山梨県 明野 ハイジの村(旧 県立フラワーセンター)

山梨県立フラワーセンターが名前を変えて、「ハイジの村」になったそうです。先日ききょうやに行った時にそのチラシを見つけたのだけど、あまり魅力を感じず、ビラを持ち帰ることもしませんでした。けれどここ、去年ポスターで一目ぼれした県立フラワーセンターのことだったらしく、より素敵になってリニューアルしたらしいとの情報を聞き、出掛けてきました。
まずはエントランスを入るとハイジが迎えてくれて(ありがち〜)、その後はこんな風景。あら、外国にきたみたい〜!

エントランス近くの風景

園内に入ってすぐによい香りを感じました。これはビオラ。いきなり癒されます。
色とりどりのチューリップが斜面にいっぱいに広がります。ビオラをいっぱいに敷き詰めて、その中にチューリップが顔を伸ばしていて、とても鮮やか。 

チューリップのある風景 2

こんなにきれいなのに、ゴールデンウィークなのに混んでいない〜。存分にこのお花畑を独占している気分です。園内のあちこちにテーブルとベンチがあるので、花を眺めながら私たちは持ってきたお弁当を広げることが出来ました。

チューリップのある風景

疲れ気味のパパは娘とパークとレインに乗ります。1日乗り放題で¥500。うっ・・、入場料が大人¥500なのに・・と詰まるけれど、乗り放題の上にペットボトルストラップつき。これで持ち込んだペットボトルのお茶を首からぶら下げることができるので、お徳かも〜。1回乗車券なら¥300ですけどね。
パークトレインは3歳の娘でも¥500らしいです。けれど15分、ゆっくり園内を1周してくれます。駅は3箇所。園内は斜面でお年寄りにはきついかもしれないので、これを使えば楽だと思います。
来園者の約4割がこのパークトレインを利用されるそうです。解説もアナウンスされますよ。
ハイジグッズの売店もあります。タオル、人形、お弁当箱、ノート、エプロンなど。可愛いけどプチタオル¥550は高めかなぁ。 

ハイジグッズ

入り口近くではカフェや、お土産ものも売っています。カフェではバラのソフトクリームがありました。同行した私の両親も食べていましたが、やや濃い目のピンクでバラの香りがするらしいです。1日たっぷり楽しめましたよ〜。子どもの固定遊具も楽しいものがたくさんあって、半日は持ちそうです。ヤギもいました。

チューリップのある風景3

次回はバラの咲く頃、有名なバラの回廊というのを見に行きたいと思っています。
入園料 大人¥500 小学生以上¥250 駐車場無料
後日、薔薇の回廊を観に行きました。

レポートはこちら!!
薔薇の回廊後日談 2006.6.3

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする

コメント

  1. ハイジの村(山梨県立フラワーセンター)〔北杜市〕

    「ハイジの村(山梨県立フラワーセンター)〔北杜市〕」に関連するブログ記事から興味深いものを選んでみました。ぜひ、読み比べしてみてください。 =200…

  2. ロコログ♪ より:

    ハイジの村

    私は「アルプスの少女ハイジ」が大好き。子供の頃から好きで、生まれて初めて見た映画

  3. タクロウ より:

    僕は山梨のハイディの村へ行って主題歌のおしえてを歌いたくなった。ハイディやペーターやクララが立ってるのが解る。もう一つは神戸の六甲山牧場の中にあるハイディカフェには行ってみたい。ハイディ、ペーター、クララが出迎えてるからだ。

  4. あおい より:

    ★タクロウさん
    はじめまして!♪「おしえて」懐かしいですよね~。夏の明野は清々しく、唄いたくなるようなハイジの村です。六甲山牧場にハイディカフェ、というのがあるんですね。存じませんでした。教えて下さりありがとうございます!