちゃうより、妖精さんにあげたいそうです。日本の我が家にもトゥースフェアリーは来てくれるかしら?

歯に対する興味と、世界に対する興味を両方満たしてくれる絵本で、特に年長さんはカリキュラム的にも世界について触れていくので、ちょうどよい教材にもなるのではないかと思います。
堅苦しい感じではなくて、拾い読みする感じなのも気楽で良本だと思います。

世界地図とくらべっこしながら読むのも◎。

もう1冊。

 こちらは「はじめて はのぬけた おともだちへ・・・」とあります。
こうさぎの歯がぐらぐらしだしてからのお話し。だんだん、痛くなってきてカタイものが食べられなくなり、日を追う毎に柔らかいものを食べるようになっていきます。

ようやく抜けた歯をこうさぎはどうしようかと考えます。
母親うさぎはトゥースフェアリーのお話を聞かせます。
こうさぎは、ネックレスにしてみようか、この歯でお菓子が買えないだろうか、考えるのです。
さてこうさぎはどうするのかな。

子どもなりに2冊の絵本を通して、自分だったら抜けた歯をどうしようかと考えるのでしょう。

最後にご紹介のこの絵本、洋書です。

女の子とトゥースフェアリーのお手紙でのやりとりが仕掛け絵本で楽しめるのです。

仕掛け絵本・・・、取り扱い注意です。
アンならまだしも、レオなんて危険、危険。オマケに英語。日本語に訳しながらお話しすべきでしょうか。一度きちんと完訳して紙に書き付けてから、読んだ方がいいかも・・・、と思い、本棚で寝たままです。
絵も色遣いも美しくてとても素敵な本です。

アンの歯が抜けたらどうしましょう。
投げるのはちょっともったいない気がします。
トゥースボックスを用意して、記念に取って置こうかな、と思っています。
子ども達のへその緒や、初めてカットした髪の毛、レオは初めてカットした爪、産声のテープ、生まれて間もなく取った手形などがありますが、今はいろんなものを記念に残しますよね。

素敵なトゥースボックスを見つけたので、こちらのものを買おうかな、と思っています。
清里の萌木の村の中にあります、フェラル萌木のクリスマスでもカワイイカラフルなトゥースボックスを確か¥2,000くらいで売っているのですが、悩みますね~~。

こちらで

コメント

  1. Tooth fairy – トゥースフェアリー

    Tooth fairy – トゥースフェアリー。。。歯の妖精とでもいいますか。
    欧米では 子供の乳歯が抜けたら 寝るとき
    枕の下に おいておくと、…

  2. もね より:

    こんばんは 歯の絵本、初めて知りました。
    世界の文化の比較ってとっても面白いよね~。
    こういう本、今まで縁がなかったから、とても興味深いです。
    しかけ絵本・・我が家でもNGです。壊されたらホントショックなんですよ~。
    時期が来たら・・私も買ってみようかとチェックしました。
    アンちゃん虫歯になりそうなの?それは大丈夫??

  3. こんばんは。
    ブログへの送信をいただきましてありがとうございました。
    色々と拝読させていただきまして共感する点が、
    たくさんありました。
    乳歯のこともそうですが、
    「西の魔女が死んだ」の
    内容も拝読させていただき、思わずびっくり。
    これからも楽しみに
    拝読させていただきたいと思っております。
    私のブログにも時々遊びにも来てくださいね。

  4. あおい より:

    ★もねさん
    世界の文化の比較が身近なテーマで楽しく理解できるのが、この絵本のオススメポイントです。
    仕掛け絵本は、手の届かないところにあげてあり、私が一緒に読むときだけ許可です。普通の絵本でさえ、被害にあっていますもん・・・。
    1番最初にあげた、「はがぬけたらどうするの?」は絵も可愛らしく、本当にオススメの1冊です。対象年齢は年長さん~です。
    奥歯はよく見たら親知らずが少しずつ盛り上がってきているみたいです。触ってみると肉の下に歯の存在を感じます。
    虫歯では無くて良かった・・・・。
    ご心配お掛けしました。

  5. あおい より:

    ★にじいろそらいろですさん
    今晩は!!私も教会付属(プロテスタント系)の幼稚園に勤めていたんです。モンテッソーリのことはあんまり詳しくないのですが娘の幼稚園では取り入れているので、相良さんの本などを何冊か読んでいます。
    にじいろそらいろですさんの丁寧な生活ぶりに比べると、私はミーハーでお恥ずかしい限りですが、子育てを楽しもうというコンセプトで書きだしたブログです。
    「西の魔女~」も本は読んでいなかったのですが、図書館でようやく借りることができ、読むところなんです。私も訪問させて頂きますね!!今後もどうぞよろしくお願いします。

  6. にじいろです より:

    こんばんは。
    コメント返信どうもありがとうございます
    私も教会付属の幼稚園にお勤めしておりました
    (プロテスタント=日本キリスト教団の園)
    偶然ですね。なんだか嬉しく感じています。
    子供は「こどもの家」に2歳から3歳まで
    通っておりましたが、日本キリスト教団の幼稚園に
    親の都合ともいえる思いで一杯ですが転園し今、通っております。
    またたくさんのやり取りやら。。。
    ブログを通じて交わりが出来たら嬉しいです

  7. あおい より:

    ★にじいろですさん
    子どもの家、と付くとカトリックの幼稚園ですよね。カトリックとプロテスタントの幼稚園ではちょっと雰囲気が違いますよね・・・。私は自分自身もプロテスタント系の幼稚園の出身だったし、勤め先も別の園ではありますが、プロテスタントの教会付属でしたから、カトリックの園は随分違うなぁ、と思ったことはありました。
    娘の幼稚園のネタは在園中はあまり書けないなぁ、と思っています。身元が割れてしまう可能性があるので・・・。でも幼稚園で仕事をしていた時の意識が今の私の価値観にも少なからず影響していると思います。
    今後もぜひ、いろいろお話ししましょう~!

  8. いよいよ、秋の英検!

    沼津市立第3中学、第4中学ともに中間テストが終わりました。
    第4中学は1週間早かったので、結果が出ましたが、なかなかの好成績第3中学の結果は連休明け。…