べるがの堰堤と尾白川温泉

尾白川の堰堤へ

この3連休はまた北杜市へ~。
そこそこ暑かったので水遊び納めに白州にあります、尾白の森名水公園べるが(verga)へ行ってきました。

こちらの水遊びは2カ所で楽しむことができます。(過去記事>>こちら
親水池(小さな子向け)
尾白川堰堤(大きな子向け)

堰堤の方は前回主人&アンのみで出掛けており、私とレオは行っていないので、リベンジです。

駐車場に車を駐めて、「森のレストラン」を突き抜けて行きます。

森のレストラン

こちらが森のレストランです。


森のレストランを突き抜ける
ヤマメがいる池

池がありヤマメ?がたくさん、放されています。
ニジマスも2尾見かけました。

森のレストランを突き抜けると

森のレストランを突き抜けると、そこは森。
この後ろ(見えます?)にあるものはなんでしょう?
野鳥を観察するためのもの??

どんぐりが落ちている

どんぐりがたくさん落ちていました。

ドングリ拾い

こうなるとどんぐり拾いが始まります。
何か袋ちょうだ~い!!

歩く

親水池は駐車場からすぐのところにありましたが、堰堤の方は駐車場から結構歩きます。それも舗装されていない森の中を歩く事になります。
子どももいるので10分くらい歩くでしょうか。

きのこ
きのこ発見~!!

こういう発見が森の中の楽しいところです。
私は森の散策なども大好き。
子どもがもっと歩けるようになったら、ハイキングに行きたいです。但し、地図が読めない女、なのでやはり主人が一緒でないと遭難してしまいそうです。

歩くの大好きです。

看板

あ、もうすぐよ~。

堰堤1

私は上から撮っています。
とても下では休むところもベビーカーを置くところもないので、貴重品は身につけ、その他の物はベビーカーに置きっぱなしです。

台風の9号の影響か前回アン達が来たときと石の配置が変わっていました。

展望台

あの展望台の上へ行ってきます!!

堰堤2

そこから撮るとこんな感じ。

滑り台

そしてレオが滑り台をします。
水量が多くないので、溺れることもなさそうです。
アンは前回、いきなりこの滑り台で降りて冷たい水へぼっちゃ~ん!
トラウマになったらしく、今回滑り台はやろうとしませんでしたね。

川遊び

子ども達も川の中を歩き回り、ばしゃばしゃよく遊びます。
水は入ってしばらくは少し冷たく感じましたが、すぐ慣れました。
レオは全身を川に浸けていました。

こちらの水、本当に透明です。

川の中の石も苔などついていないし、ヌルヌルもしていないんです。
このまま、すくって飲めそうなくらいキレイに見えます。

滝のトンネルへ

こちらは滝のトンネル
レオは少々嫌がっているようですけど。

滝のトンネル2
(滝のトンネルアップ)
滝のトンネルから出てくる

滝の裏側に同じくらいのトンネルがあって、そこから出てきました。
滝の裏側からも写真を撮りたいトコなんですけど、カメラが壊れると困るので、止めときました。

我が家のサブ機のIXYデジタルが最近壊れちゃったんです。

防水カメラが欲しいとパパがいっておりますが。。
我が家はビデオカメラもそろそろ寿命を迎えそうです。

萩の花

(秋の七草・萩)

そろそろお腹が空いたというので、親水池に行って食べましょう。
写真は秋の七草のひとつ、です。

今年はお月見(中秋の名月)が連休明け25日ですよね?
どこかでススキを採って帰らなきゃ・・・。
本当は秋の七草も飾りたいところですね。

ちなみに秋の七草ですけど。
・桔梗
・萩
・女郎花(おみなえし)
・すすき
・葛
・藤袴
・撫子(なでしこ)

です。

親水池でお昼

お昼は白州道の駅のところのスーパーエブリで購入です。
こちらのスーパーはSPARというコンビニの経営だそうです。

わかります?
夏と違って、このテーブルのあるところもビニールテントがなくなっているんです。
まだ充分日差しは暑いですよ。
見守るママさん達も日焼けしちゃいます。

水の回転台
(回転噴水)

