ルピシアの紅茶

この記事は公開後1年以上経過しています。
現在は状況が異なる可能性がありますのでご注意ください。
ミス・モーリーフラット

 

(ルピシア、ミス・モーリーフラット)

こちらは頂き物のルピシアフレーバードティーのギフト缶です。
可愛いでしょ?
結構お茶類って頂き物が溜まりがちなので、よく分からないのを頂いてもなかなか手つかずだったりするんですけど、ルピシアは別。
いつ開けようか、
勿体ないけど、開けないのも勿体ない・・・。
飲む時を選んでしまうお茶なのです。

フレーバードティーとは・・
中国で生まれ、ヨーロッパの人々に愛され続けてきた、花やフルーツで香りづけしたお茶です。

こちらのミス・モーリーフラット(Miss Jasumin♭)は缶と中の袋を開けたところ、ふわ~っとなんとも華やかな香りが広がりました。
開ける度にさわやかな香りが広がるんです。


上質な緑茶に茉莉=ジャスミンのアクセントジャスミンティー/Miss 茉莉 ♯/50g 缶入/ルピシア

Miss 茉莉♭(ミス・モーリーフラット)

ベルガモットと熟したフルーツの可憐な芳香、ジャスミンの余韻が魅力的な紅茶。

おいしい入れ方の目安。(カップ1杯分 110cc)
茶葉の量 2.5-3g
お湯の温度 熱湯
侵出時間 3-5分
煎出回数 1-2回

 
こういった説明・・お茶をおいしく頂く為のカードが入っていて、目安になります。
本当に紅茶の味がするのかしら?と思うくらい良い香りなんです。
それが化粧品のような香りだったらイヤですけど、フルーティな香りですから癒されるんです。
紅茶独特の苦みは少なくてスッキリした味です。
そして後味にジャスミン茶の味わい。

ジャスミン茶がお好きな方にも良いかもしれないです。それほど、ジャスミンしていませんけど。

こういうお茶を飲むときには誰にも邪魔されたくないので、子どもが寝た後などに頂いています。本当はお友達と飲めるのが楽しいんでしょうけど、私、ひとりで頂いています。浸りたいもので・・・。

このフレーバードティー、いろんな種類があって選ぶのが楽しいんです。
フランボワーズやオレンジ、ブルーベリーや、白桃、マスカット、バニラ、サクランボなどで香り付けしたお茶、ウェディングと名前がついた、きれい色の花びらがたくさん入ったフルーティなお茶、クリスマスリースという名前のクリスマスティー。ボンボンはキャンディーのようにいろんなフルーツの入ったお茶・・・。

クリスマスティーは在職中、毎年プレゼントして下さっていた方がいたんですが、今は自分で買わなくてはなりません。
冬場はアッサム系のミルクティーが飲みたくなりますけど、クリスマスシーズンに気になるのが、ルピシアのホワイトクリスマスかな。
お値段も50g¥700と結構するので、プチ贅沢です。
このホワイトクリスマスは、

ミルキーなホワイトチョコレートで包まれた焼き菓子の中にほんのりアプリコット。【ホワイトクリスマス】は、窓の外に雪が降るクリスマスの夜、家族や仲間 が集う場面をイメージした紅茶です。コクがありながらさっぱりとした風味の茶葉を使用し、ストレートでもミルクティーでもおいしく召し上がれます。寒い夜 に、そっと心を温めてくれるお茶です。

という紅茶。

クリスマスの焼き菓子をイメージしているそうです。ちょっとゴージャスな感じですよね?

子どもが生まれる前は結構飲んでいた紅茶。
やけどさせたらいけないと、沸騰させた湯を使う紅茶は敬遠していましたが、育児疲れに効きます!!

こちらの本はルピシアの監修の紅茶レシピ、私も紅茶のアレンジティーが好きなんですけど、紅茶ってこんなに楽しめるの?というようなデザート的な発想のものもたくさんあるんですよね。

ティーポットに残った紅茶で紅茶ゼリーを作ったり、無駄のないプチ贅沢を楽しみたいです。なかなか台所に向かう時間を作るのが大変ですけれど、レオがもうすぐ2歳。
少しずつ私の時間も作れるのではないかと思っています。

時間が出来たらあれもしよう、これもしよう~、と思っているけど、まずは家の掃除から・・・。レオのいたずら対策で開けられなくなっていた食器棚やカウンター下の収納など少しずつ使えるように戻しています。

LUPICIA
http://www.lupicia.com/

ちなみにルピシアの後日記事>>さくらヴェール(桜の緑茶)の話