頂き物 LADY WALTON’Sのワッフルクッキー

この記事は公開後1年以上経過しています。
現在は状況が異なる可能性がありますのでご注意ください。
お土産


先日一時帰国したお友達(過去記事>>こちら)からのアメリカ土産です。
クッキーと言って頂いたんだけど、これって日本ではワッフルクッキーとか言われているものかな。
オランダでもポピュラーなお菓子だった気がします。
こちら、めちゃくちゃ美味しかった。

左:チョコレートクリーム
右:ホワイトチョコレートクリーム、フワンボワーズ系の香り

どちらも美味しかったけど、特に右側の香りにやられましたっ。

ワッフルクッキーを食べます

ああ、みんなが欲しがるからあっという間に食べきってしまいました。
そうそう、オランダではコーヒーカップの上にこのワッフルクッキーをのせて、少し温めてクリームを柔らかくしてから食べる、なんて方法を現地の人に教えて貰いました。

紀ノ国屋に行けば売っているかなぁ、なんて思いつつも、ネットで買えるものを捜してみました。


19世紀から変わらぬレシピで作られているデストルーパー家のバターワッフルは、ベルギー王室御用達の高品質な風味が魅力です。
バタークランブルは、バターを26%も贅沢に使用し、バニラ風味を加えて焼き上げたフワフワ食感のワッフルクッキーです。

オランダのピットフェルデーン社の原材料にこだわったクッキーです。「バター」

オランダのピットフェルデーン社の原材料にこだわったクッキーです。「キャラメル」

バターを22%使用した風味豊かなオランダの薄型ワッフルクッキーです。
価格は¥300~¥400台です。
まとめ買いもありかも~~。
アメリカ産のは残念ながら見つけられませんでした~。

P.S 最近ややバテ気味です。ご訪問したまま読み逃げしたり、失礼していますがまた復活しましたら、コメントさせて頂きます。