親水池のシンボルです。

回転噴水説明

こちらは尾白川の源滝に見立てられているのだそうです。

ボートを浮かべ

またボートでぷかぷか~。

尾白の湯の建物

今回は尾白の湯に行こう!
と言うわけで、あちらは尾白の湯の建物です。

前回は足湯だけだったので・・・。
足湯(無料)が気になる方は過去記事をご覧下さいね。(過去記事>>こちら

尾白の湯の前

2006年の4月のオープンした新しい施設です。

こちらは八ヶ岳周辺・北杜市の超リピーター(と勝手に名乗っています。)の私もオススメです。

入園料の¥200(5歳以下無料)とは別に、北杜市市外の人は大人が¥500、子どもが¥200です。小学生以下は無料です。

北杜市民は入園料が無料。尾白の湯は大人¥300、子ども¥200です。

飲める温泉

湯殿の前に飲用の温泉がありました。

飲める温泉説明

(説明)

この後、私たちは温泉に入ります。

男性が「八ヶ岳の湯」
女性が「甲斐駒ヶ岳の湯です。

温泉はとても広いんですよ。

ナトリウム-塩化物泉(高張性中性温泉)だそうです。

大浴場、寝湯、水風呂、打たせ湯、それにドライサウナミストサウナがあります。
大浴場は41℃、寝湯は38℃になっていましたので、小さな子どもでも熱がらずに入れます。

大浴場のお湯はねっとりまではいきませんが柔らかく、澄んだ感じの水質です。飲用ではありませんが、飲めそうなくらいきれいに見えます。これは施設自体が新しくきれいなせいなのかしら?

寝湯は寝そべってはいるお風呂です。
でも身体が浮いてきちゃうんですよね。重しが欲しいといつも思うんです。
ダイビング用の重りを貸し出してくれたら嬉しいんだけどな~。
あ、でも温泉だからまずいのかしら?

露天風呂は2種。
こちらも広いんです。

お見せできないのが残念ですけど赤湯白湯があります。

赤湯:甲斐駒ヶ岳の湯
赤・・というか茶色い湯なんです。
臭いはないんですけど、手ですくってみても明らかに色があります。
刺激はなく、こちらも満足度高いですよ。
いかにもお肌に効いてきそう♪

あの有馬温泉の泉質と同じ!!だとか

詳しくはこちら!
尾白の湯(ナビィーシティより)
http://www.navi-city.com/yu/ojiranoyu/index.html

白湯:尾白川の湯
透明度の高い湯。こちらは寝湯のコーナーがあります。

どちらも気持ちいいですよ。
2つが近くに並んであるんですが、お得感いっぱいです。

子ども達は男湯と女湯と両方入ってきました。
約1時間半は楽しんだことになります。

くつろぎソファ

入浴前後はこちらの休憩室の片隅のソファーで横になりました。

くつろぎソファ2

このようにリクライニングが出来るので、ゆ~っくり休めます。
主人と私とは交代交代でお風呂に行きましたから、こちらで寝ることができ、日頃の疲れを充分にとることができました。

尾白の湯に入るためだけに来てもイイかも♪

エアコンもちょうど良い具合に効いて心地よいです。

お茶コーナー

無料のお茶コーナーがあり、休憩室に運ぶことができます。

休憩室

ペットボトルは持ち込みですけれど、お茶は頂いてきました。

リラックス場所

休憩室以外にも、たくさん、椅子やテーブルがあります。

向こうに足湯が

こちらからは足湯が見えますね。

足湯の向こうがこちらの尾白の湯の駐車場になります。

小さい方の休憩室

小さい方の休憩室です。
他にお食事処自動販売機もあります。

レオも温泉を楽しむようになってきたので、これからは温泉三昧?もいいな!
公園内にはキャンプ場があり、こちらのキャンプも是非、チャレンジしたいです。
こちらで温泉に入ってキャンプだったら気持ちよさそうですよね。

尾白の湯
http://kozaroom.fc2web.com/kouen/onnsenn/kita_koma/hakusyu/beruga_ojiro/ojiro.htm

こちらのサイトには温泉の写真などもあり、温泉施設の様子がよくわかります!

山梨県北杜市白州町白須8077-1
0551-35-2800

営業時間 10:00~21:00(入湯は20時までだったと思います。)
定休日なし(以前は火曜がお休みだったそうです。)

べるが
http://www.city.hokuto.yamanashi.jp/hokuto_wdm/html/joy-h/13282031442.html

堰堤や宿泊、その他公園内のことについてはこちらをご確認下さい。

その他周辺レジャーリンク集はこちら!随時更新中!!>>
八ヶ岳・北杜市周辺観光、レジャーリンク集

コメント

  1. やっと涼しくなってきましたね!
    (まだ暑い日もありますが・・・)
    またまた”尾白の森名水公園べるが”行かれたんですね。
    いいな~(^-^)
    ここ、すごく気に入って…来年も絶対に行こう!って
    もう決めてます(笑)
    1日遊んだ後、締めは”温泉”なんて最高ですよね!
    北杜市・・・良いところです。

  2. kippo より:

    尾白の森名水公園べるがって初めて見聞しました!
    自然がいっぱいで、気持ちのよさそうなところですね。
    今年はいつまでたっても蒸し暑いので、
    水遊びしているお子ちゃまたちがうらやましい~!
    それに、いっぱい遊んだ後の温泉!!
    気持ちいいですよね~♪
    kippoまで行った気分になって
    楽しく読ませていただきました!

