桜茶

桜茶

お友だちのお出掛け土産!
前回さくらパイをくれた方から、今度は桜茶です!!

正確には桜の塩漬け。これを水で軽く塩を落としてから、70~80℃のお湯を注いで飲むのが桜茶。
私はこのさくら塩が好きなので、あんまり落としすぎないようにしています。

子ども達が寝た後、そこでおやつを食べてしまうとどんどん太っていってしまうので、深夜こっそり桜茶。
ふわ~っ、と広がる桜の香り、春の香りに心が安まります。
お湯に入れると桜の花びらが広がるのも美しくて大好き。小さな贅沢なのです。
いくら桜フレーバーが好きな私でも、夏や秋に飲もうとは思わないので、2~4月前半限定の特別な飲み物なのです。

そしてこの桜の塩漬け。
ちょっとポプリに興味があった小学生の頃、桜の塩漬けの存在を知って、祖母に作り方を尋ねる電話をしたことが!!
しかし、作ることはなかったです。モイストポプリ(半乾きの花と粗塩などで保存するポプリ)として完結していた!!!
今ポプリって流行らないですか?アロマテラピーの方が注目されていて。
でも私はその頃から花が好きだったんですよね。
スーパーに週何回かくるお花屋さんになついて、手伝いをしていたくらいで・・。小学生で。
お給料の代わりにお花を分けて貰っていました。

今年こそは、桜の塩漬けを作ってみたいと思います!!
早く春よ、来い!!

桜湯以外にもこの桜の形を活かした、お料理やお菓子ってありますよね。
その使い方についても研究できたらな~と思っています。

本日も幼稚園にお弁当持参でお仕事でした。
連チャンだと家事が出来ないので、昨日は0時過ぎに洗濯機を回して、浴室に干しておき朝、外に出す~、なんて感じで、本当に忙しい。ケド、悪くないです。充実しています

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする

コメント

  1. 桜の塩漬けのお茶!
    確か結納の後に出てきたような気がします。
    この風習は沖縄ではなく、京都あたりの風習?
    結構なお味でした。
    沖縄で販売しているところを知らないので、
    昔は子供と一緒に、現在沖縄で満開のヒガン桜で塩もみして作りました。意外と、そのあじです。
    寒天やゼリーの中に桜の花丸ごと仕込んでもよさそうですね。
    調理作品、レシピ期待してます。

  2. あおい より:

    ★沖縄海岸日記wa さん
    桜茶、結婚式の披露宴会場なんかでも出ますよね。縁起物です。
    沖縄にはない習慣なのですね。
    やっぱりひがん桜などで作りますよ。桜が咲かないことには作れませんよね~。
    花を食べるって不思議な感じですけど、嬉しいですね。