チャイナエアライン(行き)と機内食①

この記事は公開後1年以上経過しています。
現在は状況が異なる可能性がありますのでご注意ください。

ハワイ行きの間数日間で溜まった家事や用事が山積みになっています。
私はハワイに現実逃避していたのでしょうか・・・、なんて思うほどの有様。たくさんの方からコメントを頂戴している中、返信も遅くなり、皆様のサイトにも訪問できずにすみません!!コメント返信、明日させて頂きます。

あと少し、用事が片付きましたら訪問させて頂きます。重ね重ねすみません・・・・。

実はハワイでであった方にも、記事を待っていて下さる方がいらっしゃいますので、お礼も兼ねて記事を早く書いていきたいとは思っています。ただ、これまでの様に毎日更新ができるかどうかはちょっと私の頑張り次第というところなのでしょうか。

9月のスケジュールを見ましたら、ため息がでました。
これを今からこなしていくの???
という状態なのです。
あちこちに失礼しながらも記事書きは出来る限り優先させていただいています。今一番の自己開放の手段だと思うからです。
溜まるストレス、記事書きで発散という感じでしょうか。記事を書いていると癒されます。

 


さて、子連れハワイ編。
いよいよ機内です。情けない~話ですが、飛行機は好きなのに、乗るのも好きなのに、いつも飛行機に乗ることになると頭によぎるのが「飛行機事故」です。

今回たまたま図書館で目についた本をハワイに行く前に読んでいたのですが、それが、

「向田邦子の遺言」です。あら、アマゾンの評価はあまりよろしくないのですね・・・。私はそれなりに読みましたけども。

ですが、向田邦子さんのことは良く存じませんでした。名前とお顔くらいでしょうか。以前、人から
 

こちらの本を頂いてその時にどんな人なのか再確認したような状態なのです。写真をみてモダンで素敵な女性だな、と思いました。
どちらの本もご紹介すべきなのかもしれませんが、本題とずれてしまうのでやめておきます。
この向田邦子さん、台湾に旅行中に航空機事故にあって亡くなっているんですよー。

旅行前に相応しくないな、と読み終わって思いました。タイトルも遺言。
向田邦子さん、旅行前に遺言を書いていらっしゃったんです。

航空機事故なんて宝くじに当たるよりも低いそうなのですが、私の頭では長時間飛行機が空を飛ぶことが理解できていないんでしょうね。いつもドキドキするんです。実際は全く怖い目に遭うこともなく、快適に過ごしました。

行きのチャイナエアラインジャンボ747ー400でした。中に乗り込むと、少し前の機内のイメージです。きれいに清掃されていますが、今時といったらなんですが、テレビのモニターが天井からぶら下がっているタイプで、前のスクリーンにも映し出されるタイプ。
こういったらなんですが、私の学生時代に乗った飛行機がこんなタイプだなぁ、と懐かしんだくらいです。
もしかしたら中だけ古いモノを使っているのではないかと勝手に想像したくらいです。たぶん、映画なども観にくいだろうと思いますが、行きはひたすら時差ボケを起こさないために「寝ること」に専念する予定だったので、なんの支障も感じませんでした。

19:45発の予定だった飛行機でしたが、台湾から日本にきて、それからホノルルへという飛行機でした。台湾周辺が悪天候であったため、到着が遅れたことで1時間遅れの20:45発に変更になってしまったのです。

夕食を機内でと考えていましたが、子ども達は限界みたいで仕方なく空港でお菓子などをつまみながら待たせました。機内に乗り込んで離陸してしばらくはアンもレオも興奮状態でしたが、やがてレオが寝てしまいました。
昼寝もせず、夕食もせずだったのですが、もう限界だったんだと思います。

 

パパとレオ、機内にて

 

こんな状態で寝てしまいました。
離陸するまで機内はかなり寒かったので、半袖の上からカーディガンやパーカーをきて、更にブランケットでしっかり身体をくるんでいました。

主人はマスクを持参。乾燥予防です。
私はというと、機内食を食べてから→歯磨き→洗顔落としでメイクをとって、ローションマスクで怪しい人になっていました。私の方は喉はこまめに水分を摂るので心配ないのですが、肌がやや乾燥肌なのでローションを浸したマスクで防備です。ですが、いっくらしっかり浸したつもりでも30分~1時間もすると乾燥して顔からはがれてしまうんですよね。おお~こわ。そのままだったら、どんなに乾燥していたことでしょう。

