ブルーメタリックの小田急ロマンスカーMSE

この記事は公開後1年以上経過しています。
現在は状況が異なる可能性がありますのでご注意ください。

今日から短期間ではありますが家族でハワイに行ってきます。(いきさつは>>こちら
子ども達は初めての海外旅行、私もドキドキしています。ただでさえ余裕のない海外に子連れで行くことになろうとは・・・。
PCを持っていくことも思いつかないわけではなかったのですが、部屋にインターネットが引かれていないらしい。アメリカのホテルとしてはめずらしい気もするんですが、ハワイはそんなホテルが多いんです。まぁ、ビジネス目的の方が少ないからなのだと思います。
そんなわけで、帰国するまでのしばらくの間、記事の更新、コメント、トラックバックの公開など、お休みさせていただきます。

帰ってきたら、すぐに忙しくなる予定なので、夏休みの最後を満喫出来たらと思います。
 


さて昨日に引き続き、夏休みの鉄道ネタ

 

ロマンスカー MSE

フェルメールブルーの青い小田急ロマンスカーMSE(60000系)です。
今年の春デビューしたこのロマンスカー、ようやく乗車できたのはこの夏休みでした。

ロマンスカーMSE車輌横から

このMSEと今までのロマンスカーの大きな違いは、地下鉄に乗り入れるようになったということです。
実際、こちらの駅は現に大手町ですし。

ロマンスカーMSEの衝撃のお披露目、実は昨秋でした。
私はMSEの現物見たさに、小田急ファミリー鉄道展に出掛けていきました。今年もたぶん、同じ頃に開催されると思うので、チェックしたいと思いますが・・・・。結構忙しくなりそうなので、今年はどうかな~~。

その時の記事ではこのMSEのこと、詳しく書いていますので、良かったらご覧下さい。
>>こちら

今年のことはまだ分からないのですが、10月4日に小学生とその保護者を対象に、「小田急ファミリー鉄道教室」というイベントがあり、50組を招待するそうです。

保守作業の見学、体験や車掌用シミュレーターを使った扉の開閉、乗務員室見学や車内放送体験や記念撮影などもできるそうです。

う~、アンが小学生だったら応募するのに~~!

ぜひ、お出掛けされた方いらっしゃいましたら、トラックバックでも結構です、お知らせいただけたら記事を拝見に伺います。

「小田急ファミリー鉄道教室」の詳しい案内は・・・、(但しPDFです。)
http://www.odakyu.jp/program/info/data.info/3793_0288742_.pdf

 

MSE内部

 

さて、実際に乗り込んでみました。

白いVSE(MSEの前にデビューした車輌)もシックな感じの内装でしたが、こちらもそんな感じ。
通勤客も見込んでいますから、ビジネスライクな雰囲気を漂わせている気がします。VSEは記事にしていなかったのでしょうか・・・・。記憶が曖昧です。

 

ロマンスカーMSEの座席
 

ひろびろ~。

みなさん、お食事を召し上がったり、熟睡されたり、それぞれの寛ぎ方をされています。
肘掛けの部分からテーブルが引き出せるようになっています。

 

 

う~ん、天井までカッコイイー。
渋いです。
 

ロマンスカーMSE 60000系

これぞ、私の目指すプチ優雅なひとときなのでした。

小田急鉄道
http://www.odakyu.jp/