ボンメルシィ!リトルを買ってみた

ボンメルシィ、リトル2009年2月号

ハンドメイドのお届け本、はんど&はあとを買っていたのをchange。
最近、料理やお菓子の簡単&美味しいレシピ、というのに興味があって、はんど&はあとを休止して、ボンメルシィ!リトルに浮気してみました。

忙しくってなかなかちくちく・・の方が出来ない状態で付録が溜まってしまったということもあるのだと思う。ブログを書いていなかったら、出来たかもしれないのだけど。

ボンメルシィというお届け本は少し前まで隔月お届けだったのが、最近毎月お届けスタイルに変わったらしいのです。そして、3~6歳の子どもがいる家庭向けのボンメルシィ!リトルと、小学生の子どもがいる家庭向けのボンメルシィ・スクールの2種類があるのです。

4月からアンは小学生になるけれど、お弁当作りで行き詰まりを感じていた私。(なんせ、週5日作らなきゃならないんです。(;^_^A

そこでボンメルシィ・リトルを選択。ボンメルシィ!スクールの方は、子どもがお料理にチャレンジする部分もあるみたいです。そちらもそのうち、体験してみたいです。

はんど&はあとよりツルツルした紙を使っている分?冊子自体は薄め。だけどページ数はボンメルシィ・リトルの方が多いようです。ボンメルシィ・リトルの方が広告が多い気がするので、実際は同じくらいの中身の濃さなのかな。

はんど&はあとがハンドメイドクラフト、作家さんのお宅訪問、おやつなど内容がもりだくさんなのに比べると、ボンメルシィ・リトルは料理1本という感じ。
2月号の大特集は、「子どもが好きな魚おかずバリエ」なのですが、これはフライパン1つで出来るレシピということになっています。

お料理、やはり毎日のことなので、洗い物が一杯になるとか、やたら手が掛かるものはイヤなのです。いかに簡単で美味しく出来るかに興味がある私なので嬉しい特集ですね。

ただ、レシピだけ見ているとそんなにびっくりするようなマジック的なメニューでもないような気がしたので、取りあえず、その日ある材料で作れるものということで、チャレンジしたのが、

にんじんハンバーグ

にんじんハンバーグ

レシピをよく見てこれがびっくり!!
4人分のハンバーグ種になんとにんじんが2本分(300g)も使われるのです!
私もかなり野菜を意識して調理しますが、こんなに入れてちゃんとハンバーグになるの?
それに味は大丈夫なの??
なんて心配しながら作りましたが・・・、これがすっごくヒット!!子ども達もお替わりを要求!!

ハンバーグの形をしているけれど、ちょっと普通のハンバーグとも違う味。
でもこれ、新しい味の感覚で素直に感激しました。

普通っぽく見えるけど、凝ってる~。
それに崩れることなく、きれいに焼けました。満足満足。

ということで気をよくした私。
次回は2月号の付録。のりまき名人セットで何か作ってみたいと思っています。

ちなみににんじんハンバーグの付け合わせ、じゃがいもも一緒に作ります。
これがまた、ハンバーグやさんのポテトの様で美味しかったです。
ごはんはよく作るサツマイモごはん。
それに山口県で開発された花ッコリーの油炒め。

お皿は春にならないと手に入らない白いお皿です。
実はこれ、幼稚園のバザーで6枚¥200でget!新規で買うお皿は白のシンプルなお皿に限定して集めるようにしています。だからこのブログでもなかなか白いお皿以外のものが登場しません~。

コメント

  1. Yoshiko より:

    さっきから、ボンメルシィ!リトルのサイト、熟読してますよ!のりまき名人セット、わたしもほしい〜。
    でも、最近、レシピを見て新しい料理をつくる心の余裕がないのよねぇ(笑)。積ん読行きになる予感も。。。

  2. あおい より:

    ★Yoshikoさん
    のりまき、下手なんです。母が太巻きが得意で作るのをいつも任せていたんですが、最近無性にいろんなものを巻きたくなって・・・。恵方巻きもチャレンジしてみたのですが、具の位置が上手くいかないんです。
    こちらののりまき名人セット、海苔は1/2サイズの本当に子どものお弁当に入れるサイズの細巻きができるサイズなのです。くるくるっ、と巻くというのではなく、型にはめて出す感じですが、ハートの細巻きが出来るのはお弁当用に良いですよね。
    レシピが健康的な野菜たっぷり、など、食育な感じなのと、フライパンひとつでとか手際、手順重視なところはgoodです。
    ただ、ちょっと料理本と考えると付録がついているけど、高いかなぁ・・・という気もしますね。はんど&はあとの方が内容的に納得できるような気がします。
    私、本をすぐ買っちゃうので、やたら本が多いんです。それこそいろんな本が並べ読ですよ~。