相模田名民家資料館の「ひなまつり今昔展」(神奈川県相模原市)

ゆ~ちゃん♪さんの記事の写真に釘付け!!
これは是非観たいと出掛けてきましたのが、今回の訪問先、神奈川県相模原市にある相模田名民家資料館「ひなまつり今昔展」です。

田名のひなまつり今昔展


明治・大正・昭和のひな人形達を館内一杯に展示しています。

相模田名民家資料館

ここがその展示会場の相模田名民家資料館です。

木造の2階建ての渋いこの建物養蚕農家を移築再現したもので、昔の雰囲気を出すために古民家の木材を使って建てられています。

受付(土間)

受付では記名をお願いしています。

1 階は4つの間が田の字型にあり、12畳の囲炉裏付きの台所と、広い土間付きの玄関になっています。

押し絵の七段飾り

これは有志の方が作られている押し絵の羽子板の七段飾りです。

明治~大正のお雛さま

明治から大正のお雛さまのようです。

古いお雛さま

古いお雛さま。(大正時代?のもの)
現代のふっくらとして丸顔で黒目がちのおめめぱっちり、という感じとは異なり、昔のお雛さまは小柄でほっそりした感じ。顔つきも細面若しくは面長、目も小さめの感じでした。

誰の為に用意されたお雛さまなのかな?
そんなことがアンティークのお雛さまには感じられて、愛おしくなります。

古いお雛さま

古いお雛さまです。
お膳にしても、お人形が乗っている台にしても当たり前ですけど、木で出来ています。
着物も化繊なワケがないですよね?素敵すぎます。欲しいなぁ。アンティークのお雛さま。

いろんなものを観てきたお雛さまなんだろうなぁ、なんて思うとお雛さま達のお顔を覗き込みたくなります。

お社付きのお雛さま

お社付きのお雛さま。
流しびなが段々豪華になって裕福な時代になってくると、宮中の婚礼を模したひな人形の段飾りに変わっていきます。

1階の様子

1階のお雛さま達です。
お隣の2間にもお雛さまがこんな感じで展示されていましたが、圧巻です!

大正のお雛さま

大正初期のお雛さま。

変わり雛 舌切り雀編

古い時代から変わり雛はあったようです。
「したきりすずめ」ですよね?アンが気付きました。

つるし雛と段飾り

入り口近くにありました。

つるし雛

つるし雛です。
これもまた、空間を華やかにしてくれます。
3年くらい前から飾るようになったそうです。

2階のお雛さま

2階は養蚕関係の展示や、古い民具が展示されています。
お雛さまも近代のものが飾られています。

古道具1

古道具2

お蚕の一生を再現したものすご~~~~くリアルな模型があったんですが、虫ムシは・・、特に幼虫や蚕の成体ともなりますと、苦手な方も多そうなので画像のアップは控えることにしました。

相模原市の小学校では3年生で蚕の飼育観察をするそうです。
私も小学生時代に蚕を育てたことがあります。繭玉まで順調に育ったけれど、繭を茹でる為に学校に持っていくのがイヤで蛾(成体)になるまで育てちゃいました。
もともと、蚕は希望者のみが育てるというものだったので、それでも良かったんですけどね・・・。

シルクちゃん、ミルクちゃんなどと蚕に名前まで付けていました・・・。

2階から観た1階

1階に戻ります。

練炭

わ!嬉しい!
囲炉裏だぁ~~。

囲炉裏2

癒されます~。

囲炉裏にて


この囲炉裏のコーナーには熱々のほうじ茶が用意されていて頂くことができます。
心も身体もぽかぽかです。

田名大杉公園

外に出ると今日は春の陽気。
お隣の田名大杉公園で一遊びです。

田名大杉公園から観た相模田名民家資料館



>
田名大杉公園からみた相模田名民家資料館です。
本当にお隣なんです。
こちらの公園、水場はありますがトイレはないので、民家資料館の駐車場の端にあります、トイレを使用して下さい。

メジロ

メジロが白梅をついばんでいました。
もう、春ですね~。

この相模田名民家資料館の訪問の後、すぐ近所の相模川ふれあい科学館に行ってきました。こちらは小さめの水族館という感じですが、楽しめる場所です。セットで回られている方が結構いらっしゃいました。
>>相模川ふれあい科学館についての記事

ゴールデンウィーク前辺りからは、端午の節句の展示もしています。
後日談>>相模田名民家資料館「端午の節句祭」

相模田名民家資料館

神奈川県相模原市田名4856-2
問い合わせ先:(月曜日から水曜日)田名出張所 042-761-0056、(木曜日から日曜日)民家資料館 042-761-7118

入館料無料

開館日木~日の週4日間(祝祭日は休館する場合もあります。事前にお問い合わせ下さい。また、お盆とお正月は休館になります。)
ただし、「ひなまつり今昔展」の会期中(2008年は2/1~3/3、年によって変動あり。)は休館日も開館しているそうです。会期中のお休みについてはご確認下さい。

