熱海駅前・家康の湯(足湯)、間歇泉 

熱海駅前熱海まぐろやでランチを食べた後(過去記事>>こちら)、駅前の足湯に浸かっていこうということになりました。

足湯に浸かる、あおいとレオ


私も勿論足湯に浸かってみました。
やや熱めのお湯ですが、慣れるとちょうどイイ感じでした。冬だからかな?
子ども達も最初は熱がっていましたが、すぐ慣れました。

家康の湯

こちら、家康の湯と呼ばれている足湯です。

この足湯は1604年3月、徳川家康が7日間熱海に逗留した史実の400周年記念事業として整備され、1999年12月10日熱海温泉組合により、熱海市に寄贈されました。

四代将軍家綱は熱海の大湯を御用汲湯として江戸城に運ばせました。この御用汲湯と呼ばれた温泉宅配便は、八代将軍吉宗の時がもっとも盛んで8年間で3643樽が運ばれたという記録が残っています。

江戸城までの15時間、「御本丸御用」の日の丸の旗を立てて走るその風景から「熱海よいとこ 日の丸たてて 御本丸へとお湯がいく」という唄が生まれ、江戸城に入ること、ちょうど良い湯加減になっていました。
(案内板より)


家康の湯説明2

足湯には100%本物の温泉を使用していますし、掛け流しだそうです。
間歇泉の噴出はリアリティーを追求したそうです。
確かに定期的に吹いているサマが別府の地獄巡りでみた間歇泉のようで迫力がありました。
こちらの場所では飲食は禁止です。

足湯の利用時間9:00~16:00まで

軽便鉄道機関車

この家康の湯のすぐ隣にあるこちらはおもちゃでも模型でもなくて、実際に使われていた軽便鉄道機関車です。

軽便鉄道は、明治40年12月25日に雨宮啓次郎翁が当時人車軌道であった熱海鉄道を蒸気機関車による軌道に変更し たもの。
大正9年、熱海軌道組合と名称を変更したが、国鉄熱海線の開通とともに大正11年1月一部廃止、大正12年の関東大震災により、ほぼ全線が崩壊し たため、同年9月21日廃業しました。 

その後、昭和46年4月29日熱海駅前に移され、昭和50年12月間歇泉造成工事の際現在の場所に移され、昭和51年10月14日鉄道記念日に、旧国鉄より「七号機関車」という名称で準鉄道記念物第一号に指定されました。


熱海市による熱海駅前のご案内(家康の湯他)
http://www.city.atami.shizuoka.jp/icity/browser?ActionCode=content&ContentID=1179452284919&SiteID=0000000000000&FP=toppage


コメント

  1. miho より:

    足湯気持ちよさそうですね~~☆あったまりた~~い!今年の冬は厳しい寒さですよね・・・
    1枚目のお写真を見て私も温泉旅行を計画しようと決めました!!!(^^)
    あおいさんは本当に色々な場所で素敵なお写真つきのリポート♪
    忙しくて、どこか行きた~い!と思ったときにいつも遊びにきちゃいます。一緒にお出かけを楽しめた気分になるので♪

  2. ★mihoさん より:

    それはありがとうございます。
    参考になったら嬉しいです。
    我が家のお出掛け先はファミリーで出掛けている分、機動力もないし、予算も限られちゃいます。
    mihoさんなら+αで楽しめると思います。
    ブログをみた方が同じところに行った時に役に立つような情報になるように心がけています。
    この寒さだから温泉に心が行きますよね~。
    私も温泉に行きたいけど、子ども達と足並みを揃えて入るのはエネルギーがいるんですよ~。

  3. 家康の湯と、SLいいですよね~♪
    軽便鉄道の前は、人力車だったんですよ…。
    小田原から延々と…、すごいな~って感じいってしまいます。
    伊豆に行くとき、熱海って、なにげに通り過ぎてしまう街でもあるんですが、街を散策すると、ホントにいろいろとあって、嬉しくなるとこですね♪

  4. どら衛門 より:

    山梨の石和温泉郷駅、春日居町駅前にも足湯があって、足だけでも浸かりたいな~と思うのですが、さすが地元だけあって、思うだけで「いつでも浸かれる」という考えから行った事がなんのですね。
    「家康の湯」というネーミングもOKですね~。

  5. ★ゆ~ちゃん♪さん より:

    熱海駅前に来ても、この辺りの存在に気付いていなかったんです。以前は人力車があったんですね。
    今回は車で通った時に、アンが見つけて立ち寄ってみることにしました。
    事前情報がなかった分、お得感があって嬉しかったです。
    この間歇泉、ほんと良くできていますね。

  6. ★どら衛門さん より:

    「信玄の湯」ってありそうですよね。
    では「勘助の湯」なんてどうでしょうか。ちょっと遅かったかな。
    石和のこと、知っているようで知らないので、今度行ってみようかな。
    最近はいろんなところに足湯ができて、私はとっても嬉しいです。
    なので、旅行の時にはジーンズを履いたらタイツは履かないようにしています。
    足湯を前にし、タイツのまま浸かるかどうか悩んだことがあるので・・・。