この魚で年末を過ごす!

航空便で山口から魚が届きました。

お魚が届いた!

私、肉は苦手でミンチ以外頂かないのですが、魚介類は大好き。
そんな私の元で育つ子ども達も魚が大好きです。
子どもが生まれる前は2日がかりでおせち料理を作ったものですが、今はそんな長時間台所に立てません。買ったお節を用意する気もなく、年賀状も書き終わらず、おせおせになっている今年。正月を迎える食事はどうしよう?でした。
そんな我が家にたくさんのお魚が届いて嬉しい悲鳴!!簡単にご紹介します。

黒メバル

黒メバル。普通のメバルより高級です。味も良いです。本当にキレイな黒です。煮つけがいいかな。

たいらぎ(貝)


たいらぎ
(貝)。刺身、ソテー等どちらにしても、非常に美味。

ホタテの貝柱よりやわらかく食べやすいです。大きさも2〜3倍の長さ、厚みがあります。刺身にする時はひとつを3〜4枚にスライスします。これも私の住む地域では殆ど見られませんし、見つけても高いです。刺身にしたら一番美味しい貝ではないかと思っています。

れんこ鯛

れんこ鯛。真鯛に比べると味は劣りますが、鮮度が良いので美味しいと思います。
鮮度がいいうちは焼き。その場合は真鯛に優るとも聞きます。かぶとは残して熱湯をかけて茶漬け風に利用しても良いでしょう。
魚の料理の基本は鮮度により、刺身→焼き→煮付けとなります。

離乳食段階の小さな子どもがいる場合はどうしても煮付けが増えてしまいますね。鮮度がとてもいいうちなら、アラも吸い物に使えるでしょう。

ぶり


ぶり
。ぶりはブロックで送ってもらいました。頭や骨は取り除かれています。ラップに包んでチルドで保存すれば、正月明けまで刺身で楽しめます。脂が多いですが、正月くらいいけるでしょう・・。

今日から従姉ファミリーが2泊予定です。
一緒にこれらを頂く予定です。

(山口県メモ)
山口県は本州の一番西(地図でいうと下の方です。なんと三方が海で囲まれています。その為、魚介類の種類が豊富、鮮度も素晴らしいです。

関東のデパ地下にも航空便で山口からの魚介類が手に入りますが、イトヨリ(って関東人には馴染みがないですよね。私も関東人ですが)、山口の地だこなどやっぱりすごく高い・・・。フグだけでなく、ウニ車えびの養殖などもとても有名です。
TV「どっちの料理ショー」ではあさりも取り上げられていましたね!
山口のレジャーについてもブログ内でご紹介しています。
カテゴリーのレジャーその他の地域をご覧頂ければと思います。