焼津さかなセンター(静岡県焼津市八幡)

焼津さかなセンターキティ

静岡旅行2泊3日。
ようやく最後の訪問地の記事です。
行きに清水魚市場河岸の市(記事>>こちら)でランチを食べた時に、美味しそうなお魚をたくさん見たので、
帰りは自宅用に魚を買って帰ろうと思っていました。
同じところに寄るのも何なので、寄っていったのは焼津です。

写真は焼津さかなセンターのおみやげ屋さんの前で、決してさかなセンターの入口に存在していたわけではなかったのですが、なんとなく気に入ったご当地キティでした。

焼津さかなセンターの中の様子

焼津さかなセンター約60店舗のお店が存在する焼津港や小川港からの魚介類が中心の市場です。
センター内は通称かに街道とも呼ばれるイエロー通り。業者専用のエリアもあるレッド通り
まぐろ街道と呼ばれるブルー通り、その他ピンク通りグリーン通りの5つの通りに分かれています。従ってセンター内はその通りを確認しておけば、はぐれてしまっても連絡が付きやすいかと思います。

センター内マップはこちら↓
http://www.sakana-center.com/map.asp

名前のとおり、かに街道沿いにはかにを扱うお店が多く、まぐろ街道沿いにはまぐろを扱うお店が多いです。

マルモノ

というわけで、まぐろです。
大きさに寄って値段はだいぶ変わります。

マルモノ かつお

近海カツオ。

焼津港は鰹の水揚げ量が日本一なんだそうです。
国内の鰹のおよそ半分が焼津港で揚がっているんですって!

かつおのなまり節

・・ということを、こちらのお店(川直)でしりました。
かつおのなまり節は、こちらのお店しかありませんでした。
真空パックなまり節のならあるけど、作りたてが売られているのはこちらだけでそうです。
できたてと真空パックでは味が全然違うっ!焼津にきたらオススメのお土産のひとつです。

なまり節と新玉ねぎのスライス、なまり節と筍の煮物をおすすめメニューとして案内していました。
自家製のなまり節だそうで、お茶漬けやフライにしても美味しいそうです。
川直さんのサイトには美味しい食べ方のレシピもありますので、是非参考に!

市場の閉まる時間の30分くらい前に到着したので、いろんなお店ではどんどん、値引き交渉ができましたが、こちらのお店はなまり節なだけに全く値引きはしていませんでした。
ある意味、買い物に気が楽ですね。今回迷って買わなかったけど、惜しかったなぁ・・・、と後悔しています。
できたてのなまり節をその日のうちに配送するなど、通販もしているそうです。

川直(通販可)
http://www.kawanao.com/

値引き交渉といえば、なまり節だけでなく、冷凍物もまず値引きに応じてくれません。
生物、干物、お弁当などの調理済み食品は値引き交渉ができました。
なんとな~くですが、清水魚河岸の市の方が安く思ったのですが、これは清水~は平日に出掛けたからかもしれません。こちらは日曜日だったので、閉店間際でも来場者も多く、お店側も強気の値札をさげていたのかなぁ、と。

私、魚介類が大好きなので(その代わり肉はパスって感じです。)どれを買って帰ろう~、とワクワクしていたんですが、考えてみると冷蔵庫や冷凍庫に余裕があっただろうか・・・、と心配になってくるわけでした。おまけに日持ちが気になる。
旅行から帰ってくると疲れているので、翌日はだいたい荷物の片付け。料理が面倒なのはイヤだなぁ、とか段々買い物熱が冷めてきて・・・・、

結局、日持ちする干物を買って帰ろうー、ということにしました。

ほっけ干物

ほっけの干物。これで¥1,200→¥1,000でした。
ほっけはもともと、大きいけどこちらのは輪を掛けて肉厚で大きかったです。

鰺の干物

鰺の開き。こちらも値引きして貰ったような気がするんですが、記憶が曖昧です。

ほっけにしても、鰺にしても、生に近い干物という感じで塩加減が絶妙。やっぱりもっと買ってくればよかったかなぁ、と思いました。干物状態なら冷蔵庫でも何日か持つし、冷凍庫で保存すれば1ヶ月オッケーだと言うことでした。もっと大きな冷凍室があればたくさん買って帰りたかったのに。

やはり鮮度がいいうちに作るから干物も美味しいんですよね。

休憩中のアン
(かつおのぼり?)

母と私がセンター内を買い物でうろうろしている間、レオはお昼寝。アンはしばらくは付き合っていたのですが、何周もになってくるとさすがに疲れたらしく、ところどころにある休憩コーナーで休んでいました。ここには自販機があり、飲み物を買ってパパと休憩していました。

焼津さかなセンターにて

焼津さかなセンター
http://www.sakana-center.com/

静岡県焼津市八幡4-13-7
電話番号 054-627-3211
営業時間 9:00~17:00
定休日 不定休、水曜日は半数がお休み。元旦は休み。
アクセス JR東海道本線、焼津駅からタクシーで12分
駐車場 600台


コメント

  1. cage より:

    あおいさん、こんにちは。
    厚木の妹のところで食べた「かつおのなまり節」
    がすごく美味しかった。産地表示には焼津
    となっていました。真空パックでしたが、
    イメージを変えるような衝撃的な味でした。
    こちら関西で食べる「かつおのなま節」は
    旨みが全然ない「スカスカ」な味の「なま節」
    ばかりなのです。
    それで、なまり節を再認識しました。どちらかというと
    まずい料理素材として、私の中にあったものが
    「ごちそう」に一変したのですよ。
    作りたてならもっともっと美味しい筈、
    これは密かに狙っていたものです。

  2. こちらのさかなセンターも、人気がありますよね♪
    あちこちで、こういう施設があって、旅行の最終日は買い物デーって感じですよね♪
    アイスボックスを持っていった方がいいのですが、いつも、忘れてしまいます…。
    新潟・北陸、そして、近場では三崎、小田原、沼津、焼津、あと伊豆のあちこち…どこでもいいから、行きたくなってしまいました♪

  3. ★cageさん より:

    なまり節の味見をしたんです。確かに美味しかったけど、美味しいもの三昧だったし、焼津に寄ったのは自宅用に普段食べるさかなしかイメージしていなかったので、手を伸ばさなかったんです。
    (お友達で静岡土産によく鰺の干物をたくさんくれる方がありまして・・・。とても美味しかったんですよ。)
    でも、後で後悔するってありますよね。
    川直さんのサイトを覗いたら惜しいことをした、って悔やんでいます。
    真空パックのものでも美味しいんですね。でも関西のものとそんなに違う物なんですかー。それにも驚き!です。

  4. ★ゆ~ちゃん♪さん より:

    私もアイスボックスを忘れてしまいがちなんですが、頼めばお魚を買ったところで無料で発泡スチロールの容器に入れてくれたり、保冷剤を用意して持ち帰りやすいようにしてくれますよ~。なくても大丈夫なんです。これは他の市場でも同様です。
    2泊すると結構遠くまで行けますね。体力的も2日くらいがちょうどイイ感じでした。満足の行く旅でした。
    私も国内あちらこちら行きたいんですけど、夏の予定は固まってしまいました・・・。