開館時間:(4~10月)10:00~17:00、(11月~3月)10:00~16:00

アクセス:JR淵野辺駅→水郷田名行き、半原行き、望地キャンプ場行き。JR相模原駅→大島経由橋本行き。JR橋本駅→大島経由相模原行き、水郷田名行き、望地キャンプ場行き
各路線、上田名または堀の内下車、徒歩約5分。

JR上溝駅→昭和橋経由相模大野行き
小田急相模大野駅→水郷田名行き、昭和橋経由上溝行き
各路線、田名小前下車、徒歩3分

駐車場:民家資料館に軽自動車用の1台も含めて8台。
ひなまつり今昔展の会期中は近くの自治会と農協の駐車場もお借りしています。徒歩2,3分程度の距離ですので、入れない場合はそちらをご利用下さい。電話すれば案内をしてくれるようです。

田名小学校前交差点に案内板があります。

雛祭りや雛人形にまつわる絵本ってあまり多くはないのですが、ちょっとアンティークなお雛さまをイメージさせるこちらの絵本はお薦め。
お蔵にすむ、ねずみのおばあさんとおひなさま達のお話しです。(以前記事を書いていました。>>ひな祭りにおすすめの本

知らないところでお雛さまがひそひそ話をしているのかな?なんて子ども達もイマジネーションが膨らむ1冊でアンもお気に入りです。

おまけ、ひな祭り用のういろうについての記事>>こちら
ひな祭りの菱餅のイメージです。真空パックなのでしばらく飾ってからいただくことができます。
味がいいのも満足です。

ちょっと2,3月多忙につき、記事の更新がままなりません。
ネタはあれこれあるのですが、存分にPCに向き合えず、更新できない日も増えていますが、出来る限り頑張っていきますのでよろしくお願いします。
園に出掛けることも多くて、いそがしー!!

コメント

  1. あっ、行かれたのですね~♪
    なかなか素晴らしい展示ですよね。
    資料館も素朴で、雰囲気がいいですし。
    昔のひな人形、かなり手が込んでいて、芸術作品のような…。
    それに、時代とともに顔立ちが変わっていくのが、一目瞭然で興味深かったです。
    今日は暖かくて、一足早いひな祭りにぴったりでしたね♪
    ここは、この後、端午の節句の展示もありますし、高田橋の鯉のぼりも歩いても行ける距離なので、ぜひ~♪

  2. miho より:

    すごい!!
    お雛様のオンパレードですね。
    私の実家では七段の雛飾りがありましたが・・もう処分してしまったのかなぁ~~
    すっかり見かけなくなりました(^^;)
    あおいさんのおうちはアンちゃん用にあるのかしら?
    羽子板の七段飾りなんて面白いし、囲炉裏とかもいいですね。
    もうすぐ3月。
    ひな祭りですね!!

  3. つるかわ住人 より:

    今晩は。
    赤い絨毯がまぶしいくらいに、きれいですね。
    私の家は、男の子だけなので、実際におひさまを飾ることがないのですが、これだけの飾りがあるのは、圧巻ですね。

  4. iso800cc より:

    うわぁ~凄い数のひな人形ですね。
    これだけの数に囲まれていると、とても不思議な雰囲気がします♪
    昔のおひな様も、ポーズが凝って面白いですね。
    もう、ひな祭りの時期かぁ~
    「ひしもち食べてみたい~」って、
    生まれてから一度も食べたことがないカモ。。。

  5. 相模田名民家資料館で、江戸時代中期から昭和にかけて作られたひな人形の飾り付けが始まる!!

    こちらも昨日1月28日(月)の神奈川新聞地域面
    《相模原・県央・県西面に掲載!!》から
    『カナロコ・900のひな人形飾り付け/相模原』
    という…

  6. おおがみ より:

    昨年はおだいり様とおひな様しか出さなかった当家のひな人形、今年は(妻が)がんばってしっかりと並べました。
    一年に一度くらい、きちんと並んでもらう必要があるなあとつくづく感じた次第です。
    ひな人形とひと言で言っても、ものすごい歴史と種類があるものですね。
    現代の風体で、進化はしないものなのでしょうか。

  7. ★ゆ~ちゃん♪さん より:

    記事を拝見して特に期間限定ものなので、急いで出掛けてきました。駐車場が少なそうだったので、心配していたのですが、早かったので駐められて。後で聞けば自治会と農協の駐車場も利用できると言うことなので、焦らなくても良かったのですが、朝のうちだったので、空いていたし、ゆ~ったり囲炉裏にもあたることができました。
    今年はひな人形を父の家から持ってきていないので、出していないんです。取りに行く時間もないし、アンになにかしらお雛さまと向き合う時間を作ってやりたいと思っていたので、出掛けられて良かったです。
    想像以上に古民家と赤い毛氈は美しくて思いっきり癒されてきました。
    いいところをご紹介いただいてありがとうございます。
    ゆ~ちゃん♪さんの記事でまた楽しい場所を教えていただきました。

  8. ★mihoさん より:

    アンにはお雛さま、買っていないんですよ~。
    こういうの、私の実家が贈るべきなのでしょうが、その辺り私の親は合理的で、私のお雛さまがあるのに、勿体ないと考えるわけです。
    初節句のお祝いや着物は用意して貰いました。
    私のお雛さまは父の家です。
    これも私の両親はあまり用意する気がなかったんですね。
    母方の実家が贈るんだとすれば、私の祖父母が贈るべきものだったんでしょうけど、私の母方の祖母はとっくになくなっていて、そこまで配慮できなかったんだと思います。
    弟の時には跡をとった、母の姉がすご~~く立派な鯉のぼりを買ってくれました。
    でも大きすぎてあげるのが困難なんです。
    季節行事は出来る限り用意し、味わいたいんですが、ひな祭りとアンの誕生日が近すぎて、私達はアンの誕生日の方に気がいっています。
    ひな人形、買うと1段飾りでもすごく高いですよ・・・。今更買う気にはなれないものなので、あるのなら大事にとって置かれた方がいいです!

  9. ★つるかわ住人さん より:

    古民家にこの赤はすごく映えて本当に美しいんです。
    明治~昭和のお雛さまってありますから、平成のお雛さまはないんですけど、このお雛さまひとつひとつに、両親や家族の思いが込められていたんだなぁ、なんて思うと感慨深いものがあります。
    子どもの頃なら古いお雛さまってちょっと怖いように思ったかもしれません。
    でも今の私にはその歴史や背負っているものがどんなものなんだろうと想像するのが楽しくて。
    下の子は男の子なんですが、お雛さまには心が行くみたいで良く眺めていました。油断すると触っちゃいそうなんですが、そこは見張っていました。

  10. ★iso800ccさん より:

    聞いた話によると、処分されそうだったお雛さまがこうやって再生されているのだそうです。
    どうしても住宅事情でしまっておくことさえ困難な家庭もあるんでしょうね。
    でもこうやってお雛さまを楽しむ人が大勢来て、心を和ませてくれます。
    菱餅って私も干菓子のようなのしか食べたことが無かったんですが、主人が山口県の出身でお雛さま用のういろうを贈って貰ったことがあります。
    これはお餅ではないんですけど、見た目は限りなくお餅チックです。
    プラスチックの偽物はちょっと味気ないっていえば味気ないんですよね。
    最近昔のものに憧れるようになってきました。これって年のせいなんでしょうか。

  11. ★おおがみさん より:

    お雛さまの飾りって本当に豪華で、子ども心にも美しくて羨ましかった記憶があります。
    雛飾りを出して貰ってお嬢さんもすごく喜んだのではないでしょうか?
    うちは取りに行くことが出来ずに今年は出せそうにないんです。
    娘に申し訳ない気持ちでいっぱいです。ちょっと償う意味でこちらを訪ねました。
    今後お雛さまはどう進化するか、ですよね。
    CGを使ったお雛さま?ちょっと味気ないですよね。
    顔は一番変化を感じます。
    たぶん、美人の基準が微妙に変わっているのかな、なんて思っています。

  12. miho より:

    高いんですね~~~(^^;)
    私の雛壇は私が生まれた時に父がお給料をつぎ込んで買ってくれたものだそうですが、場所をとるとのことで数年前に処分されてしまっていました・・・・ショック・・・・!!!
    と言うわけで、私も未来の旦那様に頑張って買っていただくかな(^^)

  13. ★mihoさん より:

    段飾りは確かに場所を取るんですよね・・・。
    ショックですね。
    私のお友達は4姉妹だったので、末っ子の彼女だけひな人形を買って貰えなかったそうなんです。
    ご両親がそれをずっと気にしていて、彼女の娘用にというより、彼女本人用にと今になってひな人形代を出してくれたと言っています。
    私もアン用に買おうかな、とちらりと思わなかったわけではありませんが私のもあるし、ふたつ出すのもなぁ、と考えると高価なだけに買うところまで達しませんでした。
    お父様、お給料をつぎ込んだものだなんて・・・、でもmihoさんが立派に成長したので、安心して処分しちゃった、と言うのもあるんでしょうね・・。
    未来の旦那さまに期待がかかりますね!

  14. miho より:

    彼に期待しちゃいますね(笑)
    彼の妹は年の離れた妹なんですけど、彼のパパはお嫁にいかせないように昔から3月3日が過ぎてもわざと飾っているんだとか・・・(笑)
    早めに片付けないとお嫁にいけないっていいますもんね。
    娘を持つ父の心境!?ですかね。

  15. ★mihoさん より:

    私、お雛さまを折角だからと、行き遅れ覚悟で平気で1ヶ月近く遅くまで飾っていましたよ。
    だけど、結婚するのは早かったのでどうなんでしょう?
    早くいかれても寂しいし、遅いと遅いで心配だし・・・。
    結局親が納得する結婚って難しいんですよね~。
    ちなみに私は付き合いが長かったので、さっさとしたら~という感じでした。
    ちなみに結婚ですがもっと早くても良かったかなぁ~、と今なら思います。
    mihoさんも相手がいらっしゃるならこれから楽しみですね~~~~。
    私にもハッピーを分けて下さいね~。