チャイナエアラインの女性の客室乗務員の方達ですが、ユニフォームがチャイナカラーで、ぴたっとくるスタイル。悪くないのですが、ユニフォームのカラーが藤色とかぼんやりしたピンク系でちょっと地味なんですよね。
座席のカラーとかなり色の感じが被るのでもうちょっと派手目でもいいなぁ、と思いました。
あの乾燥したりむくんだりする機内で、きりっ、とした感じのきれいな客室乗務員の方をみるのは、女性からみても気持ちのいいものですけどね。

さて機内食。お腹ぺこぺこでした。
ハワイ行きは2回食事がでます。そのうちだいたい離陸して1時間後くらいに出る1回目の食事でしっかり食べておかないとお腹が空いてしまうので、しっかり食べちゃって下さい。

大人の食事の前に子ども用のチャイルドミール(キッズミール)が先に配られます。ありがたいサービスです。
事前にチャイナエアラインではチャイルドミールは食事を選択することができ、アンとレオは炒飯とパスタと別々の物を選びました。

 

チャイルドミール 炒飯

 

チャイナエアライン・エコノミークラス・チャイルドミール①
炒飯と海老フライ。ハンバーグ。フライドポテト。パックドリンク。お菓子。フルーツ。
 

チャイルドミール パスタ

チャイナエアライン・エコノミークラス・チャイルドミール②
パスタと海老フライ、ミートボール。パックドリンク、お菓子、フルーツ。

実はこの食事の時、レオは寝てしまったので、取っておいて起きてから食べさせました。

 

フッシュミール
 

チャイナエアライン・エコノミークラス・フッシュミール
お腹の空いた私には美味しかったです。サーモンや煮ひじきです。
行きはチキンと魚のどちらかが選べました。

 

チャイナエアライン 機内食 チキン
 

チャイナエアライン・エコノミークラス・チキンミール
チキンの方も美味しかったようです。

食べた後はひたすら寝ること。
できるだけ寝ること。ここで映画を観たり、ガイドブックを読んだり、英会話の練習をしようなんてことは過去2回のハワイ行きで私がやったことですが、オススメできません。
ここでしっかり休む。ハワイ行きでは眠れなくても出来るだけ身体を休めることで時差ボケを回避することができます。
アジア、ヨーロッパ、アメリカ・・・・。私が出掛けた先で一番時差ボケがきつかったのはハワイでした。過去2度、血の気がひくような眠さの中で過ごした記憶がありますので、必死で寝ました。

ちなみに機内食はまずまずです。ただ、航空会社によっては+フルーツくらいがあることが多いような・・・。でも私的には量は充分でした。

それからアメニティ類はありません
私は利用してきた飛行機では大抵、歯ブラシや靴下などがあることが多かったのですが、チャイナエアラインはこれらがありません。でもその分、航空運賃が安いなら構わないです。歯ブラシは持参しましょう~。
安全であれば、他はシンプルでもよいんです。

子どものおもちゃ類のプレゼントのようなものもありませんが、我が家では付録付き幼児向け雑誌を1冊ずつ買い与えていましたので、これらを読んだり付録を作ったりして時間をつぶしていました。心配していた機内での騒ぎも起きず、ホノルルまで過ごすことが出来ました。

ハワイ行きの便は夕方出発の現地の朝到着ですから、子ども達も機内でよく寝ていました~。

 

白ワイン

 

眠れる自信がない方はこちらを・・・。
チャイナエアラインではもしやアルコールは有料ではないかと思っていましたが無料でした。ちなみにこちらは主人の手ですよ。機内では酔いが回りやすいので、たくさん飲み過ぎないように・・・。
そうそう、客室乗務員の方はワインエキスパートの資格を持っている方が多いんですよね?T.Sさん。

取りあえず、本来はそんなにお酒に弱くない私ですが、ずっと禁酒だったのをせっかくなので、ホンの少し頂きました。もともとは白ワイン、好きです。

すっぴんにローションマスクでオペラ座の怪人状態の私。恥ずかしかったのでブランケットを被って寝ていました。見かけた方不気味でごめんなさい。

行きの機内食をすべてご紹介する予定があんまり長くなってしまったので、ひとまずここで本日は〆ます。