大井川鉄道のSL・C11 190となつかしの車両

この記事は公開後1年以上経過しています。
現在は状況が異なる可能性がありますのでご注意ください。
大井川鉄道SL

(C11 190)

静岡旅行2泊3日、最終日のメインは静岡県のほぼ中央を縦断する大井川鐵道(おおいがわてつどう)のSLです。なんと毎日のようにSLが走っているところだそうです。
(タイトルには「鉄道」と書かせて頂きましたが、大井川鐵道では旧字の「鐵道」と書くのが正しいようです。)
子ども達が大好きなSL、どんなに喜ぶかと思い今回の旅行プランに組み入れました。(現地に着くまで内緒でした。)

大井川鐵道は金谷駅~終点の千頭駅まではSLで約1時間20分

出来るなら終点まで行って、大井川の奥地にある温泉地・寸叉峡で1泊・・・なんていうのが理想なんですが、時間的にそれだと難しいので、私たちは新金谷駅~下泉まで乗車することになりました。

予約の段階で車で駅まで行くことを伝えたところ、駐車場があるのは新金谷駅だということで、あとはある程度乗った気分を味わえるようにと下泉を降車駅に決めました。
しかも新金谷駅には駅前プラザ・ロコミュージアム(過去記事>>新金谷駅前プラザ・ロコミュージアム)というものがあり、軽便鉄道などの展示があり、早めに到着したとしても退屈することなく時間を過ごすことができるんです。

それから、駅弁もチェック♪

大井川鉄道の駅弁

いくつか駅弁があります。

大井川鉄道の駅弁その2

せっかくなので、駅弁数種類をひとつずつと、手作りおにぎりを数個買って行くことにしました。

なぞのSL

なぞのSLです。プラザ・ロコ内に展示されていました。
気になるので、このSLについてご存知の方、ご一報頂けますと嬉しいです。

追記
このSL車輌はアンパンマンのイベントの際に、C11にペイントを施して、SLマンにしてしまったそうです。(アンパンマンの本にも登場します。)
情報を提供して下さった、PALEOさん、ありがとうございました!!(2008/07/17)

新金谷駅


プラザロコの向かいにあります、こちらが新金谷駅の駅舎になります。
新金谷駅の改札

新金谷駅の改札。
SL乗車や見学の混乱を避けるため、改札に入る時間の制限、入場券でのSL見学の制限をしていました。
休日だったかもしれませんが、SL撮影のための入場券購入は駅員さんが断っていました。

JAF会員割引

JAF会員の方へ。朗報です。
なんと、JAF会員の方には乗車割引があるそうです。プラザロコの方で乗車券をお求め下さいね。

大井川鐵道ではSL以外にも懐かしい電車を見ることができます。
東京出身の私は??だったのですが、山口出身の子どものころ、関西方面によく出掛けていた主人にはお~!という電車と再会。
何故なら、こちらでは関西に本社を置く私鉄大手からの譲渡された車両が走っているからなのです。

 

3507

3000系

3000系(2代)– 元京阪京阪本線の特急車。京阪時代「テレビカー」という愛称で親しまれていたが、テレビは入線時に撤去されている。軌間の違いにより京阪より譲り受けたのは車体のみで、台車は元営団地下鉄(現・東京メトロ5000系のものである。(wikipediaより)

571

421系

421系– 元近鉄名古屋線の特急車。名古屋線近鉄名古屋駅伊勢中川駅間の改軌後、急行用に格下げのうえ中央部に両開きのドアを設置して使用されていたが、後に狭軌に戻され養老線に移籍していた。冷房を装備していないので予備車となっている。主に他車両の検査で車両不足が生じたときなどに運用される。(wikipediaより)

新金谷駅のホーム

新金谷駅のホーム。
線路もちょっと懐かしい感じですよね。

16000系

上のホームの写真と同じ車両ですが、
16000系

16000系– 元近鉄南大阪線吉野線の特急車。ワンマン化改造された以外はほぼ近鉄時代のまま使われている。3編成が在籍し、現在の大井川本線の主力となっている。

不明
C11 190

待ちに待った、SL・C11 190です!!

記事が長くなりそうだったので、話の続き記事(>>SL・C11に乗りました)を書きますね。

大井川鐵道株式会社
http://www.oigawa-railway.co.jp/
電話番号:0547-45-4112(9:00~17:30)