ラッフルズホテルのお土産

IMG_9294-001

シンガポールのお土産を頂きました!

ラッフルズホテルで買って下さったんだそうです!!
あれ・・・、ラッフルズホテルって、なんだっけ??

その時、私の頭の中では音楽が流れてきました…・。
ピーチ、パッションフルーツ、マンゴーの3種。
~~ホテルはリバーサイド、ホテルはリバーサイド・・・、Uhn・・・リバーサイド、ホテルはリバーサイド・・・・リバーサイド・・・リバーサイド・・・・

いや、なんか違うし!!!!

何かどころか徹底的に違います。

ああ、これだ!!
これです。
私は読んだことがないのですが、確か映画にもなって名前だけは記憶していました。
そして知識として、シンガポールで最高級のラグジュアリーホテルであることも承知していますが、実際には観たこともなければ、行ったこともない。

こんな時のWikipediaです。
wikiによりますと・・・、1887年、シンガポールがまだイギリスの植民地だった頃にできたホテルで、その頃はまだ10部屋程度だったのを、1899年にコロニアル様式の建物に変わったそうです。建物だけでなく、サービスなどもヨーロッパの最高級のサービスを研究し、追求してきたオーナーの努力の産物で、高い評価を得たようです。
オーナーが変わるなどの変化はあったものの、その後の歴史の中で、数々の伝説ができていきます。

例えば、シンガポール・スリングはここでできたレシピだということですし、日本軍が占領した時には、ホテル名が日本的になりメイドの制服が和服になったこともあるそうです。

103室ある部屋は全てがスイートルーム。
有名人も数多く宿泊されています。
歴史があるだけに・・・小説の舞台としても・・・書き手として想像が膨らむのでしょうね。

ラッフルズホテル
http://www.raffles.com/singapore/

さて、話を戻します。
頂いたのはフレーバーティーです。
小さな缶に入っていますのは、かなり小さな茶葉(BOPかな。)でした。
まだ、3缶のうち、1缶、マンゴーしか開けていません。
ピーチ、パッションフルーツ、マンゴーの3種なのですが、マンゴー、かなり香ります。果肉とまた、中の種まで香る感じでしょうか。
各3回くらい、お茶が楽しめそうですので、その日の気分によって楽しもうと思います。

それから缶がとっても可愛いので、空いたら何に使おうかと今からときめいています。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする