一久ラーメン

この記事は公開後1年以上経過しています。
現在は状況が異なる可能性がありますのでご注意ください。

すご~く地域限定のネタで申し訳ないのですが・・・。
是非とも紹介して欲しい、との主人からの要望。(だったら自分で書けばいいのにね。)
主人の実家の方のラーメンです。

一久ラーメン

 

本来、ご紹介するためにはそれなりの準備が必要です。
ラーメンの写真を撮るにしても、トッピングをのせるとか・・・。
「ねぎ、葱ない?」
「ラーメンにのせる物、何かない?」
なんて主人が言っていましたが、本人が食べる用のものだと思っていたので、「昨日の野菜炒めの残りは?」なんてツレナイ返事をしておりました。

でもラーメンにのせるようなものがなかったのは事実。
パパ、そういうことは準備してから頼みます。(これじゃあ、美味しそうにみえない・・?)

さてこちらはそんなわけで、冷蔵庫の中から探し出したオクラをようやくのせて、完成の家庭ラーメン。

もともとは山口県「一久(いっきゅう)らーめん」のお土産ラーメンでございます。
こちらは豚骨ラーメンで、先日ご紹介のzund-bar(過去記事→厚木の有名ラーメン  zund-bar)の澄んだスープとはまるで正反対のタイプ。

九州の豚骨ラーメンとは違って、山口県・宇部小野田系ラーメン豚骨ラーメン系の中でももっともどろどろしていて、コラーゲンたっぷり系だと思われます。これに慣れてしまうと他の豚骨ラーメンでは物足りなく感じるのだそうです。
現在は県内多店舗、大阪にも進出、期待すべき西日本ラーメンになっています。

こちらのお土産ラーメンは1食ずつパックされていて、
生ラーメン、生スープ(冷蔵の段階ですでにゲル状)、シナチク、チャーシューがセットされています。
作り方は説明書きがついていますが生麺さえきちんと茹でられれば、スープを温めて茹で上がった麺をその中に移すだけなので、まず失敗しません。

なんと、一久ラーメンのカップめんも出たことをサイトにて確認しました!!

一久ラーメン
http://www.ikkyuu.com/

中華そば一久一久ニュース(一久ラーメンの秘密がわかる)
http://www.ikkyuu.com/news/news_01-05.htm