鎌倉の大仏

桜フレームの大仏

(パパのお気に入りの1枚)

鎌倉ネタが続きますが、パパがどうしても早く記事にして欲しいというので・・・。

鎌倉に来たからにはやはり大仏を観に行かなくては。

鎌倉の大仏は主人も私も何度も観ているのですが、子ども達に見せたくて(でもレオは思いっきり昼寝中でした。)昼食後、江ノ電に乗って、長谷駅で降りました。

そこから微妙に混雑して歩きにくい車道沿いの歩道をちょろちょろ歩くと、大仏のある高徳院
こちらは浄土宗のお寺で正式名は大異山高徳院清浄泉寺(だいいさんこうとくいんしょうじょうせんじ)で神奈川県下で唯一国宝に指定されている仏像になります。

よく奈良の大仏と比較されますが、奈良の大仏の建立が国家事業だったのに対して、こちらは庶民からの寄付で造った庶民のものでした。

もとは木像仏で大仏殿がありましたが、大風でどちらも倒れ再建されたのが建長4年(1252年)のこと。銅像になりました。

その後も倒壊することがありましたが、その度に再建。しかし明応4年(1495年)の大地震で大津波が起き、大仏殿は倒壊、その後再建されず今日までこのような姿で青空の下で過ごしています。

桜と鎌倉大仏

せっかくだから桜をいれた大仏の写真を撮ろうとしたら、同じアングルを考えている人が結構いて、同じような位置からカメラを構えていました。

鎌倉の大仏


正式には阿弥陀如来坐像

なぜ、このようなガイドのようなことを書いてしまうかというと、私が歴史好きなのです。日本史・世界史は大好き。中学生の頃はバスガイドさんになりたいとも思っていました。社会科の先生もいいな、と。
どうして幼稚園の先生になったんでしょうねっ?

如来とは・・
悟りを開いて仏になった姿を写したもの。

出家姿で装身具などはないのですが、超越した存在であることを表す身体表現がされています。

例えば、こぶ状の肉けいは知恵がたくさん詰まっていることを示し、頭髪1本ずつが右回りに貝のように巻いているのは螺髪(らはつ)や額の中央の白毫(びゃくごう)などもその表現になります。

一方で菩薩は悟りを求めて修行するものを表していますので、冠や装身具を身に付けています。

ちなみに阿弥陀如来とは・・・
外見的には釈迦如来と似ていますが、両手を合わせた九品印を結んでいるのが特徴。

人々を多く救うという意味で指が水かき状になっています。

鎌倉の大仏 正面

(正面)

鎌倉の大仏 背面

(背面)

羽が生えているみたいですよね~。

金箔の名残

もともとは金箔が貼られていたらしく、その名残が顔面の右側など、ところどころに確認できます。

大仏の胎内の案内

¥20で胎内を内覧できます。
レオが寝てしまったので、アンとパパが覗いてきます。

胎内1

大仏を作る際の継ぎ目などがはっきり確認できます。

胎内2
胎内3

大仏様の背中にあった、羽のような物は窓だったわけで、中から眺めることもできるんですね。一般に開放はされていないようですが。

鎌倉の大仏様のぞうり

豊作の感謝を込めて奉納された大仏様用の大わらじ
本当はアンを前に立たせて写真を撮りたかったけど、ちょうどこの前が喫煙コーナー。タバコの煙モクモクで、アンには拒否されてしまいました~。

パパのとこも私のとこも、煙草を吸う人がいないのでアンには未知の物に映るようです。

(比較してみよう)

鎌倉の大仏  奈良の大仏
 所属寺院  高徳院  東大寺
 仏様の種類  阿弥陀如来  毘廬舎那仏
(びるしゃなぶつ)
 結んでいる印  両手:上品上生印  右手:施無畏印
 左手:与願印
 像の高さ(台座を除く)  約11m  約15m
 顔の長さ  約2.35m  約5.33m
 目の幅  約1m  約1.02m
 重さ  約121t  推定380t
 鎮座の状態  露座  金堂内
鋳造、 開眼について

 木像物は1238年。
 現在の像は1252年頃鋳造。
 開眼は不明。

 743年鋳造。
 752年開眼。
 発願者  不明  聖武天皇
アンによる大仏様の絵


大仏を眺めながら、アンがお絵かき。
大仏様を描いているそうです。

高徳院
拝観時間 7:00~18:00(10月~3月は~17:30まで)
拝観料 ¥200
大仏胎内内観料 ¥20

アクセス 江ノ電長谷駅より、徒歩12分
車の場合は近隣に県営駐車場を利用。14台。30分¥300。



PICK UP!

今回はパパからのお勧め品をご紹介です。


テンパリ度チェッカー (4/下 発売予定)

「テンパリ」って言葉ご存知でしたか?
時々聞く言葉だけど、話の前後から推測していただけで私はよくわかっていない言葉でした。

パパの話によるとマージャン用語らしいのです。
上がる前のあと一手の時の緊張感をさす~といったようなことを教えてくれました。
その緊張度をチェックしちゃえ~といった恐ろしい機械なのですよ。コレ。

いくらかっこつけていても心臓バクバクを見破っちゃえ、ってものです。
私なんかは思いっきり顔にでちゃうんですが、パパに使ってみたいです。

PICK UP!その2
先程、スーパーに買い物にいってきたんです。

みなさん、ペプシって飲みます?
私は飲めないわけではないんだけど、飲みません。
だけど私をぐらつかせるおまけが!!

なんとル・クルーゼのお鍋のデザインのマグネットが!!

(イメージです)

ハートだの楕円だの、いろんなデザインのいろんなカラーのマグネットですっ!!
もう、グラグラしてしまいました。
誰か、私が買ったらペプシだけ持っていってくれませんか~?
マグネットとして使わなくても、ドールハウスに使えそう。

あんまり買い物にいかないので、今頃知った私。
皆さんの方がよくご存知だったかしら?

コメント

  1. もね より:

    鶴岡八幡宮と鎌倉の大仏は、小学校の修学旅行コースでした。
    鎌倉には同い年のいとこがいるので行く事はあったけど・・
    7年ほど鎌倉歩いてないよ。いいスポットですね。
    大仏の中・・・見てみたいな。
    背中、ほんと羽が生えてるみたい。

  2. ★もねさん より:

    鎌倉は観るところも食べるところもたくさん、お買い物も楽しめます。車ではちょっと面倒なので宿泊先を確保されるか、近場で駐車場を確保して電車で移動をされたらいいかと思いますよ~。
    滞在が短くても濃い1日が過ごせます。
    今回味をしめたので、また出掛けたいと思います♪

  3. アリエルママ より:

    で、でかいですね~~!!
    大仏といえば私の中では”奈良”なのですが、
    ここにもこんな大きな大仏があるなんて!
    あおいさんのブログは、その場所その場所、
    事細かにその地の由来や歴史、
    説明がなされていて、とてもわかりやすいです。
    アンちゃんのお洋服がアップされました。
    お花の柄がかわゆいです♪
    上手にお絵かきしますね~~
    下に書いてるのは文字ですか?

  4. ★アリエルママさん より:

    奈良の大仏とどちらが大きいかなぁ、なんて言ったんです。その為、比較を入れました。
    やっぱり奈良の大仏の方が大きいんですね。その都度あれこれ、調べて自分の興味のあることは書き入れています。自分が知りたいものですから。
    私の印象では奈良に比べたら狭い範囲にぎっしり名所やお店がある感じです。お寺なども奈良時代の物の方が全体的に大きいと思います。
    鎌倉はオシャレな個人ショップもあるので、その辺りもお楽しみです。土日は観光客が多くて関東ではもっとも歴史的な観光が出来る場所です。なんと海がスグ傍なんですよ。後日ちらっとアップするかと思いますが。
    湘南と呼ばれる場所と隣接しているので余計渋滞するのかなぁ・・・。
    アンの文字については私はほったらかし。
    聞かれれば教える程度ですが、彼女は勝手に勉強していますね。最近は漢字とかローマ字も興味があるらしく、書くようになりました。
    意味はたぶんわかっていないと思いますけど。どこで覚えたのか「中」「大」「A」「H」などよく書いています。平仮名については鏡文字で怪しいものもありますが、濁点なども殆ど理解できているようです。
    絵の下は文字のようですが、意味はつながっていないそうです。

  5. 鎌倉大仏 高徳院 一回り

    鎌倉の大仏はあまりにも有名ですが、 フツーは こんな感じで皆さん撮影するので、

  6. ゆうこ より:

    最初の写真、素敵ですね~
    大仏のイメージで検索したのですが、
    大好きです、こういう写真!
    日本の春を伝えてくださってありがとうございます。
    シアトルの夕子より・・・

  7. あおい より:

    ★ゆうこさん
    初めまして!この時は本当に桜がきれいで・・・。
    少し前の記事になりますが、子どもも大仏に魅入っているんですよ。幼稚園生の子どもが・・・。
    久しぶりにみた大仏は本当に立派で心がおおらかな感じに思えました。
    今年は子どもの入学、入園で忙しかったのですが、それでも私も3月の下旬の木蓮の咲く頃から5月の始めの新緑の頃がすごく好きです。
    海外にいらっしゃってもきっとこの時期、日本の春が懐かしいですよね。
    私ももう少し立ち止まってこの季節を楽しみたいって、いつも思っています。励みになりました。また春をお伝えできますように頑張りたいと思います。