クリスマスのホームパーティ

この記事は公開後1年以上経過しています。
現在は状況が異なる可能性がありますのでご注意ください。
24日

(とうとうこの日がやってきました・・・! アドベントカレンダーより24日の扉の絵)

クリスマスイブは家で過ごすことにしました。
と、申しましてもゆっくり過ごすというわけにはいかず、前日からあれこれ作業が入ってきまして、殆ど料理を用意するのに追われてしまった・・、というのが私のクリスマスでした。

 

クリスマスディナー

段々とお料理が運ばれます。

それではご紹介~♪
クリスマスのメニュー

リースサラダ

・リースサラダ

・あさりとマッシュルームのミネストローネ(写真なし)

ミートローフ

・ミートローフ

スモークサーモンとアボカドのお寿司

・スモークサーモンとアボカドのお寿司

骨付きチキン

・骨付きチキン(これは冷凍パックを茹でるだけのコープ・パルシステムのお総菜でした。)

お菓子の家

・お菓子の家

ブッシュドノエル

・ブッシュ ド ノエル(ケーキ)

なんせ間際まで私が病んでおりましたので、メニューを決めたのは前日の朝という状態。お菓子の家だけはチャレンジしてみたいと思っていましたが、他は吟味して考える余裕はありませんでした。

お菓子の家だけは前日の夜から準備をしましたけど。

当日は朝からお菓子の家の組み立て→ミートローフ・・という感じで夕方までずっと料理していました。今回のワザ?については後日お話しするかもです。

子ども達はその間、サンタクローズ [DVD] という映画をみたり、お友達のピアノコンサートを観に行ったり楽しく過ごしていたようです。

たま~にクリスマスとかサンタクロースモノの映画ってホラーだったりするものもあるのですが、こちらは大人から子どもまで安心して観ることが出来る映画です。

主人公のバツイチのサラリーマン、スコットはある日、怪我をしたサンタクロースと出逢ってしまったことから代わりのサンタクロースになることになってしまいました。
息子、チャーリーはそれを知って喜び、そんな様子をみて不信感をもった前妻と現夫の精神科医はスコットとチャーリーを引き離そうとします・・・。

サンタクロースの世界や妖精などが出てきて、ファンタジーだけど、現実にそうかもしれない、と思わせられるような部分もあって子ども達は真剣に観ていました。
サンタクロースの存在を信じたい子ども達にうってつけの映画です。

アンとレオ

ゲームや歌を歌って楽しむというのは子ども達に任せて、私は何も音頭をとりませんでしたから、それが大きな反省点。
子ども達はパーティのメニューをとても喜んでくれたけれど、テーブルコーディネートまではとても気が回らなかったし、今度はもっとパーティの中身を工夫する方にも力を入れたいなぁ、と。

クリスマスツリー

それでも家族でゆっくり過ごせて楽しいクリスマス♪でした。