アドベントクランツ

アドベントクランツ


今年も教会附属のレオの幼稚園ではアドベントクランツを飾っています。

アドベントクランツについては毎年のように記事書きしているのですが、現物はアップしたことがあったでしょうか?
これは礼拝堂に置いているアドベントクランツ。
このようにクリスマスリースを寝させた状態にろうそくを4本立てたものがアドベントクランツなのです。

アドベント(待降節)について更に詳しくは・・・こちら

というわけで、既に教会では11/27に今年の第1アドベントを迎えています。

キャンドルの色、気になりませんか??

どうして、紫??クリスマスカラーじゃない!って。
私の元職場(教会附属)は赤いキャンドルを使っていました。

が、こちらは紫のキャンドル。
この色には意味があるんです。

悔い改めを意味する、紫。
儀式の時に牧師が肩から掛けている帯のようなものも紫だったりします。
キリスト教会においては紫は典礼カラーなのですね。
でもキリスト教会にも考えはそれぞれだったりするので、絶対紫!ではないことをお伝えします。

幼稚園の子どもたちはクリスマス礼拝と祝会に向けて、ページェント(キリストの降誕を劇の形で表したもの)を行います。その為に讃美歌練習や日々のページェントの練習。それから家庭においては献金袋や献金箱を作って持ち帰り、お手伝いをしたお金などを貯めています。

この献金はクリスマス礼拝の時に持ち寄り、いろんな施設やボランティア団体に送られます。今年は多くの献金が被災地に送られます。そのお金が少しでも被災地の方たちが暖かく冬を過ごす為に役立てばと思います。

今年は被災した方たちのことを覚えて、神様のお恵みと私たちがなすべき道を示していただくようにと祈っているようです。

クリスマスのことについてはアメブロの方でもupしていく予定です。

ちょっとこのブログが役に立ったな・・・って思われましたら、時々で結構ですので、ブログランキングへのクリックやコメントなど頂けると嬉しいです。

我が家では昨日から2枚のアドベントカレンダーを開きだしています。今年はこちらこちらのアドベントカレンダーではなく、また新しいものを出しています。