外郎



今日のミーティングのお茶請けにういろうを作ってみました。
抹茶味です。

味はなかなか美味しいのですが、切り方がキレイにならなくて。
きっと包丁を温めるとか、水につけながらとか方法があったと思うのですが失敗です。

暑い時期、焼き菓子はちょっと食べにくいかな、って。
ういろう、15分くらいで出来ちゃいました。
しかも小麦粉と砂糖がメインなので多分コストパフォーマンスも素晴らしいと思います。

今日も暑くなりそうですね。
行ってきます~~♪

— iPhoneから送信

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする

コメント

  1. cage より:

    あおいさん、こんにちは。
    しばらくぶりです。↑のザリガニは潜水艦の様です。田圃の泥田の
    あちこちに小さな穴が開いているところにはいるので手を突っ込んで採りましたね。懐かしい思い出です。ういろう・水無月は糸鋸の
    刃の代わりにステンレスのワイヤーをピンと張って付けたので切ると綺麗に切れます。私は水無月を作れないので友人に作って貰いましたが、この道具は私の発案です。今、こちらは祇園祭宵山です。
    拙いHPを依頼されて作りました。遊びの趣味で作っていた時はお気楽でしたが、伝統ある布袋山保存会のとなるとかなり緊張感がありました。暑い夏ですが、冷やしたういろうなどを食べれば少
    し気持ち涼しくなるような気がします。

  2. あおい より:

    ★cageさん
    お久しぶりです!!私もざりがには手で捕まえる派でした。河原の石をひっくり返して。子どもの頃から、虫も含めていろんな生き物に関わってきたので、子どもたちの気持ちもwかる様な気がします。ういろうはステンレスワイヤーを使うときれいに切れるんですね!それがcageさんのオリジナルの道具だなんて素晴らしいわ。今度は知恵を使ってきれいに切りたいと思います。切ったところでがっかりな感じになってしまったので。
    普段は粉もの(クッキーとかケーキとか)を作っていくのですが、夜になって夏だから粉ものはみんなも食べたくないかも・・・、と思って急遽ういろうを思いつきました。夏場はわらび餅とか、くず餅とかそういったものが食べたくなりますよね。
    ホームページ作成を任されるだなんて、大変でしたね。でも京都の情報が発信されるサイトが増えるだなんて嬉しい限りです。