  3. ★はじめないっぽ...。さん より:

    ここ、宿泊施設もあるんですよね。私はこちらでキャンプデビューをしたいです。
    キャンプは中学1年生以来です。飯ごうでのご飯の炊き方も忘れてしまったので、リハビリにはこの辺りからが良いような気がします。
    こちらの温泉、泉質はすごく良いようです。
    赤湯と白湯、ふたつを楽しめるし、施設も新しくてきれいです。以前リラクゼーションルームといって有料だった場所が、今は無料になって休憩室になっています。リラクゼーションルーム用だったソファが自由に使えるんです。ご機嫌ですよ~。
    もっとゆっくりしたかったんですけど、夕食の支度が気になって帰りました。
    北杜市に泊まる場所があるおかげで、周辺の事には詳しいです。地元の人とは違う感覚で、北杜市周辺レジャーの情報をこれからも書いていこうと思っています。
    良いところだといって貰えるのがとても嬉しいです。

  4. ★kippoさん より:

    こちら、数年前に出来たところなんです。
    水遊びや公園で遊ばなくても、食事や温泉に入りに来る方も結構いらっしゃいます。散策コースもあるので、森林浴にもいいかと思います。
    この記事、遊んだその日の夜中に書いて、急いで書いたので写真とかバンバン貼ってちょっと雑なんですけど、読んで下さってありがとうございます。
    父が北杜市で隠居しているので、つい休みがちょっとあると出掛けていってしまうのが八ヶ岳方面です。でもだんだん寒くなってくるとあちらは辛いんですよね・・・。
    今はとても過ごしやすいです。
    連休中はあちこち激混みで昼食を食べる場所に困ってしまいました。結局コンビニ食になってしまったのが昨日です。

  5. あっ、最後から2番目の写真の右端のソファ、僕が座ってたソファです♪  8月初旬だから、もう2ケ月前だ…。
    尾白の湯は、僕のランキングでは、上位№2ってくらいに、気に入ってます♪
    3連休、混んでなかったですか?
    秋もいいんだろな♪

  6. ★ゆ~ちゃん♪さん より:

    それが案外混んでいないんです。
    人もいるにはいるんですけど、混雑という感じではなかったですよ。キャンプ場の方はテントがたくさん立っていたので、大賑わいでした。
    秋まではイイです。
    冬は・・・・・・・。寒冷地なので、しんどいですがスキー場とか近いですから、スキーヤーがいらっしゃいますね。でも観光客はぐっ、と減ります。
    清里周辺も閉めているお店が増えます。
    小淵沢より標高が低くなると冬でも開いているお店が多いので、これは標高差による気温の差かと思います。雪の量が全然違います。
    私も気軽でくつろげるところで気に入りました。前回も入っておけば良かったと思うくらいです。
    北杜市民の父に強く勧めました。

  7. やっほ~♪やっこです! より:

    尾白川渓谷

    千ケ渕です。吸い込まれそうなくらいキレイな水でした。 とっても冷た~い水。裸足になって足をつけたらしびれそうでした。

  8. やっこ より:

    あおいさん、たびたびお邪魔します^^;
    こちらにTBさせていただきました~!
    上流のほうはご存知なかったようですね。
    べるがから10分くらい車を走らせたところですよ。
    こちらは天然ですから、石がゴロゴロしていますが、水は冷たいしとてもきれいです。
    駐車場が狭いので、早めに到着することをおすすめします。
    お子さんが大きくなったら、山歩きしながら滝巡りもいいと思います。
    道の駅のお弁当とフルーツ、あおいさんも買ったのね!(^^)

  9. ★やっこさん より:

    訪問ありがとうございます♪
    何度も来て頂けるなんて光栄です。
    ・・というか、お手間を掛けてすみません。
    SEO的にもこちらにTBして頂いた方が効果が高いはずなので、折角ですから~、と思いました。
    今回は母と訪ねるので、上流の方まで行かれないかもしれませんが、近いうちぜひ行ってみたいです。