カップヌードルミュージアム (前篇)

予てからのレオの希望で、ようやくカップヌードルミュージアムへ。
『カップヌードルミュージアム』が正式名です。
混乱していて「カップラーメンミュージアム」とか、「カップラーメン博物館」とか、言ってしまっていましたが、ヌードルです。

IMG_9455

万葉の湯のと、JICA(ジャイカ)国際センターの隣なのでわかりやすいです。
JICA国際センターでのランチを以前、記事(>>こちら)にしたことがありましたね。時間があれば、お昼に出向いても良かったかな。

ほぼ開館時間(10時)に到着しましたので、大変というほどではないのですが、人が結構並んでいましたがチケットのブースが多く、スムーズに入館できました。

子どもには、イメージキャラクターのひよこちゃんのミニタオルがプレゼントされました。

1階はチケット売り場やミュージアムショップ。
2階が入場ゲートになります。チケットを受け取ったら、幅の広い階段をあがり(この写真がなくてごめんなさい。)チケットでチェックインして、2階です。

階段の途中で振り返ったら、

IMG_9331

ミュージアムの入り口の上に白い大きなカップヌードルを発見。
こんなお風呂があったら嬉しい♪

2・3・4階は展示と整理券が必要なアトラクションとお食事処になります。

アトラクション

  • チキンラーメンファクトリー
    こちらは3か月前から予約可能な人気アトラクションです。
    チキンラーメンを手作りできる工房です。ガラス張りのキッチンファクトリーで小麦粉をこねて、伸ばして味付けまでの麺作りし、瞬間湯熱乾燥法で乾燥するまでの工程を体験することができます。
    小学生以上が対象で、大人¥500、子ども¥300です。
    所要時間は90分。 今回、私は急に行くことになったので、予め予約が必要なこちらはエントリーができませんでした。
    面白そうだったので、次回は前もって予約してぜひ体験してみたいと思います。
  • マイカップヌードルファクトリー
    当日予約で大丈夫なようです。オリジナルのカップヌードルを作ることができます。

    整理券発券場所でマイカップヌードルの体験の整理券を貰います。
    指定時間の前にファクトリーまで移動して並びます。

    IMG_9583


    整理券を渡したら、カップヌードルのカップを購入します。
    こちらは1食¥300
    手を消毒スプレーできれいにしてから、テーブル席へ案内されます。

    IMG_9337.sJPG


    目の前にあるペンで、色を塗ったり、絵を描いたり。

    IMG_9340


    着色しながら、スープの味や中にいれる具を考えておくと良いでしょう。

    IMG_9360


    スープは、カップヌードル味、カレー味、シーフード味、チリトマト味の4種から選べます。
    具材は、エビ、コロチャー(肉)、卵、ネギ、ひよこちゃんのナルト、ガーリックチップ、インゲン、チェダーチーズ、カニ風味かまぼこ、コーン、キムチ。それに期間限定の具材が1つの中から4種選ぶことができます。
    今シーズンの期間限定具材は「揚げナス」でした。

    麺にカップヌードルの容器が被せられて、カップヌードルが容器に入ったら、

    IMG_9342

    スープや具を指定し、入れて貰います。

    IMG_9365

    我が家のファミリー分、マイカップヌードル。
    一番手前が私のです。
    シーフード風味、エビ、卵、ひよこちゃんのナルト、揚げナスを選びました。

    所要時間 個人差がありますが、およそ45分くらい。

    IMG_9376.sJPG

    出来上がったオリジナルのカップヌードルは、ビニール袋に入れて、空気を入れると・・・、真ん中にマイカップヌードルが収まった透明なクッションのようになります。紐をつけてバッグのようにしてお持ち帰り☆彡 ご機嫌な子どもたちでした♪

  • カップヌードルパーク

    IMG_9382

    こちらは3歳以上小学生以下という年齢制限と身長90㎝があります。
    未就学児については、大人の付き添いが可能ですが、わが子は揃って小学生なので付き添うことができないのが残念。

    IMG_9600.sJPG

    こちらでは、自分が麺になったつもりで、カップヌードルの製造工程をアスレチックで体感することができるそうです。

    IMG_9387.sJPG

    遊んでいる様子は外からでは少ししかわからないのですが、油で揚げられたりするそうですよ。子どもたちがいうには。
    最後箱詰めしてでてくるようなイメージで滑り台を降りてきます。

    体験時間は25分。
    外側の大人から見えない部分も凝った造りのようです。
    公式サイトの方には、詳しく中の様子が説明されていました。
    ご興味のある方は>>こちら

    1回¥300。

お伝えしたいことが書ききれないので続き記事、後日アップします♪

カップヌードルミュージアム
http://www.cupnoodles-museum.jp/index.html

横浜市中区新港2-3-4
電話番号 045-345-0918

開館時間 10:00~18:00
休館日 火曜日(火曜日が祝日の場合は翌営業日がおやすみになります。)、年末年始
入館料 大人¥500、高校生以下無料

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする