浜松餃子「大福」

この記事は公開後1年以上経過しています。
現在は状況が異なる可能性がありますのでご注意ください。

御前崎から車を走らせ1時間半、静岡とはいえ、だいぶ名古屋よりの浜松までやってきました。
既に19時近くになっていました。

浜松餃子にキリンラガービール、のポスター

浜松といえば・・・、うなぎ!
私もうなぎは大好きですけどね。昼間贅沢などんぶりを食べた(過去記事>>こちら)ので、量が調節できる、つまみ的に頂けるものが食べたくなりました。ビールが飲めれば最高!(未だ禁酒している私です。)

実は浜松はうなぎ以外にもいろんなグルメが有名なんです。
タイトルでおわかり頂いたかと思いますが、浜松餃子が今夜のターゲット。
餃子といえば、宇都宮と思っていたのですが、実は日本一の餃子消費量というのが浜松。
先ずは浜松餃子の特徴などからチェックします!

浜松餃子の特徴
餃子の具・・キャベツ、にんじん、豚ミンチをベースにしたシンプルなもの。鮮度や品質にこだわりを見せる。
味付け・・タレを付けずにも食べられる。でも油っぽくなくて家庭の餃子により近い感じのあっさりした味わい。
持ち帰り・・とにかく持ち帰りが多い。じゃんじゃん持ち帰り客がやってくる。
付け合わせ・・茹でもやしが付くお店も多い。

 

餃子専門店 大福

そんな餃子がひしめく町の有名店のひとつ、今回は「大福」さんにやってきました。
なぜ、大福という名前なのか・・・、

餃子専門店 大福

小さなお店ですが、ちょうどひとテーブルが空いていました。ラッキーでした。
次々お客さんが来ます。でもその殆どは持ち帰りのお客さんでした。

 

餃子専門店、大福のメニュー

何にしようかな。
やはり、シンプルに餃子でしょう。
ジャンボげんこつ餃子4個が2皿。(本当は6個×2皿を注文したつもりだったのですが。)
一口餃子12個を1皿。
ご飯を3つ注文しました。ご飯にはスープが付いてきました。
私はこの手のセットスープは飲まないのですが、飲んだパパ曰く、ラーメンのスープのような油っぽさがなく、美味しいとの事でした。

有名人の色紙

テレビの取材等も来ているようです。
女性の最高記録ジャンボげんこつ餃子7個・・・!
私に食べられるでしょうか。

ジャンボげんこつ餃子

これがジャンボげんこつ餃子¥420。1人前は4個と考えて頂くと良いそうです。
もっと多く食べたい人には1皿6個¥630のオーダーもあります。

これにごはん¥200を頼んだら¥620で食事が出来てしまいます。
このジャンボ餃子が大福サイズなんですね。これがもしや名前の由来??

 

ジャンボげんこつ餃子

大福と違うのは四角いことかな。
餃子の皮を使ったニラ饅頭のような感じ。茹でもやしもついています~♪

 

ジャンボげんこつ餃子の中身

具だくさんです。
一口餃子に比べて油っぽさが少ないので、ヘルシーな感じ。中身の具はたぶん、同じなのではないかと思います。
私なら7個以上食べられる自信があります。
ただし、この日は昼食がすごかったので、(記事>>海鮮次郎長丼)とてもチャレンジできません。
2個頂きました。

一口餃子

こちらは一口餃子12個、¥460。
ひとくち、といってもこれが普通サイズ。
ジャンボげんこつ餃子も、一口餃子も浜松餃子の特徴にあるように、具自体に味がついています。
このお店の具は何故か、甘め。美味しいけど甘め
私はイケル~♪と思ったけど、私の母や主人は甘さが少し気になったようです。
子ども達はおいしー、と喜んで食べています。

 

美味しい!!

外食では野菜不足が気になりますけど、比較的野菜が多く使われていますし、もやしが嬉しいです。
もやしは炒めたり、塩こしょうはされていないので、タレなどでどうぞ!
私は本能的にもやしを食べまくりました。

 

餃子専門店 大福

あ、「本日売り切れました」の看板が出てる~。
お店の閉店は20時なんですけど、19時には「売り切れ」看板をお店の人が出していました。
美味しかったです!ごちそうさま!

餃子専門店 大福

静岡県浜松市中区西伊場町57-15
電話番号 053-457-1169
定休日 火・水曜日
営業時間 11:00~14:00、16:00~20:00(但し売り切れ次第、閉店するようです。)
アクセス JR東海道本線浜松駅からタクシーで10分
駐車場あり 7台