眼科

霰粒腫(さんりゅうしゅ)を治したい

この記事は公開後1年以上経過しています。現在は状況が異なる可能性がありますのでご注意ください。アンが霰粒腫(さんりゅうしゅ)になりました。 ものもらいかなぁ、と思っていたけどなかなか治らず。 瞼が腫れて、とても鬱陶しいらしいです。 なかなか治らないので、定期的にアンの遠視を見て貰っている眼科を受診しました。 アンの目はアレルギーがあるので、1ヶ月に1回ペースで来るように言われています。でも真面目に […]

遠視めがねの度数が変わった・・!

この記事は公開後1年以上経過しています。現在は状況が異なる可能性がありますのでご注意ください。 (今回の処方箋・・前回の処方箋はこちら!) 年中さんの秋から遠性乱視と診断されて、治療用のメガネを掛け出したアン。 (今までの経過などについては、カテゴリー・子どもの遠視をご覧下さい。) 小学校に入学後、メガネのことでからかわれたりしないかしら・・・、と心配したのですが、私の子どもの頃と違って、今は1年 […]

遠視の姉を持つ、3歳の息子も眼科で診察

この記事は公開後1年以上経過しています。現在は状況が異なる可能性がありますのでご注意ください。 (3歳半検診用のプリントから) 1年生の娘、アンは遠性乱視があると診断され、治療用のめがねを掛け出したのは4歳半頃のことでした。 (ここまでの詳しい経過はカテゴリー『子どもの遠視』にまとめてあります。私は医療的なことは全く知識が無いので、分かりにくい箇所もあるかもしれませんがご参考にどうぞ!) 弟のレオ […]

子ども用遠視の眼鏡を掛けだして、経過(国立成育医療センター眼科)

この記事は公開後1年以上経過しています。現在は状況が異なる可能性がありますのでご注意ください。 国立成育医療センター(過去記事>>国立成育医療センター:国立の子ども病院)でアンの遠視が確定し、(過去記事>>子どもの眼鏡)遠視用の眼鏡を掛けだしたからのプチ報告になります。 その他、関連記事・・子ども遠視と眼科医の友達のはなし 国立成育医療センターの眼科は特に予約が一杯で、3ヶ月待ちというのは初診に限 […]

子どもの遠視と眼科医の友達のはなし

この記事は公開後1年以上経過しています。現在は状況が異なる可能性がありますのでご注意ください。   (左上からあおいと膝にレオ、私の親友でアメリカで眼科医をしているIちゃん、日本で眼科医をしているIちゃんのお母様。左下からアン、Iちゃんの婚約者で韓国系アメリカ人の眼科医のSさん、パパ) 子どものめがね(記事>>こちら)、と言う記事を少し前に書きました。 そう、アンは幼稚園の年中さんにして […]

子どものめがね

この記事は公開後1年以上経過しています。現在は状況が異なる可能性がありますのでご注意ください。 アンが4歳にしてめがねを掛けることになりました。 3歳になるかならないかの頃から、まぶしがることが多くてずっと気になっていました。 3歳の検診の際にもそのことを伝えて、眼科の先生と斜視などの目の専門家に相談しましたが、その時にも異常なし!と言われていました。 でもやっぱりまぶしがるのです。 今年の新緑の […]