デュラレックス(DURALEX)のグラス

この記事は公開後1年以上経過しています。
現在は状況が異なる可能性がありますのでご注意ください。
デュラレックス・ピカルディー

 

デュラレックス ピカルディー 250CC(6個セット)


我が家で使っているグラスはデュラレックス(DURALEX)のものです。
以前使っていたグラスはシンプルなタンブラーでしたが、長年使っているうちに表面が傷だらけ、お客様に出すには恥ずかしいような状態だったので、キズがつきにくいということを第一に選んだ選択です。

 

デュラレックス社はフランス国営のサンゴバン社が1939年に世界初の強化ガラス製のタンブラーを作りだし、その後世界中に輸出するまでになりました。今はmade in FranceのものとSpainのものがあるそうです。

業務用としてカフェなどでよく使われる理由はとにかく、とても丈夫だと言うこと。
はっきりいって、子ども達も倒したり落としたりしているんですが、全然割れません。たぶん叩きつけない限り割れないのではないか・・と言うくらい丈夫なんです。
万が一割れても、丸く割れるっていうか、尖った破片にはならないんですって。
どういうことだか割っていないので、わからないんですけど。
ほどよい重さと厚み、カットの美しさで普通のお水もレモン汁を数滴垂らしたような美味しさを感じるのだから、見た目って大事です。

それから同じデザインでもサイズがたくさんあって、買う時には悩んじゃいました。
飲むものによってサイズを選ぶこともできますが、ほ~んと悩みます。
水や麦茶など飲むのが中心になることを考えて私は250ccのものをセレクトしました。
これが大正解。
これ以上大きいサイズだと子どもが飲むには飲みにくい。
かといって、これ以上小さいサイズだと度々注がなくてはならないでしょう。

子どもに持たせるのにどうかと思いましたが、適度な重さもあって、持ちやすいらしいです。
片手で持つにはちょっと大きいので、気になる方はお子さん用に更に小さいサイズをお求めになることをオススメします。
私の選んだ、一番ポピュラーなデザインのピカルディーは目新しさはないけれど、クセもなく飽きもきません。

暑くなってきたらアイスティーやアイスコーヒー用に360ccが欲しいかな、と思っています。
デュラレックスなら氷を入れておき、そこにコーヒーを注いで冷やすなんてワザもありなのです。

なんと、-25℃から100℃までオッケーなんです。
フリーザーも電子レンジもオッケー。当然食器洗浄機もオッケーです。
小さいサイズでフローズンヨーグルトを作るなんてことも出来ちゃいます。
欲しくなりませんか?

購入の仕方ですけど、セット購入がオトクなんです。
6個単位だとかなりの割引。
取り扱いショップが多すぎて選ぶのが大変だと思うので、私のお薦めはまんまる堂さんです。
他にも一見お安く見えるショップはあるのですが、カード払いが出来ず、先に振り込みが必要とか、一見安そうに見えて送料が全国一律¥1,000なんて高いところもあるので注意です。

ピカルディーだとよく見かけすぎて面白くないと感じる方はこちらはいかかでしょ?
 

 

デュラレックスプロヴァンス 250cc


こちらのデザインにも惹かれて悩みました。流通している量がピカルディーの方がはるかに多い分、安く買えるという事実も
あります。無難にピカルディーを選びました。壊れないから不足分を買い足すってことはなかなかないのだけど、数が欲しくなったらプロヴァンスもありかな、と思っています。