寝台列車「はやぶさ・富士」のB寝台

18:28横浜の寝台列車「はやぶさ・富士」に乗り込んだ私たちです。

はやぶさ・富士に乗る

(さて、我々の座席はどこでしょう~?)

レオは昼寝をし損ねて、眠い眠いといっていたのに、いざ乗り込むと目が冴えちゃったようで・・・。

はしごをあがるレオ

ああ~、こりゃ寝そうにありません・・・。

寝台列車の車内にはA寝台(ひとり用個室)、ソロ(B寝台のひとり用個室)、B寝台というタイプに分かれています。
今回私たちが選んだのはB寝台です。(一番安いタイプね。)

なぜ、B寝台を選んだのか~、理由は簡単。A寝台やソロは個室だからです。
個室だと、大人1名+子どもひとりでしか寝られません。いくらB寝台に比べて少しデラックスに出来ていたとしても、家族4人で向かい合わせでおしゃべりしたり、一緒に過ごせないのはつまらないなぁ、と思ったからです。
まぁ、でもB寝台は通路から丸見えですが、A寝台やソロは構造上覗くことが出来ないのがちょっと残念でしたけれどね。

車内に入ってしばらくすると、車掌さんが検札にみえて、「上を使う人がいないようだったら、荷物なども置いていいからね~。」と言って下さいました。
この後車内探検をした私ですが、2階部分にいる人っていませんでしたね・・・・。
もしかしたら大人の4人グループという方も2組くらい見かけたので、その方たちは寝る時は上に行かれた人もあったのかもしれませんが・・・。

主人曰く、2階を選ぶ人はまずいないのではないかということでした。

そういえば、私の中の寝台列車のイメージというのは「西村京太郎」さんの世界。
今回も寝台列車への乗車が決まって沸々と湧いてきたイメージが西村京太郎さんのミステリでした。
-な~んていうと、彼の作品を読み込んだように聞こえますが、私が読んでいるのはたぶん、5冊程度なのです。だけど、確かに寝台列車がストーリーの舞台になって、その中でも「私」が寝台列車の1階に、「ある乗客」が2階に、「私」はわざわざ2階の寝台を選ぶなんて不思議な乗客もいるもんだ・・・、なんてシーンがあったような記憶が・・・。
10年以上前の記憶ですので、これが西村京太郎さんの作品かどうかも怪しいのですが、調べてみると西村京太郎さん、やはり寝台列車が舞台の作品を書かれていたんです。

そして見つけました。
その記憶が西村京太郎さんの作品であったとしても、この本かどうかも本当に怪しいんです。調べましたら寝台列車といえば、西村京太郎さん!!といえるくらい、それはそれは寝台列車を舞台にたくさん作品を書かれているんです。

ただ漠然とイメージは西村京太郎さんの作品を脳裏に浮かべ、確かに私が作家だったら、この寝台列車を舞台にやはり何か書きたくなるなぁ、なんて思いながら夜を迎えました。

B寝台の2階

これはB寝台の2階です。
子ども達は2段ベッド状態にかなり興奮して、登ったり降りたりを繰り返しました。
2階はこの通りベッドガードもありませんので寝相の悪い方はとっても危険。子ども達も2階に寝かせたら間違いなく降ってくるのではないかと思います。

ちなみに左側に見えるライトは各ベッド毎に付いています、読書灯です。
21時過ぎにその日最後の車内放送があり、その後消灯になりますが、読書灯は使うことが出来ます。
車内放送が無くなった後の深夜も、各駅で止まったり、電車は走り続け、翌日の車内放送は6時からになります。

B寝台の下段

B寝台の下段です。
こんな感じで、ベッドの下からは引き出すと小さなベッドガードが出てきます。この向かい合わせの状態で座っておしゃべりをして、更に座席にシーツを掛けてベッドにしたりするのです。

壁に小さな茶色の四角が見えますか?
これはちょっとしたものを置く台として利用できます。

B寝台の設備

これはちょっと号車が違うんですが、同じB寝台。
私たちの使ったところと同じように、座席というかベッド毎にこのように、シーツと掛け布団、それから浴衣にハンガーが付いていました。B寝台の装備が分かっていただけるでしょうか。
スリッパも4つ備えてありますし、窓側にテーブル。その真ん中にある柱は両脇に持ち手があり、両サイドにひっぱるとはしごが出来る仕組みになっています。

B寝台のシーツや掛け布団、浴衣

上から浴衣。
シーツ。(敷き布団はなく、直接座席の上にシーツを掛けて寝るような豪快な仕組みになっています。)
掛け布団。(毛布にカバーを掛けた簡単なものです。)

寝具がこういった感じなので、エアコンでかなり車内の温度を調節しています。
車内はエアコンがガンガン効いていて、半袖では寒いような状態でした。私はともかく、子ども達は喉をやられるのではないかと心配になりましたが、寝る時に座席・・ベッドの周りのカーテンを引くと暖かくなり、エアコンのガンガンにやられることもなく、無事1泊を過ごすことができました。

B寝台の上段、荷物を置く場所

B寝台のある客車の寝台が無い側です。
画像に写りこんでいるのは2段目のベッドで、そのベッドから出し入れしやすい位置に、旅行かばん(キャリー)が2つ余裕で収まりました。たぶん、このサイズなら3つくらい入ります。

それから私の頭上にあるのは小さな鏡
各車のデッキに

コメント

  1. 寝台の様子が楽しそうです♪
    大人でもわくわくしちゃいますからね♪
    若かりし頃は3段ベッドだったので若干窮屈な思いもしたけど、それでも、ホントに楽しかったです。
    来春、東海道本線からブルトレが消えると思うと寂しいですね。
    寝台列車に乗ると、どうしても夜更かしになってしまうし、朝も早くに目が覚めて睡眠不足になるけど、こればかりは仕方ないです。
    ホントはずっと車窓を眺めていたいくらいなのですが、それじゃ何のための寝台か分かりませんし…。
    つづきを楽しみにしてます♪

  2. YAS より:

    いいですねー!
    横浜駅も崎陽軒も東海道線のグリーン車も寝台列車も、
    そして西村京太郎もぜんぶ私の「琴線」に触れるネタだったり
    します!
    高校生のころは西村京太郎トラベルミステリーを友人とまわし読みして全館読破した覚えがあります。
    当時の夢は「西村京太郎のトラベルミステリーを読みながら同じ列車に乗って旅をする。」だったりしました。
    今でも2時間ドラマでたまにやっているとついつい見てしまいます。
    B寝台は家族で行くなら一番くつろげるかもしれませんね。

  3. ★ゆ~ちゃん♪さん より:

    私もワクワクしていました。
    車窓を楽しむべきか、寝台を楽しむべきか~、と楽しみ処満載でした。
    食事をするにも充分な時間がありましたし・・・。
    車で移動と違って、パパはアルコールが飲めたので、嬉しかったのではないかと思います。
    3段の寝台はなかなか窮屈そうですが、メンバー次第で楽しいでしょうね。修学旅行で、寝台を使うなんていうのもあったとしたらきっと楽しかっただろうな、なんて思っていました。
    続編を書く予定です。よろしくお願いします。

  4. ★YASさん より:

    そうですね。鉄道の旅+駅弁は憧れの旅スタイルでした。
    なかなか実現しなくて、現実は駅弁を買ったとしても子どもと一緒だと慌ただしかったり。
    ただ、崎陽軒のお弁当は殆ど売り切れで参りました。ので、駅のコンビニもので夕食って感じでしたけど、楽しかったです。
    YASさん、西村京太郎さんのトラベルシリーズを読破ってすごいですよ。10年くらい前だったか、西村京太郎さんって日本の作家の中でベスト3くらいに入る作品数の多さではなかったですか?その後はどのくらい書かれているかわかりませんが、ちょっと調べたらトラベルシリーズもすごい量がありました。
    きっと西村京太郎さんもこの寝台列車に乗って、取材されたんでしょうね。
    むか~し、松本清張さんの「点と線」を読んだ時、すごい!と思いつつも情景がイメージできなくて、これは当時鉄道に興味もなかったし、知識もなかったから。寝台列車を含む、鉄道ミステリ、今になって読み直したいです。
    私もひとりで出掛けるなら、開放寝台はちょっと勇気が必要で、B寝台ソロとかになると思います。A寝台はまた別の魅力もありますが、かなり代金も違うんですね。
    B寝台は家族向けだし、グループ旅行向けですよね。
    あちらこちらの部屋(?)を行き来するような気分も味わえるので、勝手なイメージですが修学旅行向けかなぁ、と。
    引率の先生は大変だと思いますが・・・。

  5. あっ、高校時代の九州への修学旅行は寝台列車でした♪
    それで、アルバムを開いたら、まさしく3段ベッドの証拠写真が。
    クラスメイトとのスナップ写真に「上・中・下」と写ってました♪
    やっぱり、かなり楽しかったですし、朝の大村湾が印象的でした♪
    引率の先生も開放的になって、楽しそうでした…。
    何が先生たちを開放的にさせたかは、知りませんが…。

  6. ★ゆ~ちゃん♪さん より:

    わぁ、羨ましいです!!
    私は私立女子校出身なのですが、広島・京都でした。新幹線に乗って移動で、たくさん楽しい思い出が残っていますが、寝台列車で修学旅行を体験してみたかったです。
    それはさぞかし盛り上がるんでしょうねー。
    この歳になって修学旅行はあり得ないから、すっごくうらやましいです。
    私の高校の先生もいろいろと逸話が~。
    今ならあり得ないリラックスのされ方をしていました。でもそれは修学旅行ではなく、自由参加の卒業旅行・スキーツアーでしたけど。
    寝台列車、他のものも乗ってみたいです。
    最終的な目標はオリエント急行でしょうか~。

  7. 西村京太郎記念館

    写真サークルのOPSで湯河原に行った際、ミステリー小説で有名な西村京太郎の記念館に行ってきた。私はあまりミステリーは読まないので西村氏の事はよく知らなかっ…

  8. hal より:

    こんにちは。TBありがとうございました。私も去年はやぶさ号に乗りました。私が乗ったのはB寝台のソロだったのでちょっと雰囲気が違いますが、意外と乗り心地がよく、寝ることもできたのでよかったです。
    朝のお弁当の社内販売がなくなると聞いていたので、先回りをして買いに行ったのを覚えています。
    詳しくは下記をご覧ください。
    http://ameblo.jp/hal/entry-10041108063.html

  9. ★halさん より:

    こちらこそ、TB許可していただいてありがとうございます。
    湯河原に「西村京太郎美術館」があるなんて、新鮮な驚きでした。halさんの記事の写真に驚き、期待してしまいます。
    朝の車内販売は一応あったのですが、どの程度のものがあるのか未確認でした。
    今回は家族で楽しめるということで、開放型を選んでみましたが、寝台列車の旅はコスト的にも時間的にも余裕が必要で、その次の機会がいつくるやら検討もつきません。
    開放型も想像よりずっと快適でした。
    リンク先、読んで勉強させていただきます。教えていただき、ありがとうございました。