レオの台所技

先日夫の実家の山口から、たくさんの練り製品が送られてきました。
先週末、我が家にたくさんのお客様が見えて、おもてなしさせて頂くことになったのですが、義母が少しでもその助けになるようにと、つまみになるものを送ってくれたのです。

お客様にお出ししたものの、たくさんまだ余ったので、ある晩家族で頂きましょうと・・・・。

レオのかまぼこオードブル

見繕っていたら、レオが台所に立ち、自分がやるからと・・・・・。

そうして完成したのが、このかまぼこオードブル。
さつま揚げやちくわもありますけど。

レオは台所が好きで、年長さんの時からよく夕食の支度を手伝います。
最初は魚肉ソーセージとかきゅうりとか、簡単なものを分厚く切っていましたが、今はもはや戦力になります。

カレーを作るといえば、炊飯のセットをし、炊き始めてくれて。
じゃがいも、人参、玉ねぎそのほか、材料の皮をむき、適当なサイズに切ってくれます。

結構な頻度で台所で一緒に包丁を握っているので、最早私にとっては手伝って貰った方が助かるくらい。

自分でプレートも選んで、かまぼこやちくわ、さつま揚げを切って盛り付ける。
全てレオに任せたら、こんな風に作ってきました。

ほとんど工作!!(笑)

レオの考案パスタ


これはある日のレオの作品。
スパゲティを茹でるのは大人が手伝いましたが、自分の考えた味付けで作りたいといってできた、スパゲティ。
材料を買い出しに行き、選ぶところから味付け、盛り付けまでレオ。もちろん、お皿を選ぶのもレオでした。
レシピもなく、今回はレオの味感覚で自由に作らせたんですけど、ミーゴレンに似た味で美味しかったです。

毎日台所に立っていると、子どもでもどんどん上手になるんですね。
そのうち、私の代わりに台所仕事みなやってくれると助かるんですが、そのうち他にも興味が出てきて、やらなくなっちゃうのかしら。

レオの作っているのをみると、料理も工作みたいな感覚で楽しんでいるのかな、と思います。

さて、明日もお客様が見えるので、お料理考えなきゃ!!です。頑張ります♪

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする

コメント

  1. レオ より:

    本当に美味しそうですね。どこで売っているのですか。
    お進めのはどれですか。子どもが作ったとは思えませんね。
    すごいです。一日食べてあまりましたか。いろんな切り方をしたようですね。お腹がいっぱいになったでしょう。
    早速作って真似をしてみようと思います。