食材不足で野菜責め

夕食

北杜市に滞在中、母が食事の支度をしてくれています。
が、今日1日母は仕事で戻っていて、食事作りは私の肩に・・・・・。

朝食は母が作ったものの残りに、トーストや紅茶を用意しただけ。
昼食は残りご飯をサラダ寿司にしただけ。
父が不満そうだったので、夜はいろいろ作ろうかと思ったのだけど、食材がない。

あるのは野菜ばかり。
しかもかたよっているの。

彩り野菜がない。
私がよく使う、人参やパプリカがない。

玉葱も1個しかない。
アボカド、ナスなんて当然無い。
じゃがいももない。

あるのはきゅうり、プチトマト、キャベツ、セロリ、ピーマンくらい。
肉も魚もない。
必死で冷蔵庫の中と相談。

そして普段住んでいるのは父だけだから、調味料もあまり種類がない。
今回来るときにナンプラーは購入して持ってきたけれどね。

冷蔵庫をよく見たら、枝豆が少し残っていたので鞘からだし。
昨日のとうもろこしが1/2本。これも全部実をほぐした。

レシピ本がないのが一番イタイ。

野菜ばかり料理

  • キャベツ、ツナ、ピーマン、玉葱でサラダスパゲティ。寂しいので彩りにプチトマト。
  • トマトと卵の中華炒め
  • タイ風春雨サラダ、挽き肉がないのでシーフード。人参もない。
  • キャベツとセロリのコールスロー
  • とろろ+オクラ
  • ミックスサラダ (枝豆、とうもろこし、きゅうり、玉葱、プチトマト)

殆ど×ゲームですが、子ども達文句を言わずに食べました。
同じ野菜をいくつもの料理に使い回し。
いくら調味料を変えてみても、なんだか変化がないような気がします。いかに普段、彩り野菜に助けられているかがわかりました。

変化をつけるためにピーラーでカットしたり、千切りにしたり、1センチ角にしたり、切り方を工夫しました。制限のある中での料理も勉強になりますが、やはり食材ってある程度豊富じゃないと作る方は辛いです・・・